eye

“生きてる”鳥居と“死んでる”鳥居が分かる幼馴染がいると語る報告者。今でもその能力があるのかと、幼馴染を連れて二か所ほど神社に行き、鳥居をくぐらせてみたそうなのですが――(おうまがタイムズ)

871
俺は田舎から越してきた社会人で、一人暮らししてる
んで幼なじみの子がこないだ遊びに来たんだ
昔から一つだけ特殊な子で神社の鳥居をくぐるとその鳥居が
゛生きてる゛か゛氏んでる゛かがわかるんだって
感覚らしく俺や他の友達にはさっぱりだったけどねんで今でもその感覚あるのか聞いたらあるって言うから、
出掛けるついでに神社の側を通って鳥居くぐらせてみた
最も二カ所だけだけど、一つは゛氏んでる゛らしかった
どっちの神社も傍目には同じだから俺にはさっぱりだったんだけどな

872
そもそも゛生きてる゛か゛氏んでる゛かわかっても別に特別何かがわかるわけでもないそうな
別にお互い特別なオカルト好きでもないからその話題もその辺で買い物終えて帰ろうとしたんだ怖かったのはここから
俺のアパートって山の上なんだが、少し階段キツいけど近道があるからそこから行こうって誘って、その道にさしかかったところその子の足が止まった
ホントに急だった
その子だけに見えない壁があるんじゃないかって思ったほど

どうしたのか聞いたら

「え?なんで…え…?」

って困惑しながらすごい不安げな表情でキョロキョロし始めた

「やだ…ここ、すごいやだ…」

って逃げるように後ずさった
どうしたんだよって再度聞いたら

「だってここ…鳥居がいる…」

って言うんだ

875
それを聞いて何だかゾクッとした
鳥居が゛ある゛とか゛見える゛とかじゃなくて゛いる゛って言葉が妙にリアルだった結局、その道は使わずに家に帰った
それからは別になにもない
その子も何事もなく帰った
冒頭にも書いたが俺自身は何も見てないし感じてない
ただその子の嫌がる姿はマジに見えた

んで、俺は仕事でヘルパーやってるんだけど、爺ちゃんと道を歩いてる時に例の鳥居が゛いた゛場所に近づいたから昔ここに神社とかあったのって聞いたらあったらしい
元々回りくどい話し方する爺ちゃんだけにいまいち要領を得なかったが、土砂災害かなんかで神社が崩れた事があり、今後の安全面も考えて場所を移して再建したんだとか
幼なじみが嫌がったすぐそばに鳥居もあったらしい
もちろん、再建した神社はすぐ近所
そしてその神社の鳥居は先に幼なじみが゛氏んでる゛と言っていたものだ

今あるのに゛氏んでる゛と言われた鳥居
今は存在しないのに゛いる゛と言われた過去の鳥居
何の関係もない、偶然、たまたま、そんな程度のことだと思う
でもそういう場面に遭遇するとやっぱ興奮(?)しちゃうな
それで書き込んだ
ほんのりと楽しんでもらえたらいいなと思う
長文に付き合ってくれてありがとう

880
鳥居って死者の通り道でもあるらしいね。
街中でこっそり赤色で鳥居のマーク書いてるところも有りますからね・・・
894
>>880
赤い鳥居は生きている人間しか通っちゃいけないらしい。(もちろん神様は別として)
氏んだ人は白い鳥居をくぐってあの世への入り口に入っていくんだって。
895
>>894
いあw
ペンキかなんかで書いてある奴なんですわw
897
ついでに、ごく稀に家の中でも書いてるところもあって
友達の家なんだけど、そんなもの今まで見たこと無かったし気になって聞いたんだ。
夜な夜な人らしきものが壁の前で立ってたらしい。最初は気のせいだとほっておいたらしいのだが
数ヶ月したら人らしきものの数が増えて行って、5軒ほど隣が神社だったから相談したら霊道と思われるとの事で、
霊道の印として赤色で神社のマークを書きなさいと言われたんだって。
書いてから人らしきものを見なくなったって言ってた。
それから引っ越すときに実家解体した時に外壁と内壁の間にでっかい神社マーク書いてて
解体業の人も「でっかい霊道ですね」なんて言ってたw
902
>>897
>>894からすると、
「赤い鳥居」だから
亡くなったヒトは通っちゃ駄目、って記したってことだよね。
898
>>897
んな所にだれが書いたのよ?
904
>>898
家建てた父親が神主さんに言われて書いたって。
もともと家を建てる前にその鳥居マーク書いてた所に家建てたから、書いた方が良いとの事で
書かなかったら、その場所で霊?が停滞するか別の所に霊道作るって言われ、他人に迷惑かけれないと目立たない所に書いたと言ってた。白い鳥居や黒い鳥居もあるけど歴史的に新しいと聞いたよ。
使われ始めたの明治ぐらいからっぽい。

905
>>904
ごめん、書き方がイマイチだった。
白い鳥居っていうか、白い石で造られた鳥居だった。
そこをくぐると浅くて小さな川があって、橋を渡るとあの世へ通じる道があるんだと。現存しない(生きてる人間には見えない)鳥居らしい。

884
>>875
その山の上の鳥居がいる場所は生きてたの?
888
>>880
あれは立ちション封じのためだって聞いてそれを信じてるww
あれに対しての生死の判断が出来るのかはわからない>>884
山の上には昔に神社があって、鳥居はそこに行くための階段の始まるところにあったらしい
゛いる゛って言い方だから゛生きてる゛ってことなんだろうな
あまりいい顔してなかったから話題には触れなかった

つか、よく山の上に神社があるってわかったな…
文章にするのがめんどかったから神社に関しては省いてたんだけど、あの文章でわかったか?
なんかそのことが怖いわww

889
>>888
幼馴染は鳥居がないのに「いる」と感じるのが怖かったのかな?
普段「氏んでる」「生きてる」とだけ感じることは平気で、その時だけどうして嫌だったんだろ?ほんのりで面白かった、ありがとう。

903
>>889
楽しんでもらえたならよかった
俺自身はあんまし体験しないからさ本人曰わく普段感じる気配(?)みたいのが異様に強くて、それが見えないだけに余計に怖かったとか
聞けたのはそれぐらい
ただ、怯えてたその子の視線は上にあったから、勝手に想像するなら鳥居に見下ろされるような感じだったのかもな
答えになってなくて失礼

引用元:おうまがタイムズ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます