eye

学校で旅行にいったときのことです。

群馬県のある施設に泊まりました。

みんな疲れて、消灯時間よりも早く寝ました。

私もぐっすりと眠りにつきました。

しかし、ある音に目を覚ましました。

コト…コト…

外から聞こえました。

おそるおそる、外を見ました。

すると、寝るときにはなかったのに、外にはきりがかかっていました。

すると…なんと、丸太にガイコツが座っているではありませんか!

「わぁっ……」

びっくりした私は、思わず声をあげてしまいました。

すると、ガイコツに気づかれてしまいました。

ガイコツは手に木をもっていて、ふりまわしながら、こっちをじっーとみています。

友達を起こそぅとしましたが、金縛りにあって声が全くでません。

体も動きません。

ガイコツは近づいてきました。

もうダメだ…と思いましたが、布団をかぶってのがれようとしました。

しばらくして布団をとりました。

あたりには、だれもいませんでした。

しかし、あのガイコツが持っていた木が私の布団の前におちていました。

その直後、耳元で誰かがささやきました。

「死ねばよかったのに」

引用元:怖い話・都市伝説まとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます