eye

539 :1/3:2009/02/21(土) 16:31:27 ID:QswtpN8n0
霊感ってうつるよね?
学生時代、周りにかなりの霊感持ちがいたせいで、
俺までも「視える」人になってしまった頃の話。

ある日、地元の友達と
マンションの下にある公園でたむろってたんだ。
時間は23~0時の間頃と記憶している。

俺は一応「花の大学生」ではあった物の、
学校の風習というか課題等のせいで、
ろくにバイトもしなかったために金無し学生だった。
くだらない雑談を交えてダラダラとその日何をして遊ぶか、
を話し合っていたと思う。
(そんな生活免許だけでなく、
車まで持ってる大学生なんて、本当に凄いと思うよ。)

何気なしに俺は鉄棒に手を掛け、
クルッと一回転(片足引っ掛けるヤツ。名称忘れたw)してみた。
その時、胸のポケットに入れてあった500円玉が落ちたんだ。
おっといけね、と地面に着地して、
屈む形でそのコインを拾ったんだけど…

なんでだろうね、たまたま視線を前方に移したんだ。
その視線の先が、当時の俺の中で
「絶対に見てはいけない場所」だった。
普段からその近くを通らなくてはいけない時も、
目だけは背けてた。
友人とたむろっていた時も、
「その場所」だけは視界に入れない様にしていたのに。

遂に、見てしまった。
その場所に、いる。
白い服を着た女の人。

540 :2/3:2009/02/21(土) 16:32:19 ID:QswtpN8n0
「それ」が俺の存在に気付いたのかは分からないが、
マンションの裏へ続く道へすぅっ、と消えて行った。
「すぅっ」と書いたのはその表現の如く、
「自分の脚で歩いて移動した」様な動きではなく、
ビニール袋が風に吹かれて飛んだ様な動きだったからだ。

「自分が[向こう]に気付いても、
それを[向こう]には絶対に気取られるな」
と霊感持ちの友人から教わっていた俺は、
なるべく慌てない様に、その場から移動した。

その時一緒にいた友人は誰も俺が見た物を見ていなく、
とても歯痒い思いだった。
場所が場所だけに、俺が先程の話をした時に
皆からかう事も無く、黙ってしまった。

その場所とは、更に遡る事数年。俺が中学生の頃の事。
とある日曜日、夕方の19時頃だったか…
細かい時間は忘れた。
まだ外は明るかったのは覚えている。

何かね、外が騒がしいんだ。
近所の子供が騒いでるのはいつもなんだが、
それに大人の声も混じってる。
終いには救急車のサイレンの音が、すぐ下で止まる。
これはもうただ事じゃないと。

外に出ると、近所の幼なじみもいて、
恐らく俺も同じ目をしていたであろう、
好奇心に満ちた目をして、この騒ぎの元の情報を探っていた。
人の流れに乗って行くと、あっけない程に騒ぎの元に辿り着けた。

541 :3/3:2009/02/21(土) 16:34:57 ID:QswtpN8n0
真っ赤な水溜まりの中に、横たわった女の人。
飛び降り自殺だった。

鉄骨剥き出しの階段に一度衝突してから
地面に落ちたらしく、血の量が物凄かった。
初めて見る遺体は、普段見慣れている筈の人間の形なのだが、
明らかに違う物体と化していた。

どうやらこのマンションの住人ではなかったらしい。
次の日、学校ではこの話で持ち切りだった。
どんな悲劇も、子供の前ではその好奇心を満たす為の
「ネタ」になってしまうよね、
とても不謹慎かつ悲しい事だけれども。

だが、悲劇はそれでは終わらなかったんだ。
またしても尋常ではない騒ぎ、下で止まるサイレンの音。

集まった人達の視線の先に、
あらぬ方向に曲がった手足を持った
「人の形をした物」が横たわっていた。

先程書いた出来事の、翌週の日曜日…
同じ曜日、同じ時間、同じ場所…

亡き母を追って、娘さんの後追いだった。
聞いた話では、俺とそんなに歳の変わらない方だったらしい。

詳細を聞いたのは後日の学校でだったが、
その時何とも言い様のない気分になり、俺は泣いた。

この時の出来事は俺の心に相当衝撃を与えたらしく、
今でも鮮明に脳裏に焼き付いている。
真っ赤な水溜まり…
あらぬ方向へ曲がった手足…

そして、コンクリートの上に広がった赤い液体を、
一人デッキブラシで掃除する管理人さん…

ほんのりと怖い話スレ その54
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1232762166/

引用元:だいたいオカルトです。

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます