eye
114: 本当にあった怖い名無し 2017/01/11(水) 14:36:06.68 ID:
実体験です。
3年前にスキー場に隣接するホテルでアルバイトしてたときの話です。
115: 本当にあった怖い名無し 2017/01/11(水) 17:25:27.07 ID:
そのホテルの寮に入り、1シーズン過ごしたんですが。
俺に与えられた部屋は角部屋で、一番遅く入寮したせいか一人部屋でした。
特に気持ち悪いとかの印象はなく、ただカーテンがないのが気になった程度でした。
1ヶ月ほど経ち仕事にも慣れてきた頃、金縛りにかかりました。

 

116: 本当にあった怖い名無し 2017/01/11(水) 21:22:30.11 ID:

疲れていたのだろうと思い、気にせず翌日からも仕事をしていました。
しかし1週間後、再び金縛りに。

さすがに気持ち悪くなってバイト連中に話したのですが、疲れてるんだろと言われるだけで相手にもしてくれませんでした。
そうなのかもなと思い直し、1週間後。

 

117: 本当にあった怖い名無し 2017/01/11(水) 21:24:51.08 ID:
今度は例のカーテンのない窓をバンバンと叩く手が見えました。
そしてまた1週間が経ち、その日はもう怖くて布団の中で眠れずに過ごしていました。
何時だろと時計を見ようとしたとき、突然ドアがドンドンと乱暴に叩かれます。

 

118: 本当にあった怖い名無し 2017/01/11(水) 23:44:11.66 ID:

どこから聞こえてくるのかわかりませんが「俺の部屋だ、開けろ!!」とハッキリ聞こえました。
耐え切れず布団を被っていると、いつの間にか朝になっていました。

ドアを叩く音は隣の部屋だった人にも聞こえていたようですが、声は聞こえなかったそうです。

 

119: 本当にあった怖い名無し 2017/01/16(月) 05:37:16.33 ID:

その後、そのような体験はなく、シーズン終了前日に全員でさよならパーティーがあったのですが、古くからいるホテルの正社員の方が俺にそっと「あの部屋なんともなかった?」と聞かれました。

詳しく聞く勇気がなかったのですが、その部屋に何かあるのは間違いないと確信しました。
結局その日は部屋に戻る気になれず朝まで飲みました。

引用元:2ちゃんねるのこわーい話まとめ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます