eye

オカルトっぽい話ではないんだけど。

うちは鎌倉時代から今の名字を名乗ってきた旧武家。

もともと小名(小大名)で、江戸時代から幕末までは大名家臣。

明治以降は普通の家。俺もただのリーマンの、30代目。

 

今の嫁さん(彼女)と初めて会ったとき、

互いに「結婚するな」と感じて、すぐ交際した。

彼女をすぐに俺の親に会わせて、結婚の意思も伝えた。

 

で、彼女の家に最初の面通しに行って自己紹介したら突然、

彼女のおじいちゃん「Aさん?(A=俺の名字)昔の武家のA家?」

俺「はい、全く詳しくないけど、そう聞いています」

※たまに歴史に詳しい人が気づくので、

おじいちゃんもその類だろうと思った。

おじいちゃん「本家?分家?長男?次男?住まいは?」

俺「本家ですけど、

僕は詳しくないのでよくわかりません。長男です」

おじいちゃん「結婚するんだね?お祝いだお祝い!!!」

ってなって、一同キョトン。

 

するとおじいちゃん、

「こいつ(彼女のお父さん)は興味ないから

ほとんど話したことないけど、

うちはM家と同じく旧武家の本家で、仲間だったの。

同じ武家職についていたことがあった」って…。

 

もう、みんなで「えええそうなんだ!」って驚いて、

おじいちゃんの部屋に連れて行かれた。

資料をいくつか見せてもらったんだけど、ほんとにそうで。

 

そこでさらにおじいちゃんが「ふがっ!」って声出して驚いた。

んで、「同じ武家職してた、私の御先祖の姉か妹が

M家に嫁いでるじゃないか!」って。

それはちゃんと家系図に書いてあった。

俺の7世代前のばあちゃん、にあたる。

 

結局その日はそのまま酒飲まされて、

「結婚」の話がほぼ確定。

帰宅してその話をしたら俺の父は

「名字聞いてまさかとは思っていたんだけどなw」って。

彼女のおじいちゃんと同じく、

「おまえ興味ないから教えてなかっただけだよ」と言われた。

 

後日、両家で会ったときに、

俺の父と彼女のおじいちゃんで歴史話で大盛り上がり。

いわゆる、姓(かばね)は違うんだけど、

まあ血縁あるんで親戚になります。

そりゃあ親近感沸くよなあ~って、笑いました。

最初は鳥肌たったけど。

 

 

973 :本当にあった怖い名無し:2010/04/02(金) 15:44:27 ID:Va86ANTE0

訂正しまっす。真ん中あたりの文章

× うちはM家と同じく旧武家の本家で、仲間だったの。

○ うちはA家と同じく旧武家の本家で、仲間だったの。

 

 

974 :本当にあった怖い名無し:2010/04/02(金) 15:46:34 ID:Va86ANTE0

さらに追記。風邪で頭クルクルですまん。

 

× んで、「同じ武家職してた、私の御先祖の姉か妹が

M家に嫁いでるじゃないか!」って。

○ んで、「同じ武家職してた、私の御先祖の姉か妹が

A家に嫁いでるじゃないか!」って。

 

【因縁】家系にまつわるオカルト13代目【遺伝】

引用元:だいたいオカルトです。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます