eye

小学生の時に、友人と3人で山の中腹にある養魚溜池の跡地のような場所に釣りにでかけた。そこにはボロボロになった廃屋があったのだが、中に入ると、目玉までくり抜かれた魚の骨が散らばっており、悪臭が漂う仏壇が置いてあった。好奇心で中をのぞくと不気味な壺と気味の悪い子供の写真が飾ってあって…この廃屋、なんかヤバイ――(おうまがタイムズ)

593
俺が小学校4年生の頃だったと思う。
担任がF先生だったから。うちは山陰の田舎でさ、夏とかクタガタとかカブト虫とか取り放題なくらいの。
で俺らは田舎のガキらしく山の中駆けずり回って遊んでたんだ。
時代は昭和でさ、子供が暗くなっても外で遊んでたら人さらいが来るぞなんちって脅されたりしてた。
実際うちの田舎でも近隣でも子供の行方不明とかが起こってたりしたんだよな。
遅い時間に海岸行ったら絶対さらわれるって言ってたし。
ほんと昭和の少し影のある時代の話ですわ。
んでも俺らは全くそんなこと気にしませんとばかりに
山だ海だ川だと毎日遅くまで遊びまわってたのさ。

ある日、連れのタカがとんでもないネタを仕入れてきた。
早朝にクワガタを取りに山に入った時に、1時間は山道歩いたらしいんだけど、廃棄されたような養魚溜池の跡地 みたいなものを見つけたと。
昔の池か沼かを利用したっぽい粗末で小さい池らしいんだけど魚がうようよいたぜって。
よっしゃそこ言って釣りしようぜ!釣った魚はその場で 焼いて食っちまおうぜ!
っつってとある土曜日の午後釣り道具と100円ライターと塩コショウを持って俺とタカとヨシマサの3人で集まった。

チャリンコで山の麓まで、チャリを藪の中に隠して山を登ること小一時間。
細く狭い獣道を書き分けて山の中腹にある少し開けた原っぱに出た。
そっちを降りるんだよってタカが指差した方は一見藪か崖か分からない茂み。
おめーこんなとこ一人で降りたん?いや、兄ちゃんと来た、マジすげーよおめーら兄弟w
なんて言い合いながらまさに視界もないほど覆われた藪を、それでもわずかに踏み鳴らされた足元を頼りに掻き分けながら歩いた。

引用元:おうまがタイムズ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます