eye

親友の女の子の母親が、変な能力を持っている。
一言で言うと、行方不明者の生死を当てるんだけど、生きてる人とは交信できない(本人弁)ので、ターゲットが死んでいる場合のみ。
亡くなった年&月または季節、場所、亡くなり方が分かるんだそうだ。

自分は依頼したことがないけど、児童行方不明事件などの結果をいくつも当てたのを見てるから、多分モノホンな人なんだと思う。

この母親、自宅1階で美容室を経営していて、透視ではお金を取っていない。
つか、そういう能力があることをひた隠しにしているので、余程のツテコネがないと彼女にたどり着けない(と思う)。

ひた隠しにしている理由には3つあって、1つは、見てくれ見てくれと頼まれて煩わしくなるのがイヤだから。
2つ目は、ターゲットが死んでいた場合は伝えるのが辛いから。
そして3つ目は、実在しないターゲットを探させようとする、意地の悪い冷やかし客が来るのが「怖いから」だそうだ。

「怖いって、どうして?」と聞いたら、親友は「冷やかした相手が死んじゃうから」と答えた。

昔から、母親が誰かに本気でブチ切れると、不思議と相手が不慮の死を遂げてしまうのだという。
相手は人間とは限らず、何度も窓から侵入して、母親のお気に入りのテーブルクロスを泥足だらけにしたり、
高価な花瓶を落として割ったりしていた隣家の猫も、ある日突然車に跳ねられて即死してしまったのだそうだ。

母親自身は「私は本当に何もやってない」と言い張っているが、「わりとすぐカッとなる人だから、怒らせないでね」と親友には念を押されている。

ちなみに、親友の父親も、彼女が7歳の時に心筋梗塞で急逝した。

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます