eye

私が小学生だったの頃の話しです。

私達の遊び場の一つに、神社公園という所がありました。単に神社の隣に公園がある、というだけです。

他にも遊び場はありますが、たまに神社公園に行くという感じですね。

ある日、私達はいつものように神社公園で遊んでいました。いつもと違う事は、昼間でもほとんど人がいないのですが、その日はおばさんが石段の所に腰をかけて、私達の遊ぶ風景を観察していました。

私達も少し気になっていたのか、遊びながらチラチラとおばさんの方を見ていました。

少し疲れた私達は、石畳の所に座ってペチャクチャと話していました。そこにおばさんが近付いて言いました。

「今はいないけど、私にもあんた達ぐらいの子供がいたんだよ」

しばらく会話をした後、おばさんは笑顔でこう言いました。

「面白い遊びを教えてあげようか」

正直、私達は興味がなかったのですが、断るのも悪いので教えてもらう事にしました。

「別の世界へ行ける方法」

おばさんはこう言いました。

私達は子供でしたが、さすがにそれは信じられません。私達は少し小馬鹿にした感じで、その方法を聞きました。

「皆で手をつないで目を閉じ、ある呪文を繰り返せばいい」

このおばさんは、私達が実際にそれを試して、嘘だと分かったらどうするのだろう、と思いました。

「で、その呪文はどういうの?」と誰かが聞きました。

「すしろこいしろのいくしに」とおばさんは言いました。

急におばさんの声が、脅すような低い声に変わりました。
「別の世界と言っても、楽しい世界ではない」

私はその時に分かりました。おばさんは私達を怖がらせようとしてるなと・・・。
おばさんは別の世界について説明しました。

「あの世界では、恐ろしき者に追い掛けられる」
「恐ろしき者は、お前達が怯えれば強くなり、お前達が強気ならば弱くなる」
「痛みなども本当のように感じるし、夢のようには逃げられない」
「帰る為には、全員が揃って呪文を唱えなければならない」
「『しおぬけ』と皆で手を繋いで唱え続けなさい」

初めは半信半疑だった私達も、おばさんの話しが本当なのではと思い始めました。そして、そんな怖い所へは行きたくないという気持ちがありましたが、同時に試してみたいという、強い好奇心がありました。

しばらく相談した結果、私達は実際にやってみる事にしました。おばさんはもう一つ、注意を付け加えました。

「目を閉じていなければならない。一人でも目を開けていると恐ろしい目にあう」
恐ろしい目とはどんな事なのだろう、と思いました。

そして私達6人は直線に並んで、手を繋ぎ目を閉じ、「すしろこいしろのいくしに」と唱え続けました。

・・・しかし、ずっと唱えているのに、何も起きません。なんだ、やっぱり嘘か~、と私達は笑いながら目を開けました。

既におばさんはいませんでした。

「あ、嘘をついて逃げたんだ~」と私達は話しました。

私達は騙されたのですが、楽しかったので満足した感じでした。しかし、一人だけ暗い顔つきをしています。

「A君、どうしたの?」と誰かが訪ねました。
Aは言いました。

「実は薄目を開けていたんだけど、おばさんの顔が怖かった・・・」

さらに詳しく聞くと、おばさんは私達1人1人顔に近付いて、順番に睨んでいたそうです。

Aの順番になって、Aは怖くて目をつぶったので、立ち去る姿は見ていないとの事でした。

「・・・」
私達は、何か後味悪い雰囲気に包まれました。すでに日は落ちて来て、神社は薄暗くなっています。

「もう帰ろうか」と、その時です。
ザザザザザと、林の方から人が走ってきます。

「こっちに来る!」
私達は一目散に自転車に乗って逃げました。その後は何もなかったのですが、あの公園では遊ばなくなりました。

しかし、私は一度だけ行きました。高校生だった頃です。友達と学校をサボって映画を見に行った、帰りでした。昼の暑い時間帯は過ぎたのですが、まだ蒸し暑かったです。

ちょうど、その公園の近くに通りかかった私と友人は、近くの自動販売機でジュースを買って、木陰のベンチに座りながら映画の話しをしていました。

そこで私はこの事を思い出し、その友人に話して聞かせました。友人は自主制作映画を作ろうとしてて、そのテーマはホラー映画だったので、興味をしめしました。

友人はこの神社公園は使えるなといい、あちらこちらを歩きながら見てました。友人が林の方に入って行ったので、私も立ち上がって追い掛けました。林の中は日も入らず涼しかったので、心地よかったです。

そこで初めて知ったのですが、地蔵が3体程並んでいる場所がありました。私はしばらく地蔵を眺めていました。その時、友人が言いました。

「おい、この神社ってなんなんだ?気持ち悪いぞ」

え?と私が友人の視線の先を追うと、そこには、周りの木よりもふた回り大きな木がありました。

その木には藁人形が6体も並んで、釘で打ち付けてありました。
「こんな所、早く出ようぜ」
友人は言いました。

私達はそのまま神社を出て、他の人の多い場所に行きました。

長くなりましたが、以上です。しかし、あのおばさんは、何がしたかったのでしょうか?

引用元:超厳選怖い話ランキング

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます