eye

祖父は他界し、森の中の一軒家に一人で住んでいる祖母が心配だったので、休みを利用して様子を見に行っていた報告者。ある日、いつものように祖母の家に遊びに行くと、母屋の方から子犬ほどの大きさで、濡れたような真っ黒な毛並みの、少し不吉な気配のある黒猫が飛び出してきて――(おうまがタイムズ)

14

これは僕が小学生のころの本当に体験した話です。

ぼくの祖母は信州の山の中に住んでいます。
祖父は僕が物心ついたころにはすでに他界していて、
森の中の大きな一軒家に、祖母は一人暮らしをしています。
バスも、1時間に1本通るか通らないか。
土日は、午前1本午後1本、そんなまさしくド田舎に祖母は
一人で住んでいるのです。

高齢者の一人暮らしで心配ということもあり、
僕と両親は、夏休みや年末年始など、
長い休みを利用しては、旅行がてら様子を見に行っていました。

15
たしか、4年生の夏休みだったと思います。
僕はいつもどおり、両親と祖母の家へ出かけました。
祖母の家は、昔この一帯の地主だったそうで、
大きく、いかつい門構えの家が見えてきました。
長いドライブを終えて、祖母の家の門をくぐり、
「ん~・・・」と大きな伸びをしました。
その時、何かいつもとは違う、
かび臭いというかなんというか、妙にすえたにおいがしたのを
今でも覚えています。
30

「おばあちゃ~ん、○○(僕の名)来たよ~!」

大きな声でばあちゃんを呼びながら、
僕は母屋の方へ駆けていきました。

「!!」

その時、僕の前に何かが飛び出して来ました。
大きな黒い塊。

「にゃああおう」

それは、初めて見る猫でした。
子犬ほどの大きさに、濡れたような真っ黒な毛並み。
子ども心に、その綺麗さに驚きながらも、何か不吉なものを
その時感じていました。

「弥彦さん、だめだよ。急に飛び出すから、 ○○ちゃんおどろいてるじゃない」

奥から祖母が出てきました。
どうやら、少し前からいついている野良猫で、
人懐っこく、頭のいいそいつを、祖母は弥彦さんと
名前をつけてかわいがっているようでした。

31
実際に、弥彦さんは、とても賢く、
まるで人の言葉を理解しているような感じでした。
僕は、最初の不吉な感じなどすぐに忘れ、
いつのまにか弥彦さんと仲良くなっていました。
弥彦さんも僕のことを好いてくれたようで、
夏休み中、弥彦さんと僕は、いつも一緒にいました。ところで、去年の年末年始は、父の仕事の都合がつかず、
祖母の家を訪れることができなかったため、
久しぶりに見た祖母は、妙にやつれて元気がないような気がしました。
理由を聞いてみると、毎晩うなされて寝付けずに、
体調がすぐれないとのことでした。

「年をとるといろいろとねえ・・」

祖母はそう言って笑っていましたが、何か尋常ではない感じでした。

32
そして、久しぶりに会った祖母や、弥彦さんとの
楽しい夏休みもいよいよ明日で終わりになりました。
その夜、僕は悲しくなってしまい、なかなか寝付けませんでした。
ふと、時計を見ると、夜の2時を少し回ったところでした。
僕は、祖母と一緒に寝かせてもらおうと、
枕を抱えて祖母の寝室へ向かいました。「ばあちゃん、おきてる??」

僕はそおっと祖母の寝室の襖を開けました。

「?」

最初、僕には何がなんだか良くわかりませんでした。
祖母の布団の上に、弥彦さんが乗っかっていました。
祖母は、顔面蒼白で、息をしているかしていないのか、
僕の位置からはわかりません。
弥彦さんも、なぜか毛が濡れっぽく、牙をむき、目をぎらぎらさせてうなっていました。
その様子はとても禍禍しく、いつもの弥彦さんには見えませんでした。
まるで、化け猫かなにかのような・・・

33
僕には弥彦さんが祖母を毎晩苦しめている元凶だと思いました。
とっさに、祖母の部屋の入り口に置いてあった杖を、
弥彦さんに向けて投げつけました。「弥彦さん!何してるんだあ!」

僕の叫びに、弥彦さんは一瞬ビクっとこちらを向き、
杖は弥彦さんの額を直撃しました。

その瞬間、弥彦さんが睨んでいた方角の窓ガラスが
大きな音を立てて割れました。
僕がハッとその窓の方を見ると、
今まで見たこともないような、

大きな・・・
猿でしょうか、あるいは狒狒だったのかもしれません。

どっちにしても、2mはあるかというな奴が、
屋根から外へと逃げ出して行くところでした。

僕が呆然としていると、
弥彦さんが、

「ううぎゃあああ!」

と、大きく1度鳴き、
「奴」を追って外へ飛び出していきました。
すれ違いざまに見た弥彦さんの目は、
なぜかとても悲しそうに見えました。

僕はそのままそこで気を失ってしまったようで、
気が付いた時には、朝になっていました。

34
朝、僕は泣きました。
祖母の布団には、弥彦さんの血がべっとりとついていました。
えぐられたように、肉の欠片のついた毛も沢山落ちていました。弥彦さんは、祖母を襲っていたのではなかったのです。
祖母を毎晩苦しめていた、あの猿(か狒狒)と戦っていたのでした。
僕は、あれだけ仲が良かった弥彦さんを信じてあげられなかった
自分が情けなく、弥彦さんに申し訳なく、涙が止まりませんでした。

その後、弥彦さんが帰ってくることはなく、
祖母は今でも健康です。
僕は、祖母の家へは行かなくなりました。

最後に・・・後で聞いた話しで、
「弥彦さん」とは、祖父の名前だったそうです。

35
わかりづらかったらすみません。
僕のは以上です。
39
>>11
ちょっといい話じゃん
心の中でいいから詫びときな
意外と通じたりするもんさ
41
それはそうと、弥彦さんかっこよすぎ。
ちょっと惚れた。
43
弥彦さん氏んだのか?
眉間ていうのが怖いな
疑問に思ったのがどうして猿が出てくると魘されるのか?
そいつは何をしようとしていたのか?
猿ではなかったのかもしれないな
魔物だよきっと
44
猿といえばヒサルキ。
ばあちゃんの里はどこ?
熱海方面か三重方面ならBINGO!
50
>>44
ヒサルキは知らないです。
祖母の家は、信州新町てとこの、うんと山ん中です。
幼いころの記憶なので、定かではないですが。
でも、ほんとに大きな猿って感じでした。
57
「ヒサルキ」は、オカ板で検証されていた「狒々に取り付かれて操られる」人々、
またはそれに関する謎。
これに取り付かれると、夜中に裸になって、道端で氏んだ猫などの生肉を食らうようになる。
狒々と猫はやはり強烈なライバル同士なのか。
引用: 不可解な体験、謎な話~enigma~ Part21

引用元:おうまがタイムズ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます