03-honda-civic-si-prototype-la-1
それは、私が友達の家から帰る途中に起きた事です。時間はAM1:00くらいです。
当時、バイクで友達の家から帰る途中、
バイパスで大きな事故があり渋滞していて、全く動きませんでした。
抜け道を通って帰ろうとしたんだけど、こっちも既に渋滞してました。
バイクだったのですり抜けて行けばいいんだけど、
もう一本旧道がある事を、以前に友達から聞いていた私は、迷わずその道を選びました。
道は農道のようで、軽トラが走れるくらいの幅で、コンクリートの道です。
その道を走っているとトンネルがあり、その先のカーブに差し掛かると、目の前が真っ白になりました。
真っ白と言っても、目で見ると言うより、脳に直接映像が映ってる感じです。
あわててブレーキかけたら、後輪がロックして転倒しました。
バイクを見ると、見事に側溝に落ちてました・・・。
自分の怪我の具合を見ると、
膝をすりむき、右手で受身を取ったせいで手袋が破けて、力が入らない状態です。
とりあえず、バイクを側溝から上げようとしたけど、150キロ以上なので持ち上げる事ができません。
携帯も無い時代だったので、途方に暮れながら一服してたら、偶然にも車が来ました。
ご親切に、車から降りて、バイクを引き上げてくれました。
止まってくれた車は、当時でも古いと思うような赤いシビックで、手入れをしっかりしていて光沢があり、
持ち主は車が好きというよりも、物を大切にする人だなって印象が、今でも残っています。
バイクを引き上げてくれたのは、二十歳そこそこのカップルで、生真面目そうな人達でした。
私が改めて御礼に行きたいので、「電話番号と住所を教えてください」と言うと、
男性は「お礼はいいよ。気をつけてね」と言いました。
何度かそんなやりとりをしていたのですが、結局教えてはくれずに、
「この近所に住んでいる」と言って立ち去りました。
女性の方は車に乗り込む前に、にっこりと微笑んでいたのがとっても印象的でした。
後日、ゼンリンの地図で調べて近くの民家にうかがったのですが、誰も知らないとの事です。
あきらめてコケた現場に行こうとすると、背筋がぞっとしました・・・。
その道は車が通れないように、土管を置いてあるのです。
反対側の入り口?にも同じように。
バイクや人は通れるように、間隔は開いているのですが・・・。
昨日今日置いたとも思えないですし、抜け道もありません。
そして、廃墟となったホテルに、赤いシビックが放置してあるのを発見。
こっちの車はサビサビでボロボロで、かなり昔しから放置されているみたいでした。
何かわからないけど、その車に一礼して去りました。
いまでもあの事は、頭の中に靄がかかったままです。
一体、なんだったんだろうか・・・?

引用元:怖い話ラボ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます