00998bd1f8adb1f4ad2158db1dc10646

20代のころバイクにはまってて、休日にツーリングには行ってましたが、それだけでは足りず
横浜での仕事(20:30頃まで)の帰りに、週に1,2回はソロで夜間ツーリングに行ってました。
夜間ツーリングといっても大抵は、三浦半島を半周くらいまわったり、首都高走ってPAでのんびりしたり、24:00頃には東京の自宅に帰り着くようなミニ・ツーリングです。
翌日仕事休みで気温もちょうどいい感じの夜、ちょっと遠出がしたくなり、東名から箱根に足を伸ばそうと思いました。
御殿場方面から登っていく長尾峠っていう峠道があります。
乙女道路(乙女トンネル)といういい道が有るので、林道を舗装しただけみたいな、いかにも旧道然とした長尾峠はほとんど裏道で、車線やガードレールも要所要所に少しあるだけです。
登りきった峠の頂上にドライブインは有るものの平日の夜間なぞ閉まっているし、麓から頂上まで灯火の類は一切無く真っ暗。
途中に民家も建物もありません。道幅が狭いので走り屋もあまり来ません。
頂上付近の広い部分で4輪がドリフトの練習をやっているのを見たことがある位です。
要するに夜間は物好きしか通らないであろう山道です。

23:00頃この道に入ってまもなく、箱根特有の霧が出始めました。
登るにつれ霧は濃さを増しライトの届く20m位先までしか視界が無くなりました。
狭い山道にひどい霧で、引き返すことも考えましたが翌日休みという気楽さもあり、20km/hくらいの速度でそのまま走りました。
対向車とすれ違うことも無く、頂上まで3/4くらいまで来たとき、前方に違和感を感じました。
ライトがかろうじて道路や道端の木立を映し出す中、何かが立っているのです。
カーブミラーや標識などではない、明らかに人間の大きさと形をした何か。
前に書いたように、民家や建物は一切有りません。
徒歩で人が移動することなど考えられない、深夜の霧の山道です。
しかも「それ」は、道路を外れた藪の中に立っているのです。
オカルト体験など一切無い自分でしたが、ひとつの言葉が頭に浮かびました。
・・・幽霊!?・・・
一瞬Uターンを考えましたが、狭い道で焦ってUターンに失敗してコケた後の状況が頭に浮んだのと、(今から思うと信じられませんが)見届けたいという欲求も頭をもたげ、ジョギング程度の速度で「それ」にふらふらと近づいていきました。
ヘルメットの中、自分の心臓の鼓動が聞こえてきました。

ついに「それ」がはっきり見える所まで近づきました。
その人影は道端の草むらの中で、なにやら動いているようでした。
私は目が離せませんでした。
ちょっと驚いたようにこちらを見た人影は、カーキ色の上下にヘルメットを被り、背のうというのかリュックのような物を背負った自衛隊員でした。
夜間訓練?ほっとした私は自衛隊も大変だなーと思いながら通り過ぎました。
体験はそこまでで、なーんだというような話ですが、ちょっと後日談があります。
数年後、陸自に在籍して東富士で演習した経験を持つ知り合いにその話をした所、箱根山中で夜間訓練というのは聞いたことがない、というのです。
「夜間訓練や行軍は有るけど、箱根は一応観光地でしょ。」と。
もちろんそういった訓練を彼が知らなかっただけかもしれませんし、所属の違う部隊では普通にやっていたのかもしれません。
多分そういうことなんでしょう。

しかし後になって思うと、あの霧の中に一瞬見えた軍服とヘルメット姿は自衛隊というより、旧日本軍のような古めかしい物だったような気もするのです。

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます