eye

ある人(仮にAさんとする)が、夜一人でツーリング中、運悪く単独事故に遭ってしまった。

霧が深く一人では事故の処理はおろか帰れないので、友達に助けに来てもらおうと峠にある電話ボックスに入った。
霧の中で地面を何かがやって来るのが見えたので、目を凝らすと、それはだんだん近づいて来る。

はっきりと、それが何か分かる頃にはボックスのすぐ近くまで来ていて、何と恨めしそうな表情の上半身だけの人間だった・・・。

胴のあたりは血で染まり、内臓をひきずっているにもかかわらず、それはボックスめがけてずるずると這ってきている。

驚いて電話の相手に話していると、それはボックスに張り付くように周りをぐるぐる回りはじめた。

ガラスに囲まれ、Aさんに逃げ場はない・・・。
恨めしそうな顔はAさんを見つめつづけている・・・。

Aさんはあまりの気味の悪さと恐怖に気絶してしまい、朝になって友達に発見されるまでそこにいたらしいが、ボックスから体を出して倒れていたそうだ。

Aさんの胴回りには血糊がぐるりと輪をかいてベルトのようになっており、あたりには血の跡すら見あたらなかった。

あとで調べてみると、その電話ボックスの近くでひき逃げがあり、被害者は胴体を分断されていたそうである。
犯人は見付からず、被害者が下半身を捜してか犯人を捜してかは分からないが、血まみれの上半身だけの体で這いずりながら夜な夜な現れるという噂があったそうだ。

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます