krubera-cave-11
元彼Yの体験談。
Sと○○山にいった時、辺りを探検しようぜって話しになって、その辺歩いてたんだ。
そしたら、洞窟?なんだったんだろあれ。
とにかく穴があってさ、つくったものみたいだった。
面白そうだったから入ったんだよ。
そしたら、真夏だったんだけど、入った瞬間めっちゃ寒いの。
クーラーがんがんに効かせてる感じ。
奥とか真っ暗。
で、普通に歩いていったら、いきなり外からすごい雨の音がしてさ、
振り返って入り口見たら、さっきまで晴れてたのに本気で雨ふってんだ。
こりゃ出れねぇと思って前見ると、まだ奥に穴が続いてる。
なんか荒い息聞こえて振り返ると、Sが真っ青な顏して震えてるんだよ。
「おい。どうした?」て聞いたら、
「わかんねぇ。気分わりぃ。まじさぶい」って。
腕見たら鳥肌たってんだ。
たしかにこの穴寒いけど、今外に出ていって雨に打たれるのもやばいと考えた俺は、
「ちょっと休もうぜ」と言って、岩壁にもたれて座った。
そしたら、段々寒さがひいてきた。
外は相変わらず雨。
Sも「寒さはなくなってきた。でも気分わりぃ」と言う。
逆に入り口の方から冷たい風が入ってくる。
「変な気候だよな。まぁ山だししょうがねぇな」
なんていいながら、奥の方へ行くか?て話しになった。
でもなんとなく、なんでかわかんねぇけど、ふと外が気になったんだよ。
そいでSに、「ちょっと外見てくるわ。ここにいろよ」って言って外に出た。
雨なんてふってなかった。
ふった形跡もない。暑いし。晴れてるし。
穴の方から、なんとも言えない冷気が漂ってくる。
やばい。なんかわかんねぇけど、これやばい。
奥に少しいった時、たしかに穴の中の方が暖かくて、入り口から冷たい風みたいなんが入ってきてる感じだった。
考えてみると、寒さがひいてきたのも不自然だ。
面白半分で入る癖治そうと俺は思った。
穴に向かって、「S!今すぐ出ろ!!!気合いで出ろ!!」と叫んだ。
返事がない。俺は迷った。戻りたくない。でも見捨てる訳にはいかない。
俺は走って穴に突入した。
そしたらSが、「さみぃ…まじさみぃ…雨やまねぇ…」とか言いながら、穴の更に奥の方へ這って行こうとしてるとこだった。
先は真っ暗だ。Sがホラーだった。
俺はSを無理矢理立たせて、引きずって穴の外へ出した。
洞窟の中は寒かった。なんで暖かいとか思ったんだろう。
S笑いながらぶつぶつ言ってたけど、一発殴ると正気に戻ったからよかったよ。

引用元:怖い話ラボ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます