eye
俺の部屋で起きた話をします。俺にとっては死ぬほど洒落にならなかった。
まず、位置関係を説明しときたいんだが、
俺の家の向かいには家が、その右側に道路を挟んで田んぼがあるんだ。
それで、俺の部屋は二階なんだが、部屋の窓から田んぼ(六反ほどある)が見えるわけだ。
(窓は引き戸タイプの二メートルくらいあるやつで、虫が入らない網戸も付いてるやつ。
 そして、窓のすぐ側にベッドがあって、窓を開けるとベランダがある)
今から半月ほど前の話。
俺の部屋はただでさえ風通しが悪いのに、その日はいつもより暑かったものだから、
窓を半分くらい開けてパソコンをやっていた。
深夜一時くらいになったんで、そろそろ寝ようと思って窓を閉めようとして、何気なく田んぼの方を見た時、
田んぼを挟んだ道路に、誰かが立ってるのが見えた。
俺の部屋からだと、その人影の顔や服装は分からなかったんだけど、
何となく、大きさや肩幅から、男なんじゃないかなと思った。
その人影は、田んぼの方を眺めてるようだった。
こんな時間に何やってんだ、煙草でも吸ってんのかな?
とか思いながら、何となくその人影を眺めてたんだけど、
そうしたら、その人影の頭の部分がこっちを向いたんだ。
こっちを見てるかは分からなかったんだけど、
俺の部屋は電気が付いてて、今カーテンを半分開けてる状態だから、
当然、向こうから見たら、部屋の明かりで俺のシルエットが見えるんだよね。
だから、その人影がこっちを向いた瞬間、
あっ、見てるの気付かれたかな、と思った。
こういう瞬間って気まずいから、すばやく窓閉めてカーテンも引いたんだけど、
その時も人影は、こっちを見てるようだった。
深夜という事もあって俺も気味がわるかったんで、早く寝ようと思って電気を消してベッドに入った。
さっさと眠ろうとしたんだが、その日はさっき書いた通り暑かったもんだから寝苦しくて、
30分くらいたった時に、少しでも風を入れようと思ってベッドを降りた。
窓はベッドのすぐ側にあるから、電気を点けなかったんだけど、
窓を開ける時、さっき見た人影の事がちょっと気になった。
だけど30分も経ってるし、もし居たとしても電気付けてないから大丈夫だろう、と思って窓を開けた。
で、道路の方を見たんだけど、人影はなくなってたんでホッとして、座って少し涼む事にした。
しばらくボーッとしてたんだけど、体も大分涼しくなったし、ベッドに戻ろうとして立った時に、
田んぼの真ん中にまた人影が見えたんだ。
田んぼの真ん中といっても、田んぼのど真ん中にじゃなくて、(田んぼにはもう水が入ってる)
田んぼと田んぼを分ける農夫さんが歩くような、一メートルもない道の上の事ね。
そこになんか人らしき影がいるんだけど、
さっきよりも遠いし、しゃがんでるようだったから、さっきの影かも分からなかった。
でも何となく、さっきの影なんじゃないかなと思った。(勝手な推測だけど)
さっきの時と違って、こんな深夜に田んぼの真ん中で、明かりもなしに居るなんておかしいと思って、
怖くなったのね。(農夫さんだとしても、懐中電灯くらいはつけてると思う)
窓をすぐ閉めようかと思ったんだけど、怖いもの見たさってのあって、ちょっと見る事にした。
最初は怖かったけど、次第にその気持ちも慣れてきて、案外普通に見てたんだけど、
どうもその影は、しゃがんで何かしてるようなんだよね。
何をやってるかは見えないんだけど、動いてるのは分かった。
(ここから分かるくらいだから、けっこう大きな動きをしてたかもしんない)
結局、見てても何も分からないし、もう本当に眠たくなってきたから、カーテン引いて窓をしめて眠る事にした。
ベッドに入って眠りについて、どれくらいたったか分からない時にふと目が覚めた。
携帯を見ると、午前3時40分くらいだったと思う。(だから寝てから、約一時間くらい経ってるのかな)
で、何で目が覚めたんだろうと思ってたら、どこからか「トントン」って音が聞えた。
あぁ、この音のせいで目が覚めたんだな、と思ったんだけど、
その時は、その音の出所がどこかは分からなかったんだ。
最初、家族の誰かが一階で歩いてる音なのかなと思ったんだが、
こんな深夜に家族が歩いてるってのも考えられないし、
それに歩いてる音じゃないよなと思ってたら、また「トントン」って音が聞えた。
その時にこれは、誰かがノックをしてる音じゃないかと思って、部屋のドアまで歩いていこうとしたんだ。
こんな時間に部屋をノックしてるってのもオカシイんだけど、
その時は目が覚めてすぐだったし、何の疑問ももっていなかった。
で、ドアに近づこうとした時に、また「トントン」って聞えたんだけど、
その時にようやく、それがドアからじゃなく、後ろの窓から叩かれてる事に気付いたんだ。
それに気付いた時、俺の頭は思考停止状態になったよ。
だって、俺の部屋は二階にあるわけだし、窓からノックってありえないシチュエーションだろ。
(ドラマとかだとこういう場合、遊び友達がいるんだろうけど、俺の友達にはそういうタイプはいないし、
 それに俺に部屋の場合、地上から建物の構造上、上がってくるのはまずない)
しばらく思考停止状態が続いたんだけど、それでも段々と意識が戻ってきた。
だけど意識が戻ってくるのと同時に、怖くなったしパニックにもなった。
カーテンが閉まってるから、誰が叩いてるか分からない。
何だろう、泥棒だろうか?でも泥棒なら自分の居場所知らせたりしないし、なら強盗だろうか?
そのままドアを開けたら、強盗が押し入るかも知れない。でも、それでも変だよなぁ…
そう考えてると「ドンドン!!」って、いきなりノックの音が強くなった。
ノックというよりはグーで叩いてるような感じ。それも凄いデカイの、窓が揺れてたし。
急に音がでかくなったから、俺もまた固まっちゃたんだけど、おかげで意識ははっきりしてきた。
これは、流石にどうにかしないと色々ヤバイと思って、
(近所迷惑だし、窓が壊れるかもしれない。怖かったけど、それよりも現実的な事を考えてた)
結局、カーテンを開けることにしたんだ。(この時、なぜか家族には知らせようとは思わなかった)
護身用に部屋にあったバッドを持って、次のノックと同時にカーテンを開けようと思って、窓に近づいていったよ。
で、「ドンドン!!」ってなったんで、カーテンを思いっきり開けて見てみたんだよ。
そしたら誰も居ない。
俺がカーテンを開けたから、どっかに潜んだのかなと思ったんだけど、
ノックの音がしてからすぐ開けたし、それにこのベランダに隠れるような場所なんてないはず。
もしかしたら屋根に上に居るのかと思って、バッドを持って屋根の方を見たけど、そこにも誰も居なかった。
結局、ベランダには誰も居なかったんだ。
何だったんだ…と思って、田んぼの方を見たんだけど、さっきの人影も消えていた。
結局、この話はこれで終わりです。
人影とノックの音が関係あるのかも分からないけど、その日に起きた不思議な事を書いてみました。
ちなみにこれも関係ないかも知れないけど、次の朝、ウチの庭でノラ猫が死んでました。

引用元:怖い話ラボ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます