0b442fd8
1
俺は山でマシュマロマン(2mくらいで人型で全身まっ白)を見たことあるぞ。
28
ちなみにその時俺は小5だったから怖さより好奇心が勝ってマシュマロマンに触ってみたが汗でベトベトになった人間の肌みたいな感触だった。
つーか20分くらい触ったり蹴ったりしてたのに全く微動だにしなかった。
そんでもってツレに自慢しようと一旦家にチェキ(覚えてる奴がいるか疑問だが…)取りに帰って戻ってくると跡形もなく消えてた。
消えた跡に水溜まりが出来てたから今考えると極端に密度の濃い曇か何かだったのかなと思いながらもマシュマロマンだと信じたい今日この頃。
2
>>1
俺は信じるぞ。
5
保育園の頃、用水路をカブトガニが流れていくのを見た。
そりゃもうサラ~っと。
本当に誰も信じてくれん…。
6
>>5
俺は信じるぞ。
11

半年片想いだった女の子に玉砕覚悟で告白したら、返事の代わりに不意打ちキスで一撃KOされた。

14

30cmくらいの蜘蛛を見た。

17
昔飼ってた出目金。
最初黒かったのが、だんだん色が抜けて変色して赤出目金になった。
すでに氏んでしまったが、誰も信じてくれない。
21
>>17
同じ経験がある。うちの場合は赤くなっても長い事生きて、
死ぬ時はすっかり赤(というよりオレンジ)出目金だったな。
腹側から黒色が抜けてきて背中の方が最後だったと記憶してる。
26
>>21
おお!同じ経験した人が!!
誰も信じてくれなかったからマジで嬉しい…>腹側から黒色が抜けてきて背中の方が最後だったと記憶してる。
同じだ。
腹の銀色っぽい方から色が薄くなっていった。

24
>>17
「金魚 退色」でぐぐればいいですお。
27
>>24
ググったら「金魚の退色は成長による変化」ってのが出てきたです。
長年の謎が解けました。ありがとう!
18
幼稚園の時に祭りでとった金魚がだいたい60~80センチほどになった。
鯉だったのか?つか10年もかえばそんなになるのか?
25
>>18
和金は個体にもよるけど環境がよければそのくらいにはなるらしいね。
ウチの実家の池で十年近く飼ってるやつは30センチ未満くらいのサイズだけど。
33
まだ3歳くらいの頃の話しだ。母親も知ってる話だ。
いつも一緒に遊んでいる近所の女の子がいた。その子がある日突然、
「今日でお別れなんだよ。バイバイ。」と言いながら、急に壁の中に消えて、
それから閉まっているドアの中から急に一度現れ、その後完全に消えた。
もちろん一緒に遊んでいた子(2名)も見ていた。
驚いて、「ままー!」
と叫んだ。母親が驚いて出てきて、「どうしたの?」と聞く。
漏れは「○○チャンが、壁の中に入ってから消えちゃったよ~」と言った。
すると母親は一瞬驚いた顔をしたが、その後すぐに笑顔で、
「何言ってるの?○○チャンは昨日お引越しして今日はもうここにはいないのよ」
と言った。一緒に遊んでいた子供も驚いた顔して聞いてた。後から聞いた話だが、○○チャンは漏れたちと遊ぶ前の日に車にはねられ入院。
その時間に病院で息を引き取ったそうなのだった。まだ幼かったので、そのことは
遊び仲間の子たちには隠していたらしい。その後「お別れ会」を開いて、○○チャン
の写真が飾ってあるテーブルにお菓子をお供えしたことは、確かに覚えているのだが。
この話し、誰に言っても信じてもらえない。

35
>>33
信じるかどうかは別にして(俺は信じている)
切ない話だ…
36
何でその子はドアから一度出てきたんだろ?
何か>>33に言いたい事でもあったのかな?
41
子供の頃、猫の毛玉を取って、それを横に置いていたら、突然動きだした。
風で動いたとかでなくて、まるで蜘蛛みたいに、足が動くみたいにして
まるで生き物みたいな動きして、自分の方に寄って来たの。
怖くて慌ててティッシュでつまんで捨てた。
その後、怖くて確かめたりしなかったせいか、誰にも信じて貰えない。それと、松ぼっくりを拾ったら、目が付いていて睨まれたことがある。
びっくりしてもう一度見たら、何もなくて、ただの松ぼっくりだった。

どちらも幼児の頃の妄想だったんだろうか? でも鮮明に覚えてるんだよ。

56
>>41
「寄生獣」って漫画ご存知ですか?
読んでるとなぜ毛が動き出すのかということのヒントになるかも。
62

中学時代、自分の部屋だけスゴイ地震が結構あった だからハンシン淡路大震災の時もイツモのだ…ってびっくりしなかった 当時ストレス溜まってた&思春期⇒自分の気で動いてた? ポルターガイスト?霊?

78
>>62
「ハロー張りネズミ」って漫画にそんなお話が載ってました。。
幼少期にストレスがたまって、ポルターガイスト現象を引き起こす話でした。
75
むかーし、タクシーに乗って目的の場所で降車。
990円だったので千円札を渡して降り立った。
何やら紙切れを踏んでいるので確かめたら千円札が落ちていた。
ある日、寝具の敷きパッドが欲しくて見に行ったら五千円だった。
さて買おうと一歩踏み出したら、足元に五千円札が落ちていた。
結婚した時、オーブンレンジを買おうと出かけた。
玄関を出たら配送のオニイサンがやってきた。
なんと、以前に駄目もとで出した抽選が当たり、景品がオーブンレンジだった。
97
去年の夏だったか、しこたま飲んで家帰って寝た。午前2時頃。
次の日学校あるんでまあ4時間くらい寝れるなと思ってたんだが、
オチから言っちまえば朝6時でなくて夕方6時に目覚めちまった。まあここまでなら結構ある話だと思うんだけども、
俺の場合「あ~何とか起きれたな」と思って風呂に入りメシを食い、
せっせと出かける準備をした上で実際マンションの出口まで行き、
そこまで来てやっと12時間まちがえてるんだと気付けた。

普通そこまで行く前にわかるって、ネタだろ!って言われるんだが、
・・・マジなんよ

192
>>97
信じるよ。俺の方がもっと信じてもらえないかもしれないから・・・。俺もその日は飲み会があって、部屋に帰ってきたのは午前三時。
その日はバイトが夕方の五時からだったから「あぁ、全然寝れる。楽勝だ。」そう思って就寝。
ふと目が覚めて時計を見ると「五時十分」・・・・; 俺はそれまでに何度か遅刻して怒られた経験から
「あぁ、もうクビ確定で誰も電話してくれなかったんだな・・・」この思い込みで
その後の行動が、すぐに連絡して謝るか、それともこのままバックレルかで十分程悩んだ後
「大人しく怒られて、謝ろう・・・」と、バイト先に行く事に。
あぁ、鬱だ。と、思いながら行ってみるとバイト先が閉まってる。「アレ?(汗)」
なんでだ?年中無休のはずなのに。もしかして、何か急な事情があって臨時休業?だから連絡無かった?いやむしろ連絡くれよ(混乱)
とりあえず事務所に誰か居るかも、と思い電話を掛けてもむなしくコール音が鳴るだけ・・・。
落ち着こうと、友人に電話を掛ける。・・・繋がった!「・・・こんな朝早く何の用?(怒)」「・・・え(汗)」

つまりは出る前どころか、バイト先まで行った挙句、更にオロオロして友人にまで電話掛けてやっと現実に気付いたって事だ。
言い訳させてもらえば、何度か遅刻してた事が焦りに拍車を掛け、夏だったから夕方と朝方の区別が微妙に付かなかったって事。
落ち着いて携帯見てれば、時計表示の「5:10」の時点で気付くべきだった。夕方なら「17:10」で表示されるんだからな・・・

193
>>192
俺は信じるぞ、俺の方こそもっと信じてもらえないもの子供の時に居間で1人ゴロゴロしてた。
ふと庭の方を見ると窓の前を誰かが横切ろうとしていた、その誰か
は帽子を深く被っているので顔が見えない、父タンのお友達かな?
と思いながらも何か変な違和感と言うか恐怖を感じる、するとクル
リと庭側、つまり俺に背を向けてそのまま空に向かって走って行く
ではないか、まるで緩やかな坂道を上るように・・、そして空に向
かって段々と小さくなっていくその人を、俺は呆然と見ていました。
「こんな人もいるのか」と・・・。

124
昔1メートルくらいあるバッタを見たんだけど
誰も信じてくれない・・・
139
私の実家、何十年も建ってる古い平屋なんですよ。
小学生の時に座敷わらし見たんです。
ふすまをバン!と開けたら、目の前に
おカッパで黒い着物の女の子がいて、
ビックリして祖母に教えたら
「座敷わらしだべ」て言われたので
自分の中で座敷わらしにしてます。
158
トラックに乗ったままワープした事が二回ある。
ワープ直前に携帯で社長と話していた。
その社長さえ信じてくれない。
首都高小菅⇒横須賀まで10分てありえないよね?
174
10年ほど前、夜帰宅途中でクラゲのおばけみたいなのが
夜空を滑空しているのを目撃した。 うちの前のお屋敷の庭から
一直線に飛んでて我が家の屋根を飛び越えて去っていった。誰に言っても「酔っ払ってたんだろう」と言われて信じてもらえ
なかったけど、最近になって「スカイフィッシュ」と呼ばれてる
生物?がそれに酷似しているのを知った。

180
>>174
スカイフィッシュは、レンズの前を通過した羽虫をカメラが捕らえきれずに、あのように映るだけだよ。おまいが見たのは、ドゴラっていう生物だよ。

188

>>180また古いなw

178

スカイフィッシュってすっごく速いんだっけ?

179
スカイフィッシュって、ハエみたいな虫がビデオテープとかに映ったときに
ああいう風に見えるんじゃなかったっけ。
肉眼では絶対に見えなかったはず。ということは、174は……

181
174だけど、昆虫じゃなかった。電柱と比較しての大きさだと
1M弱はあった。飛行高度は電線より2Mほど上で、家の松の木を
超えて行ったから地上7mくらいだったと思う。半透明で4辺がいびつにあった。
最初風にあおられたビニール袋かと思ったけど、そんな風など
吹いていなかった。滑空が高度を保って横一直線だったのが印象的だった。
183
5歳くらいから8歳くらいまで相手の考えることが分かった。
じゃんけんとか無敵でみんなにすごいとか言われすぎてわざと負けたりしてた。
185
小学生の時、10メートルくらいの一本道を歩ききったと思ったら
最初の地点に戻ってたことがある。
ゲームをセーブせずに消して、セーブポイントから始めた感じだった。
186
足の指を一本ずつ離して最後にパーに出来る器用な女がいた…
そんなこと出来るか!!と信じてもらえない。
でも気持ち悪かった。
196
>>186
それ足の指が器用なだけ…オカルトではない。
187
母親が入院してた時、見舞いに行こうとして外に出たら轟音と共に巨大な葉巻みたいなのが飛んでてきて 田んぼの方に落ちて行った。葉巻の上には人が居て肘をついて寝そべっていた
祖母と一緒に見て互いに今のは何だったんだ?と話し合った直後祖母は呆けてしまった。無論誰にも言ってないこんな事は

194
畳と畳みの隙間から土色の手がにゅるっと出て来て、うねうね動いていた
恐くなって布団かぶって寝た3才の頃
200

五年ほど昔、自分が小学生の終わり頃か中学生になったばかりの話です。

この頃、僕と友達3人で近くのグラウンドで天体観測をよくしていたんです。
まぁ、天体観測とは名ばかりで夜な夜な遊んでただけな気もしますが…。
そして、いつものように広場に集まり、遊んでいると、
グラウンドの唯一の光源であった看板(歯医者?)の下に1人ぽつんと誰か立っている。
僕らは珍しいとは思いながらも特に気にしなかった。

しばらくしてずっと立ち続けているのを不思議に思い、観察しだした。
すると、まるで間接がない(っていうか明らかにおかしい)ように体をくねらせ始めた。
ほんとに異常で、ありえない角度に腕や体が曲がっていた。
とりあえず近づいてみるが逆光で影しか見えない。
あまり近づくのは危険、という判断でそれ以上は分からなかった。
気づくとその影は消えていた。
僕ら4人で宇宙人ということにしたが、未だに信じてもらえない…。

202

それはくねくねだろ?

210
妹と夜の8時に犬の散歩から帰ってきて、
庭に犬をつなごうとしていた。
空は曇って真っ暗だった。月も見えなかった。すると、でっかい光が
雲の上でくるくる回っているではないか。そして、ただ回るだけでは
なく、ランダムに(表現の仕方が分からん)光は動き回っていた。
すると、飼い犬も共に同じ上空を見ていた・・・。
UFOなんだろうか。妹はUFOだと確信している。
親に言ったら馬鹿にされた。信じるわけないよなぁ。
961
>>210
自分もそれ、見た。二回ほど。どっちも曇りで月が見えない日だった。
親に聞いたらペンライト?の光だと言っていたけど、どうも腑に落ちない。
220
>>210
俺も同じようなの見たよ!
日本じゃないけど、アメリカのとある田舎街で凄い雷がゴロゴロしてて
ふと空を見上げると、青白い玉が四つクルクル回ってたんだよ。
稲妻かなって思ったけど、ずっと一定の位置で回ってたからUFOなのかなって
それと音もフワンフワンフワンって物を回すと出る音あるでしょ?あんな感じでUFOだと思わずにはいられなかった。
221
>>210
それはレーザー光(正式な名前は分からんが)じゃないか?
俺も結構見てるが、よく見るとライトの一種みたいな感じの奴。
「でっかい光」の下の方に、実は光源があったりしない?
俺も最初はUFOか何かと思ったよ。パチ屋かカラオケか、近くに何かないか?
223
>>221
違うよ!絶対あれはUFO!!
レーザー光線って地上から線が出てるからすぐわかるでしょ!それが無かったの。
あの青白い玉は4つくらいあって雲の中でクルクル回ってたんだよ!
アメリカのユタで見たんだけど、その日は雨も降っててこれといってイベントもしてませんでした。
UFOが稲妻を吸い取ってるような感じだったな。ファンファンファンファンって
225
>>223
レーザーの光はモヤや霧のような媒体が無いと線状には見えんよ。
雨が降ってたならなおさらかと。
まあ真相はわからんが、UFOと決めつけるのも・・
いろんな可能性は、ある。
227
>>225
雨といっても小雨程度で大雨の前みたいな天気だった。それだけじゃないよ!
ソルトレイクからサンフランシスコまで車で旅したことあって
途中はネバダの砂漠が永遠とつづくんだけど、ふと空見ると銀色の丸い物体が一個から五個に増えて一瞬で消えたとか
テレビでビデオに撮られたのと同じ感じだった。

211
今思い出したんだけど、小学校の頃太陽が二つある空を見た。
もちろん国内で特殊な自然現象なんかじゃない。
場所は東北自動車道で家族旅行の帰りだった。
夕暮れ時で夕日が綺麗だったのを覚えている。
そのときは渋滞していたんだけど、他の車の人たちは気づかなかったのかな。
夕暮れ時だから太陽は西にある。
しかし、どういうわけか東(南東に近かった)にも太陽が。
雲ひとつない天気が続いていたからどう考えても水蒸気やちりの影響とは思えない。
そして、渋滞を抜け、トンネルを越えたときにはもう1つの太陽はなくなっていた。
214
消防の遠足で。
在来線で12,3駅向こうの大きな公園に行った@学年全員
遊ぶだけ遊んで疲れてはいたけれど
帰りがけも眠ってはいない、電車に乗って空いた座席に座り
隣に座ったともだちとおしゃべりしていた。
その時、対面のサラリーマン風のおじさんの肩あたりにカシュッ!

という音とともに光が走った。
例えるならカメラのフラッシュに似てるけど、誰もカメラなんて持ってない。
フラッシュもたいてない。とつぜん空間に光が現れた。
ともだちも見たらしく 「え、今の何?」と私を見たが、私も「え、何だろ」としか言えない。
そもそも対面はおじさん、その隣が大学生風のおにーさんだったが
両名とも自分らの数センチ横で光ったものにまったく感知していない様子だった。

218
私が幼い頃の話。
親戚の家に泊まった晩に、私はぐずりだし
伯母と一緒に外に出て夜景をみていた。すると前方の闇に突然家屋が現れた。
最初はブワーッとした発光体で、陽炎みたいに揺らいでいた。
けれど、その内にきちんとした家屋になった。窓や縁側、ドアにいたるまで
はっきりと。そしてそのドアが開き、中から和服をきて訪問着用の
帯を締めた女性が現れた。髪は和装にあわせアップにセットされていた。
その女性の足元や家屋の下側は、陽炎みたいな感じに揺らいでいたけれど、
真ん中位から上はハッキリしていた。女性はその家屋のドアを出たり
入ったりしていた。伯母にその事をいっても見えないと言っていた。
私が感じたことは、その女性は享年30才で、幼い子を遺し逝ったそうです。
家に遺してきたことが未練だったみたい。それで私と子供が重なり
出てきたみたいでした。
232
誰に言っても信じてもらえない話
俺は昔はすごいモテモテだった……。……・゚・(ノД`)・゚。

234
>>232
いろんな意味でオカルトだなw
237
原子や電子より、さらに小さな世界があって
そして、それより小さな世界があって
それは果てしなく続いてゆく。だっれも信じてくれない。
いや俺自身、信じていいものかどうかわからない。
科学に明るいやつが、「それが一番極小だ」といっても
「さらにそれを分割していくとどうなる」という質問を
延々と繰り返すだけなのだが。

240
>>237
手塚治虫の火の鳥未来編の素粒子の中の生命の話を思い出した。
254
あれは俺がSEだったころの話だ。
ちょうど結合&総合試験(同時進行)の真っ只中で、めちゃくちゃ忙しい
毎日だった。
徹夜1日目の夜。あごに小さな吹き出物ができた。
徹夜2日目。吹き出物がどんどん大きくなってきた。
徹夜3日目。あきらかに顔の変形がわかるくらいに、吹き出物がおおきく
なった。ちょっとじんじんする。これはまずいと思い、トイレで顔を確認
した。吹き出物は、もはや半径1.5cmくらいにまで成長していた。
俺は思い切って、その吹き出物を絞ってみた。すると。。太さ4mmの髭がにゅるっと出てきた。

255
>>254
さすがに4mmってのは無いけど、
体毛が外に出ないまま化膿しちゃうことはあるな・・・
258
>>254
太さは普通だが長さが4cm程度の毛が出てきたことはあります。少しじんじんして痛いですよね。

276
子供の頃、虫が光って見えました。
蛍の様な発光虫のことではなく、全ての虫が暗闇で見ると光って見えるのです。
明かりの強さは虫によってまちまちで、蜘蛛やゴキブリの様なキモい虫に限って強く
今にして思えば、生命力の強い虫ほど強く光っていたと思います。
こう書くと「なんか楽しげ」とか思われそうですが、虫嫌いの私のとってはキモい以外何者でもなく
夏場など夜網戸に集ってる無数の虫が発光してる姿は、今思い出しても鳥肌立ちます。小3の時級友にこの事を話したところ、その真偽をめぐってクラスで問題となり
学級会の議題され、結局「〇〇君の言う通り、全ての生き物の命は例え虫でも輝いているのです」という
教師の結論で、クラス全員納得させられました。ちなみに今は光って見えません。

277
>>276
オカ板的常識で、当時の君には虫のオーラを知覚する能力があったのだ。
マジの話で僕は幼児の頃人間のオーラ(多分)が見えました。
暗がりで手を伸ばし指先を上へ向けると「熱くない緑色の
不思議な炎」が燃え立ちました。幼稚園児当時の僕で一メートルぐらい。
思い立って母のも見せてもらいましたが僕の半分ぐらい。叔父たちのは
もう少し高さがありました。
オバーチャンはちょっぴり。それでもその後三十年は健在でした。
人によって紫や黄色っぽいのもありました。
今は何も見えません。
289

あれは小学校3年生の時。その日は曇りでなんか暇だったからわざと遠回りして帰ってました。民家と民家の間に人が一人分くらい通れる狭い道に入って歩いていたら何か地面に虹色物が見えて立ち止まり、近寄ってみると!なんと虹色の熊ン蜂?!

290
つづき
一瞬信じられなくてより近寄って見てみるとその熊ン蜂の毛が虹色!生きてるか確認するために息をフッとかけると微かにピクッと動いたので怖くてびっくりして逃げてしまいました。
291

次の日気になって同じ場所に行ったけど虹色熊ン蜂は消えていました…。何処にいったんだろう。この話を成人になってからも話すのですが誰も信じてくれません 私は結構思い出や記憶力いいので確かです!誰か見たことある人いますか?

306

深夜に猫が2匹、公園でたわむれていて

1匹が、スベリ台の階段を上って
スベリ台を滑って遊んでいた。

嘘だろ?って思った。でも本当です。

307
>>306
見てみたい(*´д`*)ハァハァ
491
>>306
滑り台で遊ぶカラスの映像を見た事がある。
カラスがやる位だから、滑り台の面白さに気づいた猫がいても不思議
じゃないかも。
「にゃ!、こ、これはなんか面白いにゃ」とか言って。
308

そしてある日突然、日本中の公園で夜中にスベリ台で遊ぶ猫達が見られるようになるとかならないとか、、、

338

会社の同僚に言っても信じてもらえない話…

何年か前に全身包帯グルグル巻きの男を見ました。
仕事で商店街をチャリンコで通ってたら、ポツ~ンて座ってました。
「どうやって来たの!?」、「誰か運んだの!?」、「何故に全身包帯!?」
って、頭の中に「?」ばっかり浮かんだけど仕事が忙しかったのでそのまま通過…
それから何日か何週間後、別の場所でまたポツ~ンて…
「何で別の場所!?」、「そもそも何が目的なの!?」、「てか何で手足が無いの!?」
って、また頭の中に「?」ばっかり浮かんだけど、その時も忙しかったので通過…
その後、全く見掛けません…
てか、町中に全身包帯巻きはちょっと怖い…

347
中学生の時、風邪ひいて家のコタツでうつ伏せで寝てたら、誰かがこっちに歩いてくる感じ
がしたので、妹が学校から帰ってきたのかな?と思い近くまで来た時に顔を上げ声をかけ
ようとしたら体がうまく動かず、白い靴下が目の前を通り過ぎて妹の部屋方向に行くのが見
えた。そのまま寝てしまって、目覚めたら妹はまだ帰っていなかった。そして後から考えて
みると、私が見たのは靴下部分だけ、つまり足首から下だけが歩いていたように思う。寝ぼ
けてたにしては結構リアルな感覚だった。霊感はないんだけど。そして15年後の現在、結婚して新居に住んでいるが、床にうつ伏せでうたた寝すると
自分の周りを人が歩いているような音や振動を感じる事がある。
大人が歩いてる感じの時もあるし、子供が走っている感じの時もある。その間は動けない。
不思議と恐怖心は感じなかったけど、こうして文にすると怖くなってきちゃった。

384
まだ奥歯が生え変わってない。誰に言っても「忘れてるだけでしょ」とか
言われるけど、絶対まだ抜けてない。これ病気かな?
387
>>384
俺、24歳だけどまだ一本乳歯残ってる。
歯医者さんに見てもらったら、
「永久歯、生えてこなそうだから大事にね。」って言われた。
たまにあるから心配するほどのことでもないってさ。
397
小学生の時美容院で編み込みにしてもらい、
そのままとらずに寝て次の日そのまま学校に行った。
学校から帰り、髪をほどくと、ウェーブになり、
「わーいパーマだー」などと無邪気に喜んでいた。
その日から27歳になる今までウェーブがとれない。
何故かその日を境に天然パーマになってしまったのだ・・・・!!!
誰も信じてくれないが母が証人なので自分の思い違いではない・・・
401
>>397
うちの親も本当は直毛だったのに、一度パーマをかけたら
天パになったと言い張ってるw
403
>>401
俺の友達は野球部だったのでずっと坊主だったが、
高校卒業したら天パーになっていた。
398

流れ星の音を聞いた。

402
>>398
信じる。
なぜなら俺も音を聞いたから。
412
>>398
それは「火球」というものだ。間違いない。
415
>>398
流れ星が流れた時、
時々音が聞こえたという話、
昔から伝え聞くよ。
大昔、誰かが聞こえる理屈を説明していたんだけど・・・
418
>>415
オーロラも音が鳴るって聞いたことがある。
だいぶ昔のテレビCMで、オーロラの音を録音している人が
出ていた。でも誰も信じてくれないの。
やっぱり見間違いなのかな
404
俺は内臓の位置が普通の人と逆だ。医者がかなり驚いてたが本当だ。
でもまれにいるみたいね。
422
>>404
ブラックジャックで同じような人の話があった
鏡使って逆さに映しながら手術してた
452
>>404
テレビの医療ドキュメントかなんかで見た。
イザ事故った時のために、内臓が反転してる事を証明するブレスレットとかを
着けてなきゃいけないらしいね。処置の時に困らないように。
気をつけて。
429
兄の友達だと思っていた女の子と公園であそんでいて
兄は少し離れて男友達と遊んでいた。
みんなでかくれんぼするから多いもんジャンケンしようと集まったら
女の子も一緒に輪に入ってルールがわからない自分に説明してくれた。
でもかくれんぼで女の子は隠れたまま結局出てこなかった。
でも兄達は普通に帰ったのでいいのかなぁ、と思っていたが
あれから十数年、思い出話を兄とする機会があり、
一人で遊ぶ妹を不憫に思って最後はかくれんぼに誘ったという話で
「?」と思いこちらの思い出を話したら、
女友達なんて当時いないし公園には俺らだけだったといって
兄は未だに信じてくれない。
468
小学生の時、ドラクエ4(ファミコン時代の)をプレイしていたら
クリフトがザラキで四つの結界の一人を瞬殺。
それを周囲の友達に話したんですが
誰も信じてはくれず…
でも私は倒したんです!本当なんです!
誰か同じ経験した人いませんか?
469
小学生のころ、ドラクエ3で
●勇者のLV2で最初の島を脱出
●勇者のLV3でカンダタ(一回目)を倒す
●勇者のLV4で黄金の爪入手
●勇者のLV6でカンダタ(二回目)を倒し船を入手
●勇者のLV8でスーの村到着
という偉業を成し遂げたが、データを壊してしまったので誰にも信じてもらえなかった。
ちなみに戦士・戦士・勇者・武道家のパーティだった。悔しいのでいまでも覚えてるw
516
夜中に空き地で猫が10匹くらいぐるっと円陣を作って
にゃーにゃー鳴きあってるのを見た。まるで猫の会議。
昔、おじいちゃんから聞いた化け猫の話を思い出した。
だーれも信じてくれません。
517
>>516
うちの近所の神社で毎晩やってる
うちの猫は不参加
519
夜中の円陣猫会議はアパートの隣の空き地でよくやってる。
でも、な~んにも言わずに、みんなじっとしてるだけだなぁ。
満月の夜、猫達が円陣に座ってただ静かに見つめ合ってるのって
解散するまでずーっと見てた事あるけど、すごく不思議な空間になる。
もしかしたら人間には聞こえないテレパシーで情報交換してるのかな
なんて思ったりした。
521
>>516
工場地帯を歩いたとき。日はまだ高かった。
車ばっか走ってて俺以外歩いてる人が見当らない。
道の脇にところどころのっぱらがある。
とあるのっぱらに通りかかったら20匹ほどの犬が、向かい合うように円陣を組み、
頭を上げた状態で伏せくつろいでいた。
アフガンハウンドみたいな高級そうな大型の犬がいたのを覚えている。
他にもそのくらいの大型犬が2、3匹、あとはいろいろ。
パグやチワワみたいな小型犬?子犬?は10匹くらいか?いた。
ぱっと見て襲われるかと思え、恐くなったんで知らぬふりをして通り過ぎた。
おそらく野犬が組織化したものだろうが、
アフガンハウンドは毅然として見えた。
小型犬も組織の一員として、犬種を越えて組織化し、
犬だけで暮らしているということになんか感動した。
528
>>521
野犬の群って、昭和30年代には普通にいたよ。誰かが書いてたけど、ほんとに
あちこちの横丁で野良犬と子供の攻防戦があった。(犬は集団性でしょ? で、その
性格から飼い主になつくわけだし。)実際怖かったし、かなり危険
だったと思う。前にカトマンズへ行った時、早朝の街の横丁で、通勤の若い女性とかやはり
野良犬の群に囲まれてビビってた。あっちの野良犬はみんな狂犬だそうだ。
524
マジレスです
人身事故の車両の1両目に乗ってて電車が人をひいた瞬間横のドアごしに人の手が飛んでいきました。
人生唯一のトラウマです。誰も信じてくれないけど…
538
子供の頃、祖父母の部屋に飾ってあった「連獅子の人形」が
髪を振り乱して踊ってるのを見た事がある。
怖くてすぐに家族に話したけど誰も信じてくれなかった。
それからは怖くてその部屋に入れなくなった時期があった。でも数年前に今は他界したが痴呆症で寝たきりになった祖父が時折
意味無く拍手をするので「何で拍手してるの?」って聞いたら
「連獅子が舞ってるから」と答えた。

祖父にも見えていたらしい・・・でもあれから俺は連獅子の舞いは見てない。

596

>>538に似た話。

俺がまだガキの頃、
家に「キャベツ人形」っていう薄気味わるい人形があった。
大きさは小学1年生くらいで
緑色のモジャモジャした髪の毛。
眼はまつ毛が長くて、キラキラ光っている。

俺は寝る前に親父からいつも聞いていた。
「あの人形な、動くんだよ。
俺が中学生だったとき、あの人形が置いてある部屋で寝てしまった。
ふっと気がつくと、物音が部屋の中でする。
それも水をじゃぶじゃぶかき混ぜる音。
俺が薄目で見ると、なんとキャベツ人形が、水槽の金魚を捕ろうと
手を突っ込んで遊んでた。」
と、親父は言った。

そういえば不思議なことに、両親がいない時、
人形が勝手に移動していることが多々あった。
兄弟に聞いても、気持ち悪いから触ってないという。
でも確かに、さっきまで二階にあったのに
今は一階にあったりして、移動していた。
引越しする際に、そのキャベツ人形は親戚にあげてしまったから
その後どうなったか分からない。

ただ、この間久しぶりに、その親戚の家に行ったとき
階段の下にその人形が置いてあって、
人形と目があった。
ちょっと鳥肌がたった・・

546
私は産まれも育ちも海の無い県なんですが
小学校低学年の初夏のある日、自転車で家の
近所の両側生垣の道を曲がったらいきなり海でした
広がる砂浜に砕け散る白い波、青い空・・・
あまりにびっくりしてすぐに家に帰って
「海が!海があるんだよ!!!」と婆ちゃんに
訴えるも、当然全く信じてもらえず
「外に出る時は帽子かぶりなさい」と怒られました。
何か証拠を持ってくればよかったと後悔して
戻ったけど、そこはいつもの田舎道。
二度と海につながる事はありませんでした。
553
10年位前2~3週間の間ほぼ毎日同じ夢を見ていた。
それは当時住んでいた家の近くの道路でS字カーブみたいになってるところが
あり、ミラーはあるけど錆びまくっててほとんど機能していない場所があり
そこで死角から走ってきた白い車に後ろから追突されるというものだった。
最初はあまり気にしていなかったが、毎日見るからさすがに気味が悪く
なってきていた。その夢を見なくなって2~3日ほどしてほっとしていた頃
その夢は現実のものとなった。夢と全く同じ場所で白い車に撥ねられた。
あまり大怪我はしなかったが、今思えばそれは予知夢だったのかも。
でも誰も信じてくれねぇ。
569

極端に辛いものを食べたり、コーラ飲むと、一口めに必ずしゃっくりがでる。

友達が信じないので友達の前で飲んで見せるのだがそうすると絶対でない。

593
>>569
あたしゃ耳かきすると咳が出るんだが
誰もわかってくれない。
594
主に墓石を扱う石材店でアナコンダ級の大蛇をみた。
鎌首をもたげてちろちろと舌を出していた。
顔は白、体はエメラルドグリーン。
「なんじゃ、ありゃ?!」と瞬きをしてるうちに消えた。
その後気になってその蛇のことを調べたが、
そんな種類の蛇は存在しなかった。
いまでも引っかかる人生最大のなぞだ・・
620
飛行機に乗ると耳に激痛が走るのでもう海外旅行できないよ、
という人がいて、「ああかわいそうにな、こんなひともいるんだ」
ぐらいに思っていた。しかし、まさか自分の身にも起こるとは。夏、アメリカ旅行からの帰りの便で、着陸態勢に入ったとき、
両耳におそろしい激痛が走り、耳を押さえて耐えていた。つばを飲み込んでも
なにしてもダメ。ポコッ、パコッと鼓膜が鳴るだけ。
耳の穴から脳みそに長い針を突き刺されるような激痛。
結局3日ほど耳が変でした。何度も飛行機に乗って、こんなこと初めて。

なんなんだろう?そんなひと、ほかにもいる?

628
>>620
あるよそれ。五寸釘叩き込まれて
頭蓋骨にヒビが入りそうな激痛でしょ。
鼓膜がやぶれて血がプシーと吹き出るんじゃないかと
思うよね。つば飲めとか飴なめろとか
言われるんだけど、そんなレベルじゃないんだよね。
629
>>620
気圧の差が原因で激痛を感じたりはしないけど、気圧の差には敏感です。
低気圧が近づくと、耳がツーンとなります。昨日もそうでした。
高気圧だと気分が良くて、低気圧になるときにはイライラします。
651
>>620
あれつらいよね・・・
マジで飛行機とめてーーーーー!!!!!
って思うほど辛い。
頭をかなづちでなぐられたような感じ。
ただたんに、気圧の差でつまっただけとは全く違うもんね。
でも、結構いるよ、そういう人。
660
遠足で、山に行ったときにお供え物をするため?
の小さな観音開きの箱のようなものがあった。
中に地蔵でもあるのかと思ってあけたら、カマドウマの大群がいた
その中に、一匹 大きさは胴の長さ20cm程 足とか入れたら50cmぐらいに達する
ボスがいた・・ まじ逃げたが誰も信じてくれない
662
>>660
ニュージーランドなら実在。
665
カマドウマて、なんでか知らんけど
便所とか風呂場とか、暗くて湿っぽいとこにいるよなあ。
だから便所コオロギとか呼ばれてんだろうけどさ。
ちょっと触っただけで、すぐ足がポロッととれたりして
ひ弱な体してんだよな。あんなんで、よく生きてられるよ。
666
19の時、朝起きたら耳が聞こえなくなった。
これはなにかひどい病気では?と、耳鼻科にすっとんで行った。
診てもらうと両耳に耳垢が詰まってるとのこと。
薬剤を耳の穴に注入してしばらく待つ。んで、バキュームのようなもので
垢を吸い出した。でかっ!子供の頃は周りの大人が気をつけて掃除してくれて
たんだが、自分ではタオルでキュッキュと拭くくらいで済ませてた。
長年の耳垢が溜まりに溜まってたんだな・・・1、5cmくらいあったように記憶してる。しかし未だに不思議なんだが、なんで両耳一気に詰まったんだろう・・・・。

703
>>666
その話、信じるよ!
うちの祖父が太平洋戦争で中国に行ってた時(陸軍所属でした)
終戦を迎えるよりも前なのに、
地方の村々の人達(中国人)とは、わりと温和?な交流もあったとか。
こっそりくだものをくれる中国人に、引き換えに赤チンあげたりね。
そんなある日、深夜に、こっそりどころか堂々と兵隊の宿舎の窓をどんどん叩く中国人村人!
びっくりして出て行って「こんな時間にこんなトコ来ちゃだめ!」と追い返そうとすると、
「うちの息子の耳が突然聞こえなくなっちゃったよ、助けて、この村お医者さんいない」
という。号泣している。
困った挙句、軍医さんに相談すると、「見捨ててはおけないなあ」と中に入れてやることに。
と、軍医さん、大笑い。
「おい、脱脂綿にオキシドールひたして来い」
それを子供の耳に突っ込んでやり、数分の後、ピンセットで何やら掘り返した。
出て来たのは、>>666さんが書いたようなでっかい耳垢。
子供はきょとんとして、「聞こえる」と言い、親も笑ってへたり込んだそうだよ。そんな話をしてくれた祖父も、2年前に他界しました。

673
眼鏡をかけた痩せた男が後ろからついてきた。
走っても走っても追いかけられた。
最後にはつかまり、尋ねられた。
「俺の自転車どこだ」
知らないって答えたら、男はどこかへ行ってしまった。
ある日交番の指名手配犯リストを見たら、そいつの顔が載っていた。
676
>>673
ちょっとゾッした
696
インスタントラーメンの上に、生卵落として食べようとしたら
その卵の白身が血まみれだった。トラウマになった

710
>>696
血入りのタマゴってそのまま食べても大丈夫なんだってサ。
多少見た目が気持ち悪いけどね。
742
保育園の年長の時に、母と二人で外食だったかに行った帰りに母の友達と思しき人が通りがかり、
母とその人が長話をしているのをぼけーっと見ながらふと空を見ると、
今までで(といっても生まれてまだ5年位だけど)一番大きい月がのっそり浮かんでて、
その月にシルクハットみたいな帽子をかぶった男の人のシルエットがくっきり映っててこっちにおいでおいでしていた
753
子供の頃から無くし物をしたら
「ないないの神様見つけて下さい」(無くし物の神様ね)
すぐに見つかった。皆笑うばっかやったな。
今でもないないの神様に頼る事あるよ。
800
さっき、ヤケドする夢みて 痛くて目が覚めた。
手のひらと、足首とに、両方小さくヤケドするんだけど、
目が覚めても、その場所は、もちろん全然ヤケドなんかしてなかった。
でも、ピリピリと 残像のように痛い…
誰も信じてくれないだろうけど、ホントだよ。
840

うちのお母さんが言ってた話

お母さんが子どもの頃、川の側で遊んでたら亀がいた。
つかまえてやろう~と思って側に行くと、すごいスピードで走って逃げたとか。
走って追い掛けても全然追い付かないんだって。
で、亀はあっと言う間に川へ逃げ込んだんだとか。

亀はノロマ、なんて絶対嘘だと母は言ってます。

841
亀って飼ったことがあるけど実際かなり早いよ。
ノロマな亀は海亀みたいに手足がヒレみたいになってる種類限定だと思う。
886
太陽見ると必ずくしゃみ出る
でも信じてくれない人いるんだよね
893
>>886
君みたいな人は大勢いるよ。
鼻の奥の粘膜が太陽の光に刺激されるためだってさ。
909
>>886
「光くしゃみ」でググッて見て。
光くしゃみ反射ってことで、結構研究されている。
どうも遺伝的要素が強いみたいだよ。
971
>>886
高校の同級生にいたよ、そういう人。
920
ある夏の夜、明太子でごはん食べようとおもって冷蔵庫を開けたら、明太子の入ってる箱がどこにもなかった。
その数時間ぐらい前に冷蔵庫を開けたときは確かにあったのに、
すみずみまで探してみてもどこにもない。家族の誰かにくわれたのかと思って聞いても、
全員「食べてない」とのこと。というか結構大きな箱入りで1回で食すのは多分無理な量が入っていた。
うちの母も一緒になって捜したが結局見つからなかった。
その日は諦めて、なんとなく次の日も冷蔵庫の中をチェックしてみたのだがやっぱりない。そして明太子が行方不明になってから3日ぐらい経ったある朝冷蔵庫を開けてみると…あった。箱。
なかを確認すると、行方不明になったときのままの量が入っている。腐ってないし減ってもない。
前探したときはなかったよね、と母に確認すると「絶対なかった」との証言アリ。

ついでに言うと、うちではよく物が消えたり別の場所に移動してたりする。

923
>>920
それよくある。
数年前から、自分が独りで居る時に”今”必要とするモノがほぼ確実に消える。
何時間探しても見つからない。
でも、何故か家族や友人に探すと必ず見つかる。
んで見つけた場所は、自分が完全に記憶していた所で、何度も探した場所。
家族には”物忘れが激しいだけだ”と言われるけどそうじゃない。一番酷かったのはバイク消滅。
駐車場に止めてほんの10分程の出来事。
場所も全部記憶していた。でも全く見つからない。
探しても無駄と判断したので、今度は友人を連れて行ってみると

あった

乗った形跡も無いし、鍵も掛かっている。
キー差込口、フロントカバー、ハンドルロックがかかってる所を見ると盗まれそうになった訳でもない。
鍵も特殊だから合鍵なんて有り得ない。
そもそも最初に記憶していた場所、最初に探した場所。
流石に頭が真っ白になった。

バイク消滅はついこの間の事で、段々消滅する物がエスカレートしていってる。
次は何が消えるのか、想像するだけで気持ち悪くなってくる。

947

そのなくなったものが移動している過程がみてみたい

949
「無い、無いと思って探すから見つからない。
そういうときは、あるはずあるはずと言いながら探しなさい。」
と親から教わりました。不思議と手早く見つかるようになりました。
985
テレビを観ていた時、
オーブみたいな靄の白い塊みたいな物が
テレビの前を横切った。テレビを観ていたら
画面の一部が暗くなった場面に
男性みたいな濃い顔が映り込んでいた。
後ろを見ても誰もいない。
テレビの映像かと思ったけど
画面とは別なかんじで、
映った瞬間、ハッって
時が止まったみたいだった。

信じてくれない…;

引用: 誰に言っても信じてもらえない話

引用元:おうまがタイムズ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます