hqdefault

 

話を読む前にお願いがあります。

この話は実際に起きた出来事です。

けっして冗談半分で言い回ったりしないでください。

もしこの話を読んであなたの身に何が起きても一際責任を持ちません。

この話を3人の人にしましたが、

原因不明の事故と病気で16歳とゆう若さで3人とも亡くなりました。

うそだと思われてもしかたのない話ですがすべて本当の話です。

この話は2年程前に俺が体験した実際の出来事です。

高校の入学祝にと友達5人と山にキャンプに行った時の話です。

最初に起きた奇妙な出来事は、俺達はこの山に登るのに、

マウンテンバイクで1時間かけて登ってきたんです。

俺達が目的地に着いて10分後くらいに90歳前後のお婆さんが、

前を通りがかったんです。

おかしいと思いませんか?

俺達は山を登る途中人影どころか車すら見かけてないんですよ。

若い男の人ならともかく90歳前後のお婆さんが山を登るスピードだとは、とても思えません。

気を取り直して皆でビデオを撮る事にしました。

無事キャンプは終わりました。

本当に恐かったのはこれからでした。

家に帰って皆でビデオを見てみのけもよだつ思いをしたんです。

夜に撮ったビデオの友達の後ろの木の横に

背中の曲がった小さな人が白くぼやけて写っていたんです。

そう、あの時俺達の前を通ったお婆さんだったんです。

あまりにも気味が悪かったんで、そのビデオテープは処分しました。

その後この話を聞いた3人の俺の友達は、

そう、ゆうまでもなく、

3人とも原因不明の事故と病気で亡くなりました。

最後にもう一度だけ言わせてもらいます。

これは、本当にあった出来事です。

俺の恐怖の体験談は、後にも先にも、この一度だけです。

この話を読んでしまったあなた気をつけてください。

引用元:怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます