kokkuri

209 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/12/17 12:30
昔、こっくりさんがはやった頃。
その日は部室でやることにした。

いつもよりもすんなり来てくれたような気のする「こっくりさん」
最初のうちはたわいも無い質問をして答えてもらっていたが、
そのうち「俺はそこの古墳から来た」などとヤバい事を語りだした。
(本当に学校のすぐソバにある)
恐怖を覚えた私たちは帰るようにお願いしても「いいえ」の返事ばかり。
泣きそうになりながら困っていると、少し離れた所で見ていた後輩が寄ってきた。
十円玉をキッと睨みつけ「お・帰・り・く・だ・さ・い!」と言い放つ。
今まで聞いた事のないような響きだったのを覚えている。
十円玉は素直に「はい」へ進み、問題なくこっくりさんは終了した。
以降、私たちはこっくりさんをやることはなかった。

210 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/12/17 12:58
>>209
その後輩が恐い

 
引用元:見ちゃダメ!

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます