f208abfd-s
私は大学で県外へ出ているため, 実家にはいない.
父と母は共働きだが, 副業的な感じでブリーダーの様なことをしてる.
(産ませて売るだけなので, ブリーダーとはお世辞にも言えない)
その為, 日中のお産に備え, 子犬が生まれる時期は帰省させられる.

 

ここまでは前置き.
大学3年の夏, そろそろお産の時期とのことで帰省しろと連絡が入った.
この時は, 日中にお産が始まることはなかったから, 帰宅した両親にバトンタッチして就寝したが, 夢の中で絞首刑にされたり, 水責めにあったりと散々うなされて目が覚めた.
気づくと犬の鳴く声が聞こえてくる. その瞬間まずいと直感した.
犬のお産というのは人間と違って静かなはず. 鳴き声を出していること自体が異常だ.
ダッシュで犬の元へ行くと, 両親がいるのですがいつもと様子が違う…
相変わらず親犬も鳴いている…
子犬が全て死んでたんだ.
両親はそれでショックを受けてた.
親犬は子犬が死んでいるのを理解して鳴(泣)いてた.
私もそれにはショックを受けた.
けれどそれ以上に, ショックというか怖かった, 驚きだったのは死因がへその緒が首に絡まっていたり, 羊水を詰まらせていたり, 夢の中であった責め苦と全部同じだったこと.
この時以来, 「お産の時に何匹死ぬ」とか「子犬が死ぬ日」がなんとなくわかるようになった.
同時に, 子犬が死ぬ前日ないしは当日の夢でうなされるようにもなった.

引用元:オカルト遅報

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます