maxresdefault

小学校の頃、一時期妙な夢を見るようになった。
夢の内容は、妙なやつ(スレンダーマンみたいな、全身黒ずくめの痩躯長身の男)が、少し離れたところから自分をずっと付け回してくるというもの。

始めはそこまで怖いとは思わなかったんだが、気づいたらこの夢ばかり何度も繰り返して見るようになってしまい、流石に気味が悪くなって両親に相談した。

話を聞いた両親は寝る部屋や布団を変えたりしてくれたが効果はなかった。

毎日ではないものの、数日に一度は必ずこの夢を見た。
さらに、夢の中の男がだんだん距離を詰めてきている感じがして、寝るのが怖くなってきていた。

そんな時に、同居してた父方の祖母が自分のこと心配したのか、「一緒に仏様を拝もう」って言ってきた。
家の仏間は狭いし薄暗いからあまり入りたくなかったんだが、他に方法思いつかないし、祖母も一緒ならいいかと思って、夜寝る前に仏壇に手を合わせることにした。

拝むようにしてから数日後、夢を見た。
何もない、幅の広い道路を自分は歩いている。振り向くとあの男が少し後ろにいる。
そして自分が少し歩くとその男はつかず離れずついてくる。
そんな調子で道をずっと歩き続ける。

そこまではいつもの夢と一緒だった。

だが、突如後方から車が来た。
タクシーだった。

自分はこのタクシーに乗せてもらおうと手を挙げた。
しかしタクシーは止まらず、むしろ速度を上げて突っ込んできた。
そしてタクシーは後ろの男を豪快に跳ね飛ばしたあと、自分の前方に止まった。

その後タクシー運転手のおっちゃんが降りてきて、その男をトランクに放り込むと、そのままタクシーはUターンして来たほうへ戻っていった。
車から降りてきた時に一瞬おっちゃんの顔が見えた。
滅茶苦茶怒っているような、それとも泣きそうなのか、よくわからん険しい表情をしていた。

これ以来、以上の悪夢をぶり返すことはなかった。
あまりに突飛というか、ギャグチックな結末だったので、両親や祖母には「嫌な夢を見なくなった」とだけ伝えた。
なんつーか、笑われるのが嫌だったんだと思う。
ここまでが小学生の時の話。

中学の時、家を引っ越すことになり、家族総出で茶棚やら押入れやら箪笥やら整理していたところ、古いアルバムを見つけた。

若いころの祖父母のものだった。

祖父は自分が幼稚園に入る前に亡くなっている。
孫や息子の嫁(自分の母)にはすごく優しかったものの、結構我儘なうえ喧嘩っ早い人だったらしい。
病気がちだった晩年も、禁煙禁酒を勧める父や祖母と喧嘩ばかりしていたらしく、特に祖母は亡くなった後も祖父のこと話題に出したがらなかったので自分もあまり聞かないでいた。

だからそのアルバム見るまで、祖父が若い頃タクシーの運転手やってたことなんて知らなかった。

その日に小学生の時の夢の本当のオチを、祖父を引き合いに出しながら祖母と両親に語った。
偶然かもしれないけどさ、祖父が見守っててくれたみたいでなんだかすごく嬉しくなったんだよ。

母は、祖父はさすがに人身事故は起こしてないよと苦笑いを浮かべてた。

祖母は、「あの人本当に○○(自分)のこと可愛がってたからねぇ、だからなおさら自分の体もっと労わって欲しかったんだけど・・・」って言ってた。

父は鼻で笑ってたけど、翌朝仏間を覗いたら仏壇に父の煙草と缶ビールが供えてあるのが見えた。

現在は実家離れて一人暮らししているけど、帰省した時と実家出る時には毎回仏壇拝むようにしている。

もちろん、曲がりなりにもタクシー運転手やってた人間が相手を跳ね飛ばすとか流石に・・・と思わないでもないのだが、祖母曰く「若いころはかなりヤンチャだった」らしいので、死んでいろいろリミッター外れた結果ああなったのかな、と勝手に解釈している。

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます