深い森

俺の友達から聞いた話です。

そいつの弟が体験したらしいんですが、その弟クン(仮にFとします)は決して普段ウソやつまんねー冗談を言うようなヤツじゃなく、どっちってゆーと寡黙で硬派なカンジで、俺も会った時はとっつきづらかったのを覚えてます。

そのFが真面目な顔をして訴えた話です。

その日は日曜日だけど体育祭が近かったので、クラスのみんなで学校に集まって練習する予定だったそうです。

午後1時半に集合予定でしたが、Fが起きたのはまさに1時半でした。

慌てたFは、急いで着替えると家を飛び出し、普段は使わない近道を使うことにしました。

そこは地元では『誘拐森』と呼ばれる、神隠しの起こると噂される昼でも暗い森でした。

Fは森を抜け、学校に着いたけど誰も居ません。

「体育館かな?」
と思ったFは体育館に向かいましたが誰も居ません。

「教室…?」

「職員室なら…」

考えられるすべてを見て回りましたが、やっぱり誰もいません。

そこでFは
「日にちか時間間違えたんだな」
と、自分を納得させ、帰ることにしました。

帰り道、普段は人通りの多く、車も多い国道沿いを帰りましたが、そこでも誰もいなく、車もナイ、まるで世界に自分独りだけのような雰囲気でした。

Fはいよいよ変に思い、近くの民家片っ端からドアを叩きましたが誰も出てきません。

コンビニにも店員すら居ません。

Fは半狂乱になって家に帰り、時計を見ました。

時間は1時半のまま。Fはただただ時計を眺めることしかできませんでした。

そこへ俺の友達が帰宅し、Fが泣きながらすべてを話し終え、時計を見ると普通に進んでいたそうです。

どこで行ったのかはわかりませんが、Fは少しの間、異次元を彷徨っていたようです。

もし帰ってこれなかったら…

みなさんも、お気を付けください。

異次元の扉はいつ、どこで開かれるかわかりません。

引用元:怖い話・都市伝説まとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます