274498af-s
20数年前に海外赴任してた親父が事故で亡くなった
車の運転を誤って橋から川に落ちたんだが
赴任先の国が当時はそれほど発展してた国でもなくて
警察もなかなか遺体を見つけられなくて
カーチャンは俺には
「お父さんは出張でちょっと時間がかかってるからいつ帰るか分からない」
って言ったんだ。
そしたら俺は
「父さんは○月○日に帰ってくるよ」
って言ったらしい
すると、ほんとにその日遺体が見つかった
息子として何かの勘が働いたのか
土曜日だったんだけど、突然学校にカーチャンが来て
「お父さん本当に帰って来たね」
って言って、何のことだか理解できなくて
死んだって分かってホント悲しかった
で、オチというか、最近新宿の飲み屋で飲んでたら
外人のおじさんが
「(俺の名字)さんですか?」
って話しかけてきた
「そうですよ」って答えると
おじさん曰く、自分は昔赴任先でお父さんと付き合いがあったと
「最初は(親父の名前)さんがいるのかと思った。でも亡くなったと聞いていたから、息子さんだと思った」
って言うんだ
でも俺の顔はどちらかというと母親似で
親族にも俺はカーチャンに似てるね、って言われてるんだよ
でもそのおじさんは
「本当によく似てる。お父さんそっくりで、きっと自慢に思っているでしょう」
とか言ってた
何なんだろうね
ようやく親父みたいな風格が出てきたんなら、凄く嬉しいけど。

引用元:オカルト遅報

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます