CgZ7jpoUYAAy1EF

友人の話。

彼の母君は園芸を趣味としている。
しかし彼に言わせると、「ありゃ園芸が趣味というより、本当は土木工事が趣味なんだな」だと。

彼の家を訪れた時、「私が造ったのよ」と嬉しそうに見せられた物を思い出した。
コンクリート塗りの、それなりに立派な池。
中身は何もないけれども、異常に大きな温室。
なぜか葡萄もぶら下がっている、だだっ広い藤棚。
・・・なるほど、確かに土木作業が好きな様子だ。

友人:「凝ってるよ。どこからかフネ借りてきて、手練りでモルタル練ってるんだ」

件の池もそうやって一人で造り上げたらしい。
屋敷自体は人里から少し離れた山の中腹にあるので、まぁ誰にも迷惑はかけないだろうと、家族からは黙認されている。

この前久しぶりに彼の家を訪れると、池が潰されて更地になっている。
ボウフラでも大発生したのかと聞くと、「幽霊が出たんだ」と事も無げに言われた。

池に水を張ってしばらく後、夕暮れ時の水面に佇む影が出るようになったらしい。
ぼうっと霞んでいるので何だろうと近よると、黒髪の無表情な女が見えたのだと。
彼も一度見たというが「とにかくゾッとした」のだそうだ。

家族会議でちょっとした問題になったらしい。

友人の家族:「さしたる因縁など何もない土地なのに、何故うちにあんなモノが出るのか?」
友人の家族:「家族の誰かが、酷く恨まれるようなことをやらかしたのではないか?」
友人の家族:「というか、そもそも、あれって本当に幽霊なのか?」

皆が頭を抱える中、ただ母親だけは「あの池は潰す!」ときっぱり宣言した。

さすがのお母さんも、そんな怖い池は潰すしかなかったか。
そう聞いてみると、意外な返事があった。

友人:「違う。幽霊が美人だったのが気に入らなかったんだってさ」

「透けて見えるくせに、生意気だ!」と、池をザシザシ埋めながら、母君はそうプリプリ怒っていたという。

現在、池の跡地には、大きな生ゴミ処理器が二つ置かれている。
白い影は、あれから二度とその姿を見せていない。

友人:「徹底しているよな、うちのお袋」

そう言って彼はどこか遠い目をした。

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます