eye

【職業のオカルトな裏話】その道の人しか知らない怖い体験談や裏事情 その1http://www.oumaga-times.com/archives/1066592238.html

あなたの職種はなんですか?
過去にどんな仕事やバイトなどをしましたか?

その道の人しか知らない、怖い体験談や裏事情等を書き込むスレでございます。

 

8
以前ホテル勤務でしたが、絵の裏にお札を貼るとですね、見る人がいるんです。
で、部屋を替えろとおっしゃるので、・引き出しの裏
・引き出しの中(上部)
・カーテンレールの裏
・クローゼットの扉の裏
・冷蔵庫の入っている部分の棚の上部。

などに貼っておりましたよ。

9
そこまでしても
やっぱ貼らないとまずかったの?
10

事故(事件、怪我、死亡など)があった部屋には、出ようと出まいと貼ります。保険みたいなもんです。

14
普通に自宅は建築時に菩提寺に地鎮祭&祈祷をして貰ったから、
解体すりゃ大黒柱や家の四方やらにお札が出てくると思う。
別に何かがでてくるから。じゃなくてもお札は貼っている場合はあると思うよ。
16
病院の夜勤中の見回りで痴呆のばあさんが、「あなたの後ろに男性が」
いないよ、となだめて退散2日後の日勤中の回診の時、「この看護婦さんがこの間、夜、男性といた」
あたしはよく覚えてたなと感心と、恐さだけだったが院長は「夜勤に男連れ込むな」
私「違うんです。幽霊か幻です。彼氏もいないのに」
なんでこんな目に
32

大して怖くもない話ですが、雑談として聞いてね。

知り合いの某タクシー社長談。(当時300台所有)
・ある時県知事から食事の招待があった。何にも雑談ばかりで実のある話は無い
でもピンと来た、もう直ぐ選挙でした。協会として応援体制を取りました。
その知事は後日総理になりました。今は陶芸家らしい。

・前の協会長が相当なお年なのに辞めそうにない。 そこで必殺の落とし言葉で攻めた。
「花輪が良いか?それとも勲章が良いか?」
判る? このままならば葬儀の時の花輪しか挙げられないが引退するならば
政治力で勲章を申請して貰ってやろう、だから引退しなさい。と言ったのさ。結果は目出度く。

・タクシーの経営で困るのは運転手に前とか元経営者の経験で経理に詳しいのが
多いのです。 車の値段も燃料の値段も賃金も制服の値段も判る。だから労働争議が多発する。
運転手代表「3000万円余っているはずだ!」
社長「3000万円あると言うならその金を目の前に出してくれ」・・こんな不毛の問答があるそうな。W

33
>>32
ぐぐったら誰のことなのかは分かった。
そこから調べりゃこの話の登場人物の後追いってできるんじゃね?
38
>>33
もう関係者は全員他の世界へ旅たちました。
だからもういいと。
おっと陶芸家は現役ですが選挙違反じゃないし
大昔の時効の話です。しかし、その社長は宴会の度に喋りまくっていたから、他の世界で
話題にしてくれたと嬉しがっているよ。きっと!

37
医学・衛生系大学に出入りしていた頃の話。
漏れは理学系出身なので、医療関係の人には常識かもしれないけどね。学生実習室。まあ普通の理科の実験室です。
ふだんは学生が実験台に寝そべって痛覚(痛点?)の実験とかしています。
自分がいつもの機械を使うために入ったら
学生さんが4人一組ずつで談笑しながら脳味噌をばらしてました。
解剖実習室ならわかるんだけど。普通の実験室だよ。
しかも、手袋とかワイパー(ティッシュみたいなもの)そこらへんのゴミ箱に捨てて。
実験台も拭かないし。なんかプリオンとか病原体が怖い。

別の話。
研究棟に、風流にもお香の匂いが漂っている。
匂いを辿っていったら「法医学教室」でした。
ドアの前の黒板に「○月×日○○港で発見。見学希望者は申し出ること。」
線香だったのかよ。

43

知り合いの地下鉄運転手から聞いた話だが、飛び込み自サツ者の中に笑みを浮かべながら飛び込む人が以外と多いらしい。「やっと氏ねる」みたいな感情からだろうと思うが、目が合うこともあるらしく罪悪感に蝕まれやめていく新人もいるとのこと

63

怖くもないオカネタでも一つ。

俺はフリーランスプログラマーで昨年、地元の会社で作業をしていた。
その時にどう考えても誰もいないのに作業部屋を何者かが覗きにきたり、
作業部屋の前をウロウロしている人がいる。
ただ何か悪意があったり俺に対する念を持って訴えているのではなく、
普通に仕事をしているかのごとくその辺をウロウロしているだけ。

そんな時に社員の人に「ここって出るんだよね」「夜中まで残業をしていると、 誰かが壁をガンガンぶん殴っているんだよ」とのこと。
向こうはこっちが驚くのを楽しみにしていた節があったようだけど、
既に誰かがいるのは見えていたし。
そもそも「いま。直ぐそこにいるよ。」とも言えなかったし。

そりゃそうだろ。ここは昔から地元にある有名企業の分社で、
親会社は長い歴史と業務内容から新聞やらニュースで報道されるもの、
もみ消しにあって表沙汰にならない事故や自サツが相当数おきている。

まぁ。霊よりも霊が出てくるような深夜まで日常的に残業が繰り返され、
肉体的、精神的な負傷者続出が常識的な職場の方が怖いのだが。w

64

第二弾

二年前。当時はまだサラリーマンで、63と同じ親会社の別の会社に派遣で仕事をしていた。
その会社は親会社に近い場所にあって敷地内ではなかった。

ある時。プログラマーの常で24時近くなっても多くのメンバーが残業していたのだが、
俺に「あのーAさんはどこに言ったの?」と言う声が掛かった。
Aさんと言うのは俺と一緒に派遣で来ている人で俺の上司役の人だった。

でもその人は私用でその日に限って数時間前に帰宅していた。
「どうしたの?今日は数時間前に帰宅しているけど急用?」と聞くと、
「えっ。だっていま俺の後ろに立っていて話をしていたよ。。。」
話を聞くとその人と同じ列(つまり背中を向けている)人は全員声を聞いていたと言う。
(その時は正面を向いている席の人は全員帰宅していた。)

心配になり本人に電話をしてみたけど普通に自宅で寝る準備をしていたとのこと。
1人だけなら何かの聞き間違えもあるかも知れないけど、
複数の人が一斉に聴いたっているのは。。。なぜ?

65

第三弾 その1

二十歳から10年間勤めていた首都圏にある会社でのこと。
俺が入社した年には部署は違うが同じ事業所に俺を含めて3人が配属された。

そのうちの1人が退職。退職後は新しい会社で順調に仕事をしているとのこと。
そしてある日。保険屋のおばちゃんからそいつが氏んだことを聞かされた。
数日間の無断欠勤が続き、同僚が部屋を訪ねたところ郵便受けには郵便物がそのまま。
大家さんに連絡、鍵を開けて貰ったところ既に息絶えていたそうな。。。
死因は不明でいわゆる突然死だった。
そいつが退職からおよそ2年ほど経った頃の話。

もう1人も数年後に退職。仕事は派遣会社だったらしいが、派遣先に気に入られるほどの順調ぶり。
俺はと言うと対照的に体調を崩して野球にもいけず、休職して地元北海道で療養することになった。
そして俺は完全に体調を崩し会社を辞める為に、荷物を引き上げるため桜咲く季節に上京した。
お世話になった会社のみんなに、別れの挨拶をしている時に先輩に呼ばれて物陰に。。。
表情が異常に硬い先輩に違和感を感じて、身構えているとあいつが氏んだ。とのこと。

先の派遣先に気に入られ正社員になるよう勧められたが、更に上を目指したいとのことで、
別のプログラマーなら誰でも避けたい某分野のプログラミング会社に新たに派遣。
正月休みを過ぎても無断欠勤が続いたが普段の勤務態度から職場の上司も、
久々の休みで実家で羽を伸ばしているんだろう。と楽観的に考えていた。
しかし無断欠勤が更に続き、実家に連絡を取ったところ帰省していないとのこと。

慌てて会社の人がそいつの家に押しかけると、自らの命を絶っていたそうな。。。

これもそいつが退職からおよそ2年ほど経った頃の話。

66

第三弾 その2

地元に帰った俺。原因は鬱で休職半年の後に、
傷病手当に失業保険にヤフオクなどを駆使して生活費に治療費を工面して、
何とか投薬をしながらも過去の経歴を隠して地元の小さな会社に就職。
そして >>64 の会社に派遣での仕事が始まった。

毎日、仮眠程度での作業が続き心身ともになにがなんだか分からない状態。
でもやっとつかんだ仕事だけに何とか勤務を続けていたら強烈な頭痛が数日間。
脳内CTをとっても異常はなかったがそのうちに手足が痺れてくるようになり、
改めて検査をしてみると血液検査で正常項目の方が少ないほどの異常状態。

問答無用で即入院となったが、通院があと1日2日遅かったとしたら、
こん睡状態に陥ってそのまま最悪の状態になっていた、と医者に言われた。

その後も給料が安かったり激務だったりまともな生活は送ってはいないが、
どうにかこうにか日々の生活を送っている俺。

もしろん俺が緊急入院したもの退職してから2年ほど経った頃の話。

ちなみに最初の会社がらみで他にもオカ系の話はあるのでそれは追って。。。
って長文ばかりだから誰か読んでくれるのかな?

67

職業に関する怖い話ではあるがオカルト要素は無いな

68
読んでるよ。
要素無くても雰囲気あるよw
79

んじゃ職場的オカネタを。。。

65の最初に勤めた会社は医療関係会社の開発部門。
ところが人の出入りが激しくて俺が入社した頃には医療関係出身の人材は殆どいなかった。
でもお客からはそんなことは関係なく、当然、学術系の質問や問い合わせの連絡がやってくる。
そこで。その辺の本やらネットで調べた情報を元に対応。その情報を元に診断を進める病院。
普通に自分で医学書を読んで対応した方が確実だよ。って感じ?
有名な大学病院に総合病院の対応もしたな。

いま思うと怖いったりゃありゃしない。かなり命と直結な分野での話だったし。
あの当時は緊急事故での搬送先に知っている病院の名前が出てきたときには、
会社から緊急招集がかかってくるんじゃないかとガクブルだったよ。

そう言えば離島のドクターからのエマージェンシーコールでよっぽどパニックに陥ったのか、
過去の医療事故で患者をコロしかけた履歴を全て教えてくれたりしたこともあったよ。

80
で。仕事から患者さんの血液を研究資料として貰ってきて扱うこともある。
一応、専用の場所は決めているものの、単に長机の一角をダンボールで区切って、
ビニールシートを机の上に貼り付けているだけ。血液をこぼしたりすると然るべき方法で消毒処置はするけど・・・一応ね。
で。その取り扱い場所の1mほど横にはパートさんの作業場所があって、
パートさんはそこで弁当を食っている。

たぶんフロア中に乾燥した血液の粉末が漂っていただろうね・・・いまも。
もし中には肝炎やらHIV感染の血液があったかも知れないし。
退職後にその辺を調べて陰性だったのは言うまでもないけど。

92

職場オカルトネタいいかな?

老人保健施設勤務だけど、そこに限って夜中に転倒などで入所者がケガをする居室がある。別に他の居室と間取りや照明に変わりはなく、理屈では説明不可能。ついたあだ名が「流血部屋」。

施設のあちこちで幽霊も出るらしい。ただし亡くなった利用者ではないとか。

180

ほんとのはなし。

医療・福祉関係の仕事。
私はいわゆる「現場」ではなく、専門職です(でも事務)。

今の職場は相当のどかではあるものの、土地としてはそんなに嫌な感じのする所ではないので
不思議な体験をしたことはありません。
私は見えませんし、多分聞こえないと思いますが、「ここ嫌だ」と感じることはあります。

以前の職場での話。
職場スペック
老人関係。
山奥。それも超山奥。近隣には有名な墓地公園がたくさんあり、
全国的にも有名すぎるオカスポもいくつかあります。
同じ敷地内に病院。精神科。
比較的古くからある精神科病院なので、詳しくは知りませんが非人権的な対応も
きっとたくさんあったと想像できます。

民家はありますが、見える景色は山とか森でコンビニすら車距離。
昼間は職員もたくさんいるのでなんてことない職場です。
残業がとても多い仕事でした。毎日9時10時。
職場に泊まることもたまにありました。

181

さて、事務所の人間は1人、また1人と帰宅して残っている職員は上階にいる夜勤スタッフだけ。

同期で仲のいいリハスタッフがいて、よく私の車で一緒に帰っていました。
彼女は上のフロアーで夜勤スタッフのお手伝い。私は事務所でぽつんと記録作業。
と、「コンコン」とかすかにノックの音がする。最初は気のせいかなぁと思って作業をしてました。

「コンコン・・・・・コンコン・・・・・・・・・・コンコン・・コンコン・・・」

しつけぇよ!
よくよく考えると、事務所出入り口は音がする辺りよりも奥。
だいたい、こんな遅くに事務所に用事があるのは夜勤スタッフだけだからノックなんかしない。
事務所内には仕切りの壁があったんですが、どうもそこから音がする。

「コンコン・・・・・コンコン・・・・・・」

即リハスタッフに内線。(この子はよく見える人)
「すぐ事務所来てくぁwせdrftgyふじこlp;@」

「すぐ行くから」と、彼女と休憩中の職員が下りてきました。
音はやんだけど、彼女は「今日はあんまいい感じしないかも・・・」とか言うし
もう仕事とかどうでもいいし怖いので、この日は帰りました。

1年半ほど勤めてましたが、壁ノックはこの時だけ。

・・・ノックはね。

183
海外の話なんだけど「アホウドリは海で氏んだ船乗りの魂が乗り移っている
だから船の後を何百マイル、何千マイルと着いてくるんだ。アホウドリに悪さを
すると災いが起こるので虐めてはいけない」と言われています。
これはセイル・ホーという本の中で紹介されている話。著者は初代クイーンエリザベス号船長
ジェームス・ビセットあと日本の漁師の間ではウミガメ虐めるとよくないってのがあるらしい。
延縄漁業で稀に間違ってウミガメが釣れてしまうことがあるらしい。
釣り上げられたウミガメは日本酒をたらふく飲ませて逃がすらしいよ。
理由はよく分からないんだけどね。

745
>>183
自分の母親が、経営難で潰れた水族館から
海亀を海に放した時、日本酒を呑ませてから
放した言う話を昔から何度も聞いてた。
何故、日本酒を呑ませるのかずーっと疑問だったんだよね。スレ違いも甚だしいんだけど、誰か知らないか?

579
>>183
それはね 海ガメが目を廻して後からついてこないようにする為なんだよ
(つまり陸に上がらないようにする為)
浦島太郎でもそうだけど、亀は人をどこかに連れていっちゃうからね
597
>>579の話に深く納得
亀は人さらいだったのか
228

某医療系の専修学校で事務のバイトをしていた時の話。

上の方でも医療系だと検体の管理が適当って話がありましたが、ここでもそうで…
実習に使う為の検体(人間の臓器・冷凍保管)が、給湯室で何気に解凍されてたりしました

そんな環境なのでオカルト現象も多発しており…お祓いも検討されていたようですが、
「ほぼ全て輸入された検体で日本人ではない」ので、お坊さんを呼んでも効果ないかもなーって
話で、私が働いてる間には実行される事はありませんでした。

229
>>228
あ~それでひとつ思い出した…。直接228さんの話とは関係ないんだけど。
自分は彫刻やってる。二十年くらい前の話になるかな。昔、骨格標本を扱って勉強したんだけど、
その標本の体と頭(頭蓋骨)の色が違ってて、
「なんでコレ、色が違うの?」と尋ねたら、
「体と頭は違う人だから」
「へ?なんで?」
「こういう標本は標準的なかたちにしないと意味が無いから、いいとこ取りして組むんだよ」
てなことがありました。
それは’70年代や’80年代にインド辺りから輸入されていたものなんだそうです。
彫刻としては、骨は白人のものがベストでインド人は分類上は白人になる。
インドでは、氏んで後、お金にするために輸出していたんだそうで。

今は人権問題とかでそういう「骨だけ」の輸入はないそうですが…。当時はいやな気分でした。
…今は樹脂製の標本とかがありますから、これで勉強はしない、と思います。
(自分たちがそういう模型の原型を造るために「本物で」勉強したわけです。)

文化的な仕事の中でこれですから、医療的なことであれば、何でもアリなんでしょうね。

242
よくダム工事で何人氏んだとか聞いたことあるでしょ
あれ実はね事故死ではないんですよ
親方が突き飛ばすの勘定日が近くなったらね
なるべく独り者を・・・
245
>>242
それは漁船でも……うわ、なにを、
漁労長…携帯が落ち……
え~っ、俺?!!!!バシャ〃´´

246
>>245
いやいや
ないからww
どの職場でも事故や死人が出たらとてつもないくらい苦労するよ
247
>>246
本当は、重大事故になったら、
連日関係者全員が別々に海上保安庁に呼ばれて、
事情聴取されるから、
やましい事が無くても、全員の話の整合性をとるのは難しいので、
本当に大変だよ。
244
元土方の友達が言うには親方が突き飛ばすようなことは無いって言ってたぞ。
ただし高層ビルとか大量にコンクリを流し込むような現場の場合には、
そのうちの何日間かは早い時間に帰されることがあるらしい。なのに翌日にはきっちりとコンクリートが流し込まれた状態に。。。
ガタイの良い紋々背負った妖精さんが夜の間に手伝ってくれるんだってさw
幾つかそう言ったビルの所在地を聞いたけど、
もし偽装マンションがその中にあったににゃ。。。ねぇ。
解体してみたら中から人が。。。

249

人間に一人を完全に埋め込むってのも、意外に大変じゃないのかな?

工事が終わった後の検査(超音波でも使うんかな?)で、壁の中に隙間ができてるっぽいってんで
掘り返したら野良犬の死骸がでてきた事があった。
どこで混入したのかは全くもって不明だけど、人間より遥かに小さい犬の死骸でも検査で発見されちゃうくらいですし

250
>>249
へぇ~、そうなんだー。
やっぱりちゃんとそう言うの検査してるんだね。
258
私は個人でピアノ教師をやっていて、自宅や生徒の家で教えることが多いんだけど
ホールなんかにある小さなレッスン室で教えるときも時々ある。
いろんな場所に行ったけど、ピアノを弾くと必ず、指が無くなる夢を見る部屋があった。
夢の中でピアノを弾いていると、根本からごっそり指が落ちていく。
かなりリアルで気持ちが悪い夢だった。
生徒が違っても皆必ずその夢を見るみたいで、そのレッスン室は最近使ってない。
なんでなのか未だに気になる、不思議な話。
260
>>258
いわくありげ
261
>>258 その夢の原因ってレッスン室じゃなくてその部屋のピアノのほうかも?
中古ピアノの可能性はありませんか?
265
>>261
中古か新品かはわからないです。
市や区が管理しているような小さなホールでしたので、もしかしたら中古かも知れませんね。
まあ夢を見るだけで、実際指をなくした子供もいなですし、特に実害は無いのですが…
278

高校の教師やってますが、オカルトなことはあまりないです。

唯一あったのが、テスト中に「先生、先生~」とどこかから呼びかけられたけど、
誰ひとりそんな発言をしていなかったことかなあ。

小学校教員の友人は、よく出る学校に勤務しているらしいですが。

280
>>278
他の生徒さん達にも聞こえたのかな?
もし自分だけだったら、幻覚の可能性もありますよね。いつもいつも呼ばれてると
疲れてるときなんか聞こえる気しますよね。
自分だけじゃなかったら、オカルトかもですね。集団ヒステリーなんかそうそう起きない
と思うし。その教室で他の人に起こったオカルトなんかありますか?
高校の先生なら、究明して頂きたい気もします。
282
>>280
教室にいた他の生徒何人かからも、「誰かが先生呼んでたよね」と言われました。特に怖いという感じもせず、「幽霊だ!」とも思いませんでした。
何だか変なの、と思った程度です。

同じ教室ではありませんが、同僚や先輩の先生の中にも同じような体験をしている方がいました。

建物の構造上の関係なのかと考えたりもしますが、結局よくわからないままです。

283
>小学校教員の友人は、よく出る学校に勤務しているらしいですが。
昔の小学校は、拾い土地を確保するため、墓地を整備しなおした所が多いから・・・それから、まだ神経系統が未発達な少年少女は、錯覚、空耳を良く起すし、
そこに思春期特有の不安定さが加わって、「よくみる」のも事実らしい。

284

職業に関することなのかは微妙だけど自分の体験

広告代理店に入り立ての頃、
まだ仕事に慣れていないため要領の悪い自分はしょっちゅう会社に泊まってた
終電が無くなる時間には事務所に自分一人だけになる

12時をすぎたあたりから、事務所のあちこちで「ゴト」「コン、コン」「バン」など物音がし始める
机にある書類が拾っても拾っても床に落ちる
ひどいときは、積んである段ボールが崩れたり、FAXがピーピーいったり
最初はものすごく怖かったけど、1ヶ月もしたら馴れてしまった

ある時、また一人で泊まり込んで仕事をしているときに
使っている書類を何度も落とされたので、イライラして
「今、忙しいからちょっと静かにしててくれる?」って言ったら
仕事が終わるまでピタッといたずらが止まった

以前からなんだか子どもっぽい雰囲気を感じていたんだけど
この一件でもしかしたら本当に子どもだったのかな?と思った

1年後にこの事務所は引っ越すことになったんだけど、一度だけ小さな影みたいなものを
事務所の入り口で見た気がする

もちろん、同じフロアの会社の人の中にも同じ体験をした人が何人もいて
そのうちの何人かの人はやっぱり子どもじゃないかって言ってた

いまでのあの子はいたずらして遊んでいるのかな~とたまに思い出す

286

AA

285
>>284
素直な幽霊だね
289

なんで霊って、機械類に干渉できるの?

カメラの動作不具とかモニターのオンオフとか
いろいろ便利に動かせすぎではないか。

霊を見える人は、実際 霊が機器類になにやら
ちょっかい出してる姿とか、見えるもんなのかね?

293
>>289
某教授がプラズマプラズマって騒いでますけどあながち間違いじゃないと思うんですよね
人間って電気信号のかたまりじゃないですか?
氏んだ後に何か残っても不思議じゃないと思うんですよ
機械類に干渉できるのもそのせいじゃないかと
何か電子的な存在だと思います
299
>>289
あ、意外と鋭い質問かも。
霊視もしますし、他スレで単騎突撃やオフ参加もしてる人間ですが、
割と見かけますね<電子機器へのイタズラまず言いたいのは、「操作」は全くしていないです。
私の見た限り、その様な仕草をみせた霊は一人もいないですね。
では何をしてるかと言うと、触ってるだけ。
時間的には一瞬しか触れないし、触り方もほんの軽くな感じ。
人間霊なら軽く引っ掻くor手をかざす程度の仕草をした瞬間に、
動物霊なら機械をかすめる様に飛び回った(体当たり?)した瞬間に異常が出ます。

オフ会でよくデジカメや照明が霊にやられるのですが、
撮影者は意外にも「何故?」や「何をされた?」等と
疑問に思ったりはしないみたいです。
まるで『霊が機械異常を起こす=常識』みたいな。
この話題を他人に話すのは生まれて初めてかも。

長々とスレ違い失礼。

300
なるほど…。
つまり霊が電化製品に近づくと、電気系統がエラーを起こすわけですな。
霊自身は、自分が近づくとエラーが起こるのをわかってて、電化製品に近づいているんだろうか…?
上で出ていた子どもの霊っぽいのは、わかっててやってるようだが…。
302
>>299,300
非常に興味深いレポートです。
私が聞いたのは、スポット突撃なんかでビデオカメラなんかのバッテリーが満タンにも
かかわらず、すぐに殻になったりする事ですね。
霊は電気食ってそれをエネルギー変換して、音を出したりするのかも?と思います。
あと人間の恐怖心などを食う、って霊能力者がちらっと言ってたんですが、電気も食ってるのかも。
機械の故障は、放電してるから??
こういうのを科学的にスポットなどにたくさん出向いて、色々な実験をして、調査してるグループも
世界に色々いますよね。きちんと学問として認められればいいのに。
私はそういう研究すごく興味あるけど、やっぱ自分がやるのは怖いから、勇気ある人に頑張って欲しいです。
301

電気の話が出たので俺もひとつ。

あるビルで電源の切り替え工事をしていた。
休日で閑散としていたビルの中で
電気送電を一部遮断して行っていた。

電気が生きていると感電してしまうので
大きな声で確認していた。

「おーい、氏んでるか?」
「はい、氏んでいます」
「間違いないな」
「はい、ちゃんとコロしました」

ふと顔を上げると廊下を休日出勤らしいOLが
小走りに走っていく。

「氏んでるとかコロすとか大声で言うから 怖がってるじゃないか」といって笑っていた。

15分ぐらいあとのこと。
切り替え作業に熱中していると誰か背中をたたく。
振り向くとビル管の人と警官が2人。

OLが110番したらしい。
警察沙汰になったということで
あとで大問題になった。

303
>>301
ご当人にとっては笑いごとじゃないでしょうが、おかしい‥www
305
>>301
電気工事関連の隠語というわけですな。阪神大震災関連の本で読んだことある。
たしか震災の時は、シャレにならない隠語なので、その時は使用を控えたとか。
311
電気工事といえば、聞いた話だしホントかどうかわからないけど
超高圧電流がまだ流れてるのに近づいた人がいて
指先から鰹節みたいに裂けていったらしい
そんな氏に方いやだ
312
電気の話を見て思い出したんだが
俺の姉が働いてるホテルはよくエレベーターが誰も待ってる人が
いないのに、かってに止まる事がよくあるらしい。
しかもその階はいつも決まって10階。
なんでも昔その階の一室で一家心中があったらしい。
ほかにもその部屋に入ると
その日は部屋に誰も泊まってないのに物が動いてたり
デジタル時計の時間がずれてたりなんかするんで、
かなり気味悪がってたのを思い出した。
313
某家電量販店付属のおもちゃ屋で働いていたんだが…
クリスマス前とかになると平気で毎日深夜まで残業。
何度も店舗を駆け抜けていく足音を聞いたよ。
同僚はみんな視界に入っているのに。
他にも店舗を清掃に来た掃除屋さんがトイレに入るとき
「ああ、すいません。ちょっとあらわしてもらいますよー」
とかいってるんで、誰かいるのか聞いてみたら
「あ、お一人、違う人がいたんですよ」
って…ちなみに、おもちゃ屋は子供が集まるから
実は大人の方のほうが多いみたい。

315

パチ屋で働いてた者ですが、かなりの頻度ででましたね。閉店後、1~3時釘調整をしてると視界の隅に影が走ったり、頭上から巨大な顔だけの女性が覗いてたり。。アルバイトが言うには、某国人じゃないかという話

323
>>315
俺も昔バイトしてた頃、聞いた事ある。
釘調整してて何気なく横見たらフツーに女が立ってるから、
ビックリして「えあっ!!?」とかって声だしたら消えたみたいだけど。
317
電気関係で私も思い出した。
派遣で行った現場事務所の男性が
「俺あそこの配電室やなんだよな~」と。
何でもそこで亡くなった方の「人型の焼け焦げ」があるそうで。
335

医療関係者なので、病院に関する話を一つ。

学生の頃、臨床実習で産婦人科を回りました。
「実習の間に、お産に立ち合わせてもらいなさい」と、教授が仰り、
初産の妊婦さんの許可を得て、お産を見学させてもらうことになりました。
初産の場合、陣痛30時間までは安産と言われます。陣痛が始まって15時間。
まだ生まれるまでには時間がかかる様子でした。
「夜中になるかな?」と担当の先生が仰ったので、家には戻らず、
病棟の一角にある当直室で休み、ヤマ場になったら看護婦さんが起こしてくれることになりました。
夜2時頃、尿意を覚え、当直室から少し離れたトイレに向かいました。

スカートをひらひらさせ、廊下を楽しそうに走る、3歳程のかわいらしい女の子がいました。

336
トイレで、こんな時間に見舞いかぁ?と思い、次の瞬間、女の子が妙に現実離れした、
むしろ半透明だったことを思い出し、
「疲れてるんだな。幻覚だ。」と思うことにしました。
トイレから出ると、今度は6歳くらいの女の子が走っていました。幻覚を無視し、当直室に戻り、看護婦さんのコールを待ち、お産は無事終了しました。

後になって、これを知り合いの「そういうのを良く見る人」に話したところ、
「生まれて来られなかった子は、成長したくて姿を変えるんだよ。」
との答え。
産婦人科病棟ではアウス(中絶や子宮内容除去)が行われることもあり、
残念ながら、分娩中に亡くなってしまう子も存在します。
あの時見た女の子は「幻覚」ではなく、「生まれたかった子」だったのかな、
だとしたら今、どこを走っているんだろう。ふと、やりきれない気分になった出来事でした。

あと、良く都市伝説に出てくる「解剖用のご遺体をホルマリンに漬けるプール」や
「それを掻き回すバイト」なんつーのは実在しません。

338
昔働いていた病院で先輩に聞いた、私が入る前の話。
神経内科もある内科病棟だったんだけど、髄膜炎という名目で一人の女性が入った。
でも、検査では病気を示す値はほとんどでなかったらしい。目は完全にいっちゃってて、ずっとうなり続けていて言葉が通じない、たまにしゃべると
意味不明、点滴を引きちぎる、拘束の紐も引きちぎる、医者にも看護婦にも家族にも
噛みつく、夜中に遠吠えする、いきなり誰も追いつけないようなスピードで廊下を走り出す、
ベッドの上で、正座したままとんぼ返りをする、ともうむちゃくちゃ。

スタッフ全員、はっきりと口には出さないけれど、これはもう医者の領分ではないんじゃあ、と
感じていたそうだが、医局長だけが「あれは髄膜炎だよ」と言い張り、坊さんも祈祷師も呼ばれることなく治療を続けたそうだ。

で、ある日突然、文字通り憑き物が落ちたように正気に戻り、あっという間に退院していったらしい。
後日、病院に挨拶に来たところをちょうど私も見かけたんだけど、着物着た上品そうな奥様で、
ぜんぜん聞いてたような気配はなかった。

もしかしたら本当に髄膜炎で、治療が功を奏してよくなったのかもしれない。
でも、夜中にらんらんと光る目で「お前の背後に狐がおるぞ」と言われてしまった先輩は、
挨拶されても引きつった笑いしか返せなかったそうだ。

341

某食品工場勤務の設備担当の仕事をしています。

工場の設備の至る所に盛り塩があるんです。
霊感の強い先輩は狂う寸前まで逝って職場異動していきました。
強持てのトラックの運ちゃん方達が、何かに以上に怖がって、夜中は仲良く1箇所に集まってるんです。

霊感ってやつが無くてよかったと思う今日この頃。

342
高電設備の保安管理だと、受電部を見ると触りたくなるのは俺だけなんだろうか。
あそこは6600Vかかってるから触ったら本当に感電するのだろうか?実はなんとも無いんじゃないんだろうか?
とか思うっちゃうんだよね。
仕事がうまくいってない時とかは特に。
343
>>342
俺も同業なので同意するよ。
345
>>342
俺、小ちゃい頃に稼働中の扇風機のコードから線が見えてて、
触りたい欲求にかられて触って、ビシィッっと感電(微々たる程度)して
大泣きした思い出があるんだ。規模は違うが、確実に悪い結果になるからやめとけ。俺みたいに欲求に負けんな。

351
県道の補修現場で道を掘っていたら、地下からお地蔵さん3体がでてきた。
石に浮き彫りをした素朴な感じのお地蔵さんだった
事務所の年配の方の意見では、そういうものはできるだけその場において置くように
とのことだったので、お地蔵さんを洗って、道端において
ちょっとしたお供えなんかをしておいたのだが
そこに電柱を立てることになり、そのお地蔵さんを撤去した
で、お地蔵さんがでてきたその場所に電柱を立てたのだが工事後、そこでは年3回ほど人身事故が起こるようになった。
小さな事故はもっと多かった。
県道の拡張はニュータウン工事に絡むもので
ニュータウン工事と県道工事の両方に係わっていた土建屋が
ニュータウンの開発屋さんに、あそこでは地蔵さんがでてきて
こうこうという事があって・・・と話をしたところ、開発屋が色々と調べて
そのニュータウンが昔の小さな山城というか砦の跡で、落城後に
お地蔵さんが出てきたあたりで何人か処刑されたらしいということがわかった、

ニュータウンは元の地形がわからないぐらい造成されて、洒落た雰囲気だが
公園の隅っこに、今はそのお地蔵さんが安置されています。

>>342
高圧のBUSバー 盤工場で触ってみましたが、
あのひやっとした感じを、もう一度試してみたいとおもいませんか
たとえ高圧電流が流れているとわかっていても

358
>>351
三体の地蔵尊がおなじ造作だったのなら、
あと三体埋まっている可能性が…
地蔵尊は単体か、でなければ六体一揃いが一般的ですから…。
362
>>358
6体あったお地蔵さんを3体撤去したから、
年3回事故が起こるのかな?
357
私の職業に関する話じゃないんだけど小説家のあとがきに
ホラー書いてる時はちょくちょく怪現象が起きるってよく見る。
うさんくさい実話系じゃなく、創作のホラーの人。
366
前居た会社で聞いた話。
退社理由が「幽霊がいて怖いから」って人がいた。
でももう何十年もその場所に会社あるけど、幽霊を見たのが
そのひと一人だけだったので、会社に幽霊が居るんじゃなくて
その人に幽霊が憑いてるんじゃないかなって思う。
見たこと無い幽霊より、10日泊り込んでる人の鬼気迫る顔のほうが
怖かった。
あと、急ぎのチラシとかパンフとか作る仕事してたことあるんだけど
心霊写真かもしれない写真も時間が無いときは修正ソフトで霊(?)を消して
使ったりした。幽霊より締め切りが怖かった。
あんまり怖い話じゃなくて御免。
367

>幽霊より締め切りが怖かった。

ワロタ。確かに、仕事落としたら、確実にお仕置きが待ってるもんね。

368
当方、建設資材関係だけど土木建築物件の99%は談合してるよ。
あと資材販売会社どうしも、暗黙の了解でこれは他社が仕切っている
商品だから売り込んではいけないっていう商品も多々あるし。
370
>>368
当方、ビルメンテナンス関係の会社だけど、多分100%談合してるよ。
自分、平社員の事務だからよく知らないけど。多分8ク3とも付き合いあると思う。
369
職業じゃないけど、以前働いていた職場の話。
某100均で働いていたんだけどこの店が、やたらと
霊の目撃談が多い。
霊感があるバイトが数人いてつねに居る霊をピックアップしたりしてた。
おっさんと女と子供がいるらしい。
おっさんは普通に立っているだけだが、女と子供は部分的に見えるだけ。
子供は走り回る足。女は隙間からのぞく目、ダンボールから手を出して
いる等。女は明らかに悪意を感じてムカつく!と怒ってた。
たまにお客様に憑いている霊がバイトの子についてきてしまい
見える子同士でなすり付け合いをしたりしてた(笑)
私自身は見える事は無かったが、事務所で夜一人で仕事してると
名前を呼ばれる事はよくあった。もちろん誰も居なかったけど。
職業じゃないんでスレ違いだったらすみません。
375
>>369
あるあるwww居酒屋で働いてるけど客のいないテーブルから
「すいません」とか笑い声が聞こえたりする。
ただ普段から髪を触られたり話しかけられるので自分に憑いてるだけかもしれない。

394
うちの部署の隣の部署に、前部署ですごく嫌われれいるんで有名な人が
移動してきたんだけど、その部署の女子社員たちが、苦笑いしているんで、
聞いたら、前の部署の女子社員から、
「あの人の湯飲みは、便器を吹いた雑巾で拭け」
という電話がかかってきたそうだ。
395
>>394
だれかこの文をわかりやすく書き直してくれないか。
399
>>395
(部署の名前をA,B,Cと変換すると分かりやすいかな?以下A,B,Cは部署を指す)(私の所属しているAの隣の)Bに、Cですごく嫌われていた鈴木が転校してきた。
Bの女子がクスクス笑っているのでなぜかと尋ねてみると、その理由は
Cからかかってきた一本の電話だった。
そのないようは、「鈴木の湯のみは、便器についた茶色い方の汚物を拭き取った雑巾で拭け」
というものだった。

冒頭はあってもなくても差し支えないので括弧でくくらせていただく。ここは読まなくてもおk

403
コンビニでバイトしてビックリ~
ラーメンやスープにお湯を注ぐ為のポットが驚く程汚い!
パカッと開けたら内側に湯垢みたいなのがビラビラくっついて、
細かい湯垢が浮いてきてる。店長に「洗わないんですか」って聞いたら
「洗いたかったら君が洗って^^」だって。
めんどくさいから洗わなかったけど。

420
牛肉のウジとりって誰か聞いてない?
腐りかけの一番うまい時の牛肉を調理するには
欠かせないって聞いた事あるけどほんとかな?
440
>>420
よく、牛肉は腐りかけが旨い!なんて言うけどそりゃ腐り切ってるよ。
以前、肉屋に努めていたが「腐りかけが旨いから」
と古くなった肉(完全に腐った肉)食って入院しちゃったっていう話聞いたし。
437
俺、元自衛官だけど自サツが尋常なぐらい多い。何故この人が?ってパターン。
俺が経験したのは一人で夜勤に就いてて、仮眠してる時によく金縛りにあったんだけど、その時、いつも聞こえるのは地面を何か引きずる音…
不思議に感じてたのである日、年輩の先輩に聞いて見たら、『当たり前じゃん、ここ朝鮮戦争やベトナム戦争の時の氏体置き場だった所だから』って笑ってた。氏体袋を引きずる音らしいとの事…
454
私の妹は精神保健福祉士。
いわゆる精神病院・病棟なんかで働いています。
もともと明るく社交的で、気丈な妹だったのに、働いてから急変。
毎日毎日大量の薬(安定剤・睡眠剤等)を服用し始め、ゴハンを食べなくなり、どんどん痩衰えていく。会話もまったく成立しない。
親と話し合った結果、妹に退職を薦めた。すると、
「職員みんな薬飲んでるよ」
ですって。怖い業界だと思いました。

456
>>454
妹かわいそ
病んだ人を診る人が病んでいくって…。そういや知人の親が精神科医で
白い車に乗っていたんだけど、退院した患者が
車体にめいっぱい恨み言を書き連ねるという嫌がらせをされたって。

691
>>454
私もこの間まで精神関係の相談業務をしてました。
相談が終わった後は、すごくエネルギーを吸い取られたように感じることが
多かったです。また緊張・不安になると動悸が激しくなったりして。
休日は疲れきってほとんどひきこもってました(もともとの性格もあるけど)
ただあなたの妹さんと違って、食欲落ちたり眠れなくなることは一度もなくw
幸いにも薬の力を借りずに済みましたけどね。
701
>>691
僕は現役で相談業務してます。精神関係というより心理関係で
仕事中は平気なんですが、終わった後はもうめっちゃストレス…薬常用してます
僕の場合、ストレスから来る過食と、不眠の反動で来ている過眠がひどくて…
>>454の妹さんとは全く逆
706
>>454
今大学で精神保健福祉士の資格取得の勉強してるが…やっぱりそうなるんだな
俺も数年後はそんな状態になるんだろうか
707
>>706
ごめん!補足して良い?
世間には、患者さんのことを、ひとりの人間と思えてないやつもいる
こういう人たちは、裏で患者さんの悪口とか言ってストレス発散してるし、薬も必要としてない
まぁ、そういう人に限って、「これキツイ仕事」とか連呼するんだけど…もちろん必要以上に感情移入しちゃいけないんだけど、
患者さんのことをまともに思う人ほど心身共に来ているのは確か
そして発散場所がなくて抱え込んでる

>>706がどちらの人種でいたいのかは、できれば今のうちから決めておいて欲しい
僕は正直しんどいけど、後者の側でいる方がいいと思ってそうい続けてるつもり

まぁ、いつまで保つかわからないのだがw

469
ゲーム会社に勤めているので軽いネタを。
製作佳境になったときに備えて仮眠室がある
特定のベッドで寝ると金縛りにあう。とある部署では、たいてい誰かが精神を病んで
休んでいるので、休職当番と呼ばれている

ホラー系のゲームを作った友人に聞いた話。
メッセージのデータが壊れてバグって表示されたのだが
なぜかすべての文字が「呪」と表示された

引用: あなたの職業に関するオカルトな裏話2

引用元:おうまがタイムズ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます