648b0324
17/12/13
俺が中学生の頃の話。
 
話の内容を地元の奴が見ればわかると思うが、まあいい。
 
俺は当時、DQNグループから壮絶ないじめを受けていた。そのグループの中にリーダー格のAという奴がいた。
 
そいつもやはりバリバリのDQN、しかもイケメンで彼女もおり、いつも4、5人の取り巻きがいてクラスの人気者。
 
かたや俺は大人しく、クラスには1人しか友達はいない。カードゲームやアニメが好きな、いわゆるオタクだ。でも昔から身体は大きい方だった。
このAにはよく殴られた。顔は目立つからなのか何回かしかなかったが、身体はいつも殴られてアザだらけだった。クラス全員の前で服を脱がされたこともあった。
 
本当に色々屈辱的ないじめを受けたが、これから話す事が一番頭にきた。
 
ある日の下校中、いつものようにAとその取り巻きが俺にちょっかいを出してきた。それだけだったらいつものことで我慢したんだが、その日は違った。
 
俺が教室で友達とカードを出して話してるのを見ていたらしく、そのカードのことをバカにし出したんだ。
 
すると取り巻き(B)が俺のカバンを引っ張りだした。俺はそれを阻止しようと必死で抵抗する。
 
次の瞬間、カバンが肩からかかったままひっくり返り教科書やノート、カードが路上に散乱した。
 
そのカードを何枚かBが拾い上げ、川へ投げ捨てる。爆笑するDQNたち。
 
俺は怒りでワケがわからなくなり、初めて怒鳴った。
 
「いい加減にしろよ!お前ら!」
 
初めてまともに抵抗した俺に一瞬静まりかえる。が、すぐまた爆笑するDQNたち。
 
「こいつなにマジぶっこいてんのwwwちょーウケるwww」
 
それでも怒りが収まらなくて、
 
「お前ら全員死ね!」
 
と言ってやった。
すると、その言葉にAがキレた。
 
「おいっ!お前調子のんなよっ!」
 
と怒鳴りながら俺の髪の毛を掴み、殴る態勢に入る。怖かったが俺も相当怒っていたためその時は引かなかった。
 
それでも喧嘩慣れしているA。俺は簡単に顔面を殴られる。それを止めようと必死にAにしがみつく。こめかみにひじ鉄を食らい続ける。こんな状況なのにAは笑っている。
 
取り巻きが、おー!やれやれー!と騒ぎ立てる。下校中の生徒たちで人だかりができていた。
 
そこで俺はさっきのカードのことを思い出した。唯一のおれの楽しみまで奪いやがって!!!こいつ絶対殺してやる!!!
 
笑いながら騒ぐDQNたち。攻撃をやめないA。Aに必死にしがみつく俺。
 
俺は何かがキレた。
 
攻撃されてるのなんかおかまいなしに、Aの身体を思い切り持ち上げ、地面に叩きつけた。ちょうどバックドロップみたいな感じで。
 
頭から地面に落ちたのか、生々しい感触が手に伝わってくる。周りが静まりかえる。
 
それでもAの身体をロックして離さなかったんだが、急にAの身体がすごい力で硬直し始めた。最初抵抗してるのかと思ったが違った。
 
打ち所が悪かったのか、Aの身体は棒のようになり痙攣し出したんだ。
 
するとここでDQNたちが騒ぎ出す。
 
「おい!これヤバイ!救急車救急車!」
 
彼女もAに駆け寄り泣き叫ぶ。
 
「Aくん!しっかりして!Aくーん!!!」
 
ヤバいと思った。すごい怖かった。
 
でも先に手を出してきたのはAだし、そもそも俺はいじめられてたんだ!こいつが死のうがどうしようが知ったことか!正当防衛だ!
 
散らばった教科書やノート、カードを震える手で拾い上げ、急いでその場をあとにした。
 
その日は帰ってから気が気じゃなかった。いつものように家族で晩ご飯を食べてる時に電話が鳴った。
 
普段こんな時間に電話が鳴ることはないので、もしかしたらと思い心臓がバクバクだったんだが、やはりAのことだった。
 
学校の先生からの電話で、Aが病院に担ぎ込まれたから今すぐこい、とのこと。
 
病院へ行くと、担任、Aの両親、Aの彼女が憂鬱な顔と怒りの表情で俺を出迎えた。
 
結論から言うと、Aは意思の疎通もできない、言葉もまともに喋れない障害者になってしまった。あうあうあー
 
俺はというと、周りの証言から俺がいじめられていたことや、あの日もAに一方的にやられていたことなどがわかり、結局何もお咎めがなかった。
 
両親からはめちゃくちゃ怒られたが、いじめられていたことを知ってからは複雑な表情をしていた。
 
…そして現在。
 
噂によるとAはまだ生きており、無事に障害者の人生を送っているそうだ。あの日からずっと障害者になってしまい、つらいだろうが残りの人生頑張って生きてくれ。
 
すまないが俺は今、まあ普通の人生だが幸せに暮らしている。
 
最後に、どうしても俺からAに伝えたいことがある。
 
やったぜ。
 
 
投稿者:やったぜ。さん

引用元:パラノーマルちゃんねる

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます