c993bf63-s
祖母は乳癌で闘病してたのですが亡くなる2日前、私の母(末娘です)に

言付けをしてたらしいのです。

うちは代々氏子総代で、運営管理もしてたのですが、その業務を
『必ずうちの家系の女性がやらなければいけないので、お前(母)か伯母達の

誰かにして欲しい』とのことです。

うちは大阪なので遠いから無理と答え、姉達(伯母たち)に通夜の時に相談しても、
親戚のなかでも一番近い人も難しい・と

返答が有り、結局お母さん(祖母)の御願いは聞けてないのよ、と先日聞きました。
で、今日の話なんですが・用事でうちに来た従姉妹と話をしていた時、うちの母が
そういえば、と教えてくれたのが祖母が亡くなる前日にしていた話。母だけが病院に
いて御世話をしていたのですが、その時既に意識が薄れていた祖母が前触れも無く
目を覚まし、母に伝えた話が
「○子(母の名前)、祟りとか呪い、憑かれるってのは払えないのよ。一旦離れても
決して縁が切れる訳じゃないの。だから祀りなさい」
昔、内の田舎で何が有ったのか。母も今残った親戚も何も知らないのよ、と。

引用元:心霊-都市伝説ナビ-

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます