Street_scene_in_Hillbrow,_Johannesburg,_South_Africa

メチャ長くなってしまいました。 長すぎるので、読むのめんどい人用に3行でまとめると、


ヨハネスで
あぼんぬされかけ

では本文。

以前務めていた会社は、海外の取引先が多かった。自分は国内の取引先を担当しており、海外出張には無縁であった。

が、どうしても人員が不足し、「一度だけ海外出張してくれ」となった。仕事でまた海外旅行に行ける、なんて甘い考えをこの時は持っていました。

で、場所はというと、取引先はロンドンにある企業であったが、向こうの担当者が出張中であり、その出張先で落ち合う段取りとなっていた。

なんと、その場所とは南アフリカはヨハネスブルグ。

『リアル北斗の拳』『強盗遭遇率150%』『赤信号でも停まってはいけない街』と、今ならヨハネスブルグの危険な情報は、ネット等で簡単に手に入る。

しかし、当時(1994年でした)はネットも普及してなく、観光ガイドブックぐらいしか情報源がなかったのである。

それも、南アフリカとなると行く人が少ないからか、ガイドブックが少ない。ようやく見つけた1冊を見ても、ヨハネスブルグについてはあまり書いていなかった。

後で知ったのだが、あまりに危険で観光に向いてないかららしい。まぁとにかく、前情報をあまり得ることが出来ず出発。

クアラルンプール経由で、ヨハネスブルグ国際空港に降り立つ。空港を出、サントン地区という白人居住地区へ向かい、仕事をこなす。

なんと、初日で商談が成立してしまい、残り2日間が暇になってしまった。とりあえずその日は宿へチェックインし、明日以降の計画をたてるべく、宿の主人に相談してみた。

返ってきた答えは、「この地区の外へは出るな。本当はこの宿から1歩も出ないのが理想だ」というもの。

主人は「危ない」を連呼していたが、海外は危なくて当然と、自分の物差しで測った“危なさ”ぐらいだろうと高を括っていた。

そして、変な怖いもの見たさみたいなのも手伝い、「よし、明日はこの街を探検するぞ」と決心し床についた。

そして次の日の朝、宿の前でタクシーを拾い、目的地を地図で見た適当な地名を告げた。

すると、白人の運転手は「そこへは行けない」と言う。

「アジア人だからナメとるな」と思った。その当時アパルトヘイトが廃止された直後であり、初日から白人の横柄さが目立っていたのだ。

「ダメだ行け」というと、運転手は泣きそうな顔になり、「お願いします。途中までは行きますから」と言った。

ただ単にナメられてただけだと思っていたので、運転手のその反応は意外であった。

なんか可哀想になったので、「じゃあ途中までで良いよ」と告げた。車は綺麗な建物が並ぶサントン地区を抜けた。

その途端、周りの建物が豹変する。汚く、壊れた建物が多くなった。歩いてる人達も、白人から黒人に変わった。

とあるバス停の前でタクシーが停まった。「ここからバスに乗れば目的地に着ける」との事。

まぁその場所に行くのが目的ではなかった為、その周辺を歩いてみる事にした。歩きだして5秒ほどで、周囲の視線に気付く。

刺すような視線。猛獣が獲物を見定めるかのような視線っていう類のモノだ。

『なんだかよくわからんが危険』

日本に住んでいてはあまり使われることのない、体のどこかに備わったセンサーがそう告げる。汗腺から一気に汗が噴き出てきた。心臓の動きが急激に高まり、息が苦しくなった。

歩いている先に、身長190cmはあろうかという黒人が2人。ただ単に、こちらに向かっているだけ。

しかし、何故か普通にすれ違うという想像が出来ない。絶対に何かしらの接触をしかけてくる、それも良くない方向のもの、という事が何故か解ってしまう。

危険、危険、・・・体がサインを出す。

体が固まってしまい、歩けなくなってしまった。棒立ち。言うなればそういう表現が正しい。しかし、その二人組が十数m先で、急に「やれやれ」みたいなジェスチャーを取った。その刹那、頭に衝撃が・・・

気がつくと地面に横たわっていた。ズボンのポケットを何者かがまさぐっている。その手はサイフを見つけ、何の躊躇いもなく引き抜いた。

中身を確認したらしく、上から「しけてやがる」みたいな声が聞こえた。万が一を考えてカードは宿に隠してきて、現金50ドルほどを入れていただけだった。

気付かれないようにうっすらと目を開ける。顔が向いている方に一人立っていた。背後にはもう一人の気配がある。どうやら二人組のようだ。

しばらく、気付いてはいるが、とにかく気を失っているふりを続けた。すると、背後の一人がとんでもない一言を吐いた。

「殺してもいいよな?」

それを聞いたときに、汗腺がまた開いたのがわかった。バっと立って思いっきり走るか・・・?

まず体が動くか確認した。二人に気が付いている事を悟られないように足、手、首をわずかに動かす。

体は大丈夫であった。そして、一気に立って走った。学生時代でもこんなに機敏に動いた事は無いと思う。後ろでは何か叫んでやがる。だが、聞き取れない。

すると、後方から大きな音がした。明らかに発砲の音である。3回ほど聞こえたが、無事当たらずにすんだ。

数百メートル走った所でしんどくなって止まり、後ろを確認すると追って来ている気配はない。

良かった・・・と思ったのもつかの間。

道路を挟んだ反対側の歩道にいる4人組が、ニヤニヤしながらこちらを見ている。その内の二人はなんと、拳銃を持っているではないか。しかも、道路を渡って来ようとしている。

こいつらに襲われたらもう逃げられない。頭がパニックになりかけた時、タクシーが迫ってきていた。咄嗟に止める。タクシーに無事乗り込み、すぐに出させ、一難は去った。

運転手に宿の名前を告げると、「わからない」と言う。仕方ないので宿の近くにあったマーケットの名前を告げると、わかってくれた。しかし、まだ緊張は解けない。

「何人だ?」

運転手が聞いてきた。日本人であることは悟られない方が良いと思い、「中国人だ」と答えた。

運転手は「Ha」と一言言うと黙ってしまった。なんかタクシーの運転手までもが怖く思える。

しかし、車はちゃんとサントン地区に向かってくれているようだ。見覚えのあるビルが近づいてきていた。

20分ほどで目的地のマーケットに着いた。宿は目と鼻の先だ。靴下の中に隠していた金を取り出し、多めに渡す。運転手は喜んでいた。俺もなんとか帰って来られた事に小躍りしていた。生きているって素晴らしい。

宿に帰り、主人にその日の出来事を話すと、「運が良いなお前は」と言われた。

「いや、タクシーが来たのはいいけど他は最悪だろ」と言うと、「そのタクシーの運転手は黒人だろ?黒人のタクシーで目的地に着けるかは運次第。それも、分が悪いギャンブルだ。それに普通なら、最初襲われた時に殺されててもおかしくない」などと言う。

しかしよく聞いてみると、俺の行ったエリアは危ないとは言え、ヨハネスブルグでは比較的安全なエリアらしい。

本当のダウンタウンに足を踏み入れてしまったら、まず外国人は生きては帰れないとか。

次の日は、空港に行くまで1歩も宿の外に出ることなく過ごした。空港で出国手続きをし終えたところで、ようやく安堵感が得られた。帰ってから上司に思いっきり文句を言い、焼肉を食べさせて貰った。

あの危機感は、日本に住んでいる限り絶対に味わうことのない物だ。日本でもヤクザやギャングまがいの若者などは怖いし、殺人事件も多い。

しかし、あの“街全体が捕食者”みたいな感覚は絶対にないだろう。今でも当時の夢を見て、飛び起きることがある。もう絶対に忘れられない。

長文失礼しました。

引用元:超厳選怖い話まとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます