eye
お前らは自分の寝てるところをビデオカメラか何かで撮ったことあるか?

 

俺はある。
寝る前にベッドに寝ている俺の全身が映るようにセットして、朝起きたらそれを停止させる。そして、寝ている間に何をしているのか確認するのさ。

俺はそれを約3ヶ月し続けた。

 

なんで俺がこんなことをやり始めたのかというと、前に2chにあった話の影響なんだ。
確か、金縛りになっているときに自分はどうしているのかを撮るって話だったと思う。
実は俺もその話の人と同じように、たまに金縛りになることがあったんだ。それで、その話を見つけたもんだから試したくなって、長時間録画ができるビデオカメラで撮ることにした。
しっかり俺の全身が入る位置に置いて、時間がわかるように時計も見える位置に置いてな。
最初の頃は全然金縛りにならなかった
一応、朝起きて録画したのを確認するけど、全然収穫なかった。どれも俺が爆睡してる動画。俺の寝返りばっかり映ってた
「そんな都合よく金縛りになるわけねえかww」って思って、それでも気長に続けてた
なんでそんなに続けたんだって、今は思うけど、たぶん暇だったせいかなw それか意地だな
まあ、そんなんで2ヶ月くらい頑張ってた
ある日、すごく疲れが溜まっててそのまま飯も食わずに寝た
一応風呂には入ったが、出たらそのままベッドにダイブ。疲労で死にかけてたから、起きたら飯食おうと思って、一応習慣と化していたカメラのセッティングもして寝たんだ
その夜、あまりの空腹で目が覚めた。起きて空腹に気づくと、「ああ、飯食い忘れてたんだった」って思ってとりあえず身体を起こそうとしたんだ
そこで金縛りになった。起こそうと思った瞬間に
金縛りにはすでに慣れてたから、時間が2時すぎを指していることを確認してから「食っとけば良かったなあ」とか呑気なこと考えてたんだけど、録画していたこと思い出して「チャンスじゃね」って急にテンションが上がったw
でも、金縛りになったのは良いけど、これから何をすれば良いのか考えてなかった
とりあえず、動画を再生させたときに、金縛りになっているのかどうかわからなきゃいけないと思って、考えた末に話にあった通りに「あああああああああああああ!!」って感じで叫ぶことにした。どうせ金縛りで声出せないことわかってたし
あとは考えつかなかったから、「腹減ったあああ!」とか「TKG食いて~」とか言ってた
そんなんで5分くらい経ったかな。突然、身体が急に重くなった。いや、正確には上から結構な力で全身を押さえつけられた感覚がした
「何か来た!? え、マジで?」ってちょっとテンパった
テンパってると、近くから唸る声が聞こえてきた。なんか獣が威嚇するときみたいな低い声が聞こえてきた
本物の霊来ちゃったと思って、ビクビクしながら構えてたんだよ。でも唸り声もすぐ止んで、同時に押さえつけられた感覚も消えたんだ
怪談話ならこの後にまた来るかもしれないって考えたから、その後警戒してたら、いつのまにか寝てたwww
朝起きたら寝汗がすごかった。空腹もすごかったんだが、それ以上に寝汗と昨夜の金縛りで嫌な気分になってたから、シャワー浴びながら歌って気晴らしをした。シャワーのアレをマイクにみたてながら、デスメタで朝から絶叫してた
シャワーを浴びて気分がすっきりしたから、朝飯食いながら昨夜の映像をパソに移して、映像を確認した。ひょっとしたら心霊動画撮れたかもしれんと、wktkしながらご飯食いながら見始めたんだ
2時前ぐらいのところで再生開始した。時間はわかっていたから
しばらく見ていると、今まで寝返り打っていた俺がピタッと止まった。やっぱ金縛りって動き止まるんだと感心しつつ見ていると、思わず味噌汁吹いた
動画の俺が浮いていた
画面の中で、布団もろとも浮いていた
マジックでよくあるヤツわかるか? 布を被せて布を被せた人間を浮かせる手品。あんな感じで浮いてた
でも布団は結構重いし、第一手品はタネがあるだろ? そんなもの無いのに浮いてんだもん。マンガみたく画面に味噌汁ぶちまけちまったw
吹いた味噌汁を拭いて、動画を再生しなおすと今度はあの時の唸り声が聞こえてきた
「この浮遊現象も霊の仕業かな」って思ってずっと見てたんだが、よくよく見ると俺が唸ってた
あんだけ金縛り中に叫んでいた言葉はなく、かわりに俺が唸っている声。しかも、どうもイビキっぽいww 自分のイビキってあんまり聞かないから、勘違いしてしまったんだ
その後俺の身体は元の布団に戻り、イビキ(?)も止んだ。その後は朝まで何も起こらなかった
俺なりの推察をすると、
・押さえつけられた感覚は、布団の重さで俺に負担がかかっている感覚である。
・唸り声は俺自身のイビキ、もしくは布団の重さで苦しんでいる声である。
の2つしか理解できず、肝心の浮遊現象と金縛りについては何もわからなかった。

引用元:心霊-都市伝説ナビ-

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます