eye

学生時代の話。
大学の近くの住宅地の中に小高い山があってその天辺に神社がある。
学生の間では有名な心霊スポットで、そこで子供が死んだとか、学生が自殺したとか、いろいろ噂が広がっていた。

夏休みを目前にしたある日、同級生が肝試しに行こうと言い出した。
後輩に霊感があるという奴がいて、普段から部屋で香を焚いていたりする男なのだが、そいつと、もう一人暇そうな後輩を連れて行くことにした。
男4人の肝試しだった。

車で神社のある山の麓まで行ったのだが、住宅地なのに周囲に街灯がなく、そうでなくても薄気味悪いのに一層不気味だった。

私は相当な怖がりで、何で付いてきたのだろうかと、後悔していた。
肝試しの発起人兼運転手が、怖いなら残ってるか、というのだが、一人残されてもそっちのほうが怖いので、一緒に行くことにした。

神社まで石段を登っていくのだが、思ったより石段が長く、明かりもないので頂上にあるという社殿はぜんぜん見えなかった。
石段の横幅はかなり広く、4人が横になって登っていった。
途中、木の枝に怯えたりして、もう帰りたいと思っていたのだが、別に何事もなく淡々と登っていた。

半分くらい登ったころか、突然、それまで何事もなかった霊感後輩が「やばいです、もう帰りましょう。」と言い出した。
確かに周りの雰囲気は悪かったのだが、私を含む3人は霊感がまったく無く、何がやばいのか全然分からなかった。
ともかく、その場は霊感後輩に従って肝試しを中断して帰ることとした。

帰りの車の中、霊感後輩の言うことには、石段の10mくらい先に、下半身の無い男が手招きをしているのが見えたらしい。
いくら暗かったとはいえ、私たち3人にはそんな男は見えなかった。

すると突然、霊感の無いほうの後輩が真っ青な顔をしてブルブル震えだした。
それを見た霊感後輩は、「連れてきたみたいなので、急いで帰りましょう。」と言った。

下宿に帰ると、霊感後輩は憑かれたらしい後輩に対して、塩を振ったり、背中を叩いたり、除霊のようなことをしていた。
その効果があったのか、後輩の様子は良くなり、夏休みを迎えることとなった。

夏休みが終わる前日になっても、霊感少年は帰省先から帰ってこなかった。
次の日も彼は顔を出すことは無かった。
しばらくして、彼の同級生から事情を聞いた。
彼は、帰省後間もなく、交通事故を起こして下半身不随になり半年間休学するということだった。

次に彼に会ったのは半年後、下宿を出て引っ越すため荷物を取りに来ているときだった。
それとなく彼に肝試しと事故が関係あるか聴いてみたのだが、彼は無言になり、その話題をしたくないようだった。
復学した彼は、その後霊に関する話題を話さなくなったらしい。

結局、彼が見たという下半身のない男が事故と関係あるのかどうかは彼しか知らない。

以上、数年前の話です。

引用元:鵺速あなたの傍のこわい話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます