44583_4

508 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 20:06:03.04 ID:sWPhw5Dx0

妹が山の何かに連れてかれそうになった話

誰か聞いてくれる?

 

509 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 20:07:30.94 ID:MlPWYpxa0

>>508

聞かせてくれ

 

 

510 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 20:15:49.76 ID:sWPhw5Dx0

関東在住で親の実家が東北の山の中

お盆には両親と俺と妹で帰省していた

で、妹は小さい頃は霊媒体質だった

関東では特に問題は無かったが田舎に行くと酷い

気を抜くと、どんどん山の方へ行こうとする

好奇心とかでは無くて、明らかに様子がおかしかった

 

ごめん、勢いだったから書きためて無いけど続けて良い?

 

 

512 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 20:24:18.82 ID:sWPhw5Dx0

ありがとう、続ける

 

一番に怖かったのは川での出来事

父と叔父と俺と妹が家の近くの川で水着で遊んでいた

魚を捕ったり水を掛け合ったり少し深い場所で泳いだり

ふと気付くと妹が深い場所へ足を進めていた

叔父が気づいて妹の傍へ行ってくれたから

溺れたりはしなかった

妹は胸くらいの水深の場所で止まって、じっと山を見ていた

叔父が話かけても、あまり反応しない

 

続く

 

 

514 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 20:32:27.94 ID:sWPhw5Dx0

続き

 

俺は俺で妹を見ながら

ああ、妹がお山に連れてかれるって思いながら妹を見ていた

何故か妹がオカしくなると

俺もオカしくなって上記の考えが浮かぶ

俺の傍には父がいたらしいが、

俺もあまり反応しなかったらしい

 

で、俺は妹がお山に連れてかれるって分かってるんだけど、

それを誰かに言えない

別に身体が動かなくなったり声が出せなくなる訳ではないが

何故か妹を連れ戻そうとか誰かに言おうという気になれない

 

続く

 

 

515 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 20:53:18.31 ID:sWPhw5Dx0

続き

 

心配した叔父が妹を抱きあげて川から出ると

妹が火のついたように泣きだした

それで俺も大丈夫だと安堵して、普通に動けるようになった

何が怖かったって言われたら終わりだけど、

その場の空気とかも明らかに違ったし

俺は本当に怖くて未だに思いだすと鳥肌が立つ

 

で、そのお山なんだけど、

俺は悪いものでな無いっていう確信を持っていた

どうしてか分からないが、

凄く神聖で人間が関わっては駄目なものって感じた

これも当時は何故か

誰かに伝えようっていう気にはなれずにいた

 

続く

 

 

516 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 20:56:51.69 ID:sWPhw5Dx0

続き

 

ちなみに、妹が田舎でオカしくなるのは

デフォだったから必ず大人が近くにいた

そのお陰で大事に至ったことは無いけど、楽観する家系で

七歳の七五三をやったら治るんじゃね?

ってことで様子をみることに

それでも駄目だったらお祓いか病院って話だった

 

まあ、それが的中して年を重ねるごとに

様子がオカしくなることも減って

小学校低学年を抜けた辺りから、完全にそれが無くなった

俺もその頃から、お山が妹をって思うことも無くなったし、

それを普通に話せるようになったから書き込みしてる

 

上手く書けなくて申し訳ない、これで終わりです

 

 

518 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 21:57:33.85 ID:XrNS7onF0

Oh! ガクブル…

 

妹さんには何が見えていたんだろう…。

 

 

519 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 22:10:22.85 ID:sWPhw5Dx0

見えてはいなかったらしい

ただ山に行こうとしてただけで

我に帰ったら記憶が曖昧になってたけど

 

 

520 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 22:31:14.00 ID:XrNS7onF0

山の神さまに好かれていたのかねえ。

 

あと、七歳の七五三過ぎたらというのが印象深いですね。

昔は、「子供は七歳までは神の内」、と言ったもんですし。

 

 

526 :本当にあった怖い名無し:2012/09/29(土) 17:37:08.01 ID:f1TZr3YI0

508です

お山の話から少しそれるかもしれないが、もう1つ

特に深い信仰心とか無かった俺

でも、妹が連れてかれそうになった時

俺を連れて行って良いから妹は連れて行かないでと祈ってた

まあ、それは叶わなかったみたいだが

 

問題は祖母が亡くなった時の出来事

病気で危篤状態に陥った祖母

ある親戚が祖母の最後に間に合わないかもとの連絡が入った

その親戚が祖母を大事にしてたのを知っていたから祈った

俺の寿命を何年か取って良いから、

もう少し祖母を長生きさせて下さいって

結果を言うと、叶った

人工呼吸器を付けてた人が粥を食える程度まで

親戚は最後に会えて会話も出来たし、

祖母は数ヵ月後に眠るように亡くなった

 

偶然かも知れないし、

お山か他の神様が叶えてくれたのかもしれない

ただ何かが俺の願いを叶えてくれたのなら

俺は寿命を何年か取られてるかもしれない訳で

後悔はしていないし、長生きするつもりだから良いけど、

ちょっと怖い

 

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part64∧∧

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1345167294/

引用元:だいたいオカルトです。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます