eye
俺の母親に聞いた話。
母親は俺が生まれる前に夢で侍に会って、
「お前の子どもは死産になるだろう。その子の魂は穢れているから我々の食料になるのだ」と言われたそうだ。
それで困った母親が、親戚の修験者にその話をして、霊験あらたかな荒縄をどこからか入手した。
そしてその縄を出産までの間、腹に巻いて暮らしていたんだと。
しばらくすると、また夢に侍が出てきた。
「その縄を今すぐに外さないと、お前の命はない」と言われたそうだ。
でも母親はその縄を外さなかった。
なぜかというと、修験者が「この縄を巻いておけば、侍が腹の中の赤ちゃんに悪さをすることはできない」と言っていたから。
その晩はそれだけで済んだけど、それ以来、頻繁に侍の夢を見るようになった。
そして出産間際になると、ついに侍は刀を抜いた。
「その忌々しい縄を外さなければ、今ここで貴様を叩ききってやる」
そう言われたけど、母親は赤ちゃんを守らなきゃならないから断った。
横向きで寝ていたところを後ろから切りつけられる夢を見て、母親は目が覚めた。
子どもは無事に出産したけど、母親の背中には古い刀傷のようなものが今でもあるそうです。

引用元:怖い話ラボ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます