66f6ea4f-s
7,8年前のこと。
俺自身、何をしてもうまいこといかず
悪いことばかりあった。
ストレスなどで痩せていた。
行きつけのBarで飲んでたら知らない女の人がやってきて
「大丈夫?」って言うから
「ぜんぜん大丈夫じゃない!」と答えた。

すると、その女の人が
「そうね。大丈夫じゃないわね。あなた最近悪いことばかり起こってるでしょ?」
と言う。
「俺もわけわかんないんだよ!」とか言ってると
「あなた守護霊が不在よ」と言われた。
意味がわからんかった。
どうやら人間にはどういう形であれ守護霊が存在するらしいのだが、
その守護霊が俺についておらず、何事もうまくいかないようだった。
するとその見知らぬ女が
俺の手を取り、何かを念じ始めた。
そして言った
「私の式神を一時的に守護霊の代わりとして飛ばしました。次の守護霊が来るまで
あなたを守ってくれるでしょう」
そう言って、女は立ち去った。
それ以降、俺の周りでは平和な日々が続いた。

 

あの人は何者だったんだろうか。

引用元:心霊-都市伝説ナビ-

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます