RIMG0022

私の昔の彼氏、隆(仮名)は、元彼女の話をなかなかしてくれなかった。

私は興味深々だったのだが、いつも口を濁してばかりではっきりした話は聞けずじまいだった。

まあ私達は仲良しだったので、別にどうでも良かったのだが。

ある日二人でコンビニに行った。

私がクリーム入りのプリンを手にした時。

隆「あっ、。」

隆は小さく声をあげた。

見ると、怯えたような顔をしている。

私「どうしたの?」

隆「いや、、、。いいよ。」

私「はっきり言ってよ。」

隆「うん、、、、、。」

途端に無言になった隆。二人で隆のアパートまでの帰り道。私の手をしっかり握っていた。

確実に何かを怖がっているようだった。

アパートに着いて荷物を広げていると。

隆がポツポツと話し始めた。

以下、隆口調で。

俺の前の彼女なんだけど、、、。

そのクリーム入りのプリンが大好きでさ。

いつも買ってたんだよ。

その彼女さあ、普段はすごい優しいんだよ。

もう、馬鹿がつくくらい。

いつも俺の後ばっかりついて歩いてさ。

あ、ごめんな。

でもさ、、、、、スイッチが入るんだよ。

そのスイッチが入ると、もうとんでもなく怖いんだよ。

例えば、きっかけはどんな事でもいいんだ。

俺がテレビの芸能人見て、この子可愛いよね。とか。そんな小さい事なんだ。

そしたら、スイッチが入る訳。

突然、わめき散らすんだ。文句とかのレベルじゃないよ。

奇声。ギーギーって。ほんとにギーギーって言うんだ。

目付きも変わる。まるで別人だった。口からヨダレたらしてさ、その、、、、、今お前が持ってるプリンな。

それ、顔に塗りつけるんだ。

もうそうなったら、いくら俺が謝ろうが、叩こうが、一切何も通じない。

ただギーギーギーギー言って、プリンを顔に塗りまくるんだよ。

俺はいつでも別れようとした。

でも怖かった。

普段はほんとににこにこしてて、可愛くて、誰が見ても普通なんだ。

ただ、スイッチ。

スイッチが入ると駄目なんだ。

ついにある日、ギーギー言いながら、包丁を持ち出した。

力はそりゃ俺の方が強いよ。

でもよ、白目みたいな目でヨダレ垂らして包丁持ってるんだぜ。

俺は逃げた。

友達の家に泊めて貰った。

2日たって、アパートに戻った。

カピカピになった飯の前に座ってた。

「おかえり。」にこにこ笑ってそう言った。

でも、手にはプリンが握られてた。

今からスイッチが入るんだ!!

俺は女を抱え上げた。騒ぐ女を抑えつけながら、アパートの玄関から放り出した。

バンバンバンバンドアを叩いてギーギーギーギー喚くのをやめなかった。

俺は汗びっしょりになって部屋の中で震えてた。

警察が来たんだ。

訳の分からない奇声と共に女は連れていかれた。

俺は引っ越した。

そのプリンを見ると、あの女が目の前に居るみたいだ。怖いよ、、、、、。

私はプリンを窓から放り投げた。

スイッチ。

私にもあるだろうか。

いつか。いつか。

引用元:怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます