eye

670 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 16:11:15 ID:Tky/PfCjO
小さいころ、うちの婆さんの家の
タンスに入ると変な町に行けた。
つるさってる服の奥にどんどん進んでくと、
(奥に進めたことがまずおかしいわけだが)
デパートの洋服売り場みたいな場所に出た。
また商品の服の中に入ると婆さんのタンスに帰れた。

そこは普通っぽいデパートなんだけど、
商品に値札がひとつもついてない。
勝手に持っていってもいいことになってて、
俺はいつも食品売り場で菓子を食ってた。
やたら綺麗な色の、見たこともない菓子ばかりで、
どれもすごく美味い。
お土産として持ち帰ろうとしても、
いつもいつのまにかポケットから消えてしまう。

そのデパートの外観は109っぽい感じだったと思う。
(初めて109を見たときに
「あのデパートに似てる」って感じた)
隣には映画館があって、ここでも無料で映画を見られる。
いつもアニメ映画をやってた。昔話調の話が多かった。
聞いたこともない面白い昔話ばっかりだったのに、
内容はひとつも覚えてない。

その町にはいろんな店があったんだけど、
店員らしい人がひとりもいなかった。
いるのは通行人か買い物客だけ。
みんな、なんとなくフワフワした雰囲気。
大人のひとほど上の空な感じだった。
その町で仲良くなった子供もいた。

その町の地名は「なんとか県◎◎」
県名は忘れた。日本語っぽい音だったが、
現実に存在する47都道府県のどれとも違う。
◎◎は確か「マ」から始まる4文字の言葉。
マしか覚えてない。

婆さんの家が改築されてから、もうあそこには行けなくなった。
同じところに行ったことあるやつ、いないか?
あそこで仲良くなった子たち、
みんな違う県から来たって言ってたんだ。
入り口もタンスだけじゃなくて、いろいろあったらしいが。

687 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 00:26:41 ID:dVaxCTn70
>>670
うわーなんか似たような体験を思い出して鳥肌立った。

私の場合は、家の納戸に入ると
よそのまったく知らないウチに行けた。
かならず納戸から出た先はその家の台所。

いつも外は晴れてて、
真夏の2~4時くらいの気だるい日差しだった。
台所と茶の間の間はレースの暖簾がかかってて、
それをこう、サラッと手に滑らせるのが大好きだった。

茶の間には必ずお兄さんとお姉さんがいて、
ちゃぶ台を囲んでお茶してた。
私を見るとお菓子を出してくれて、
お菓子はいつも見たことのない黄色い甘い板状のお菓子だった。

お菓子を食べて終わると、
外から子供が走ってくるような足音がドタドタっと聞こえて
あー次の子が来たんだーとなぜか納得して帰るんだけど、
お兄さんが送ってくれると近所の公園の林みたいになった所、
お姉さんが送ってくれると
これまた近所の金持ちの家の外庭に出る。

どっちの時も気がつくと居たって感じで、
ハッとしてそのまま帰ったり
公園でそのまま遊んで帰ったりしてた。
たいがい家に帰ると親に「
あれ?いつ出かけたの??」って聞かれた。

昼間の、天気の良い、たとえば
土曜日学校から帰って暇してる時とかにしか
行けなかったような気がする。
もしくは行こうとしなかったか。
今思い出すとかなり不思議だ・・・

689 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 00:45:50 ID:zoRg2Wn60
>>670
稲川淳二の本の中で
トラに噛まれた女優が同じような体験してる

703 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 12:23:29 ID:g+ptASuI0
>>687
帰る時靴は履いてたの?

707 :687:2008/09/01(月) 14:54:01 ID:PxX0OdyRO
>>703
はいてた!
そのまま公園行ったもん!

あの頃はまったく不思議とは思わんかったなぁ…

不可解な体験、謎な話~enigma~Part46
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1216822187/

引用元:だいたいオカルトです

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます