淡島神社人形up_209

先日、骨董市に行った時、あるブースを通りかかったときに小耳に挟んだ会話を。メモしたわけじゃないから一字一句同じ訳ではないんで、そのつもりで聞いてね。

「○○さんとこの奥さんも癌で亡くなったと」
「そうか確か××さんの主人も癌だったな」
「人形を扱う店の人間には癌が多いよな」
「やっぱり何か吸い取ってるのか、人形の出入りすると」

しばらくの沈黙の後、

「そういや少し前に、□□さんが新しく店を出すのに品物が足りないからって言ってきて、何点かまわしてやったんだ」
「ふんふん」
「しばらくしてから□□さんが、その内の一つの人形を返してきてな」
「なんで」
「なんか気持ちが悪いんだと。それにその人形を店に出しておくと、客がぱったり入らなくなったって言うんだよ」
「ほんとか」

「俺は人形に傷でもつけて、それで難癖つけて返されたのかと思ってな。
 だからよく調べたんだが、傷も何にも無かった。
 それでも気味が悪いんで、見えるっていう人に見てもらったんだよ」
「なんだって」
「その人形は売られたくないんだと。だから客が来ると売られると思って、客をみんな追い払ってるんだと」
「・・・・・・怖いな」
「人形は怖いわ」

以上、品物を見る振りをしながら耳をダンボにして聞いたお話でした。

引用元:超厳選怖い話ランキング

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます