46c06adc-s
もうそろそろ地元では祭りの準備が始まる頃なんだが…
この祭りの準備で1度だけ不可解な体験をしたので書いてみる
5年くらい前の話だ
うちの地元の祭りは青年団が主体となって行われる
祭りの準備の中には花回りというのが含まれているんだ
花回りというのは簡単に言うと寄付金集め
近所の企業さんを回って寄付金を募るんだ
うちの村は過疎化で青年団も人が少なく、その上花回りはやりたがる人が少ない
その日も3人くらいしか集まらなかった
普通は2~3人くらいでまとまって回るんだが、人手が足りず1人ずつ別れて回ることに
自分の担当の場所を順々に回っていてとある工場まできた
「お仕事中すみません。○○青年団です。」
声をかけると社長さんが出て来た
地元の小さい企業さんは地の人がやってる場合が多いからはっぴを着て顔を出すだけで
「はいはい、ちょっと待っててね~」
とすぐお花をくれることが多い
だが、この不景気だ
寄付なんてしてる余裕のない企業さんも勿論ある
この工場もそのようで社長さんは申し訳なさそうな顔をしながら
「毎年お花をしていて、今年もしたいのは山々だが…この不景気で仕事がなくて…」
社長さんはおもむろに工場の中を指して
「な、機械もまったく動いてないだろ…」
と呟いた
中をみると機械は全く動いておらず従業員もいない
悲しくなって暫く世間話などをしてそのままそこを後にした
勿論お花はいただいていない
一通り回って社務所に帰る時間になったので戻ると既に他の2人は帰って着ていた
仲のいい1人(仮にAちゃんとします)に例の工場の話をして、
「なんか悲しくなっちゃったよ~」
と私が言うとAちゃんは首を傾げて言いました
「そこの工場、潰れて今は倉庫になってるよ?去年私が回った時には既に倉庫だった」
えぇぇ~!?
もう、頭の中クエッションマークだらけ
最初はAちゃんが私をからかっているだけだと思ったんだけど
帰りにもう1回寄ってみたら本当に倉庫になってた
私は白昼夢でもみたのだろうか
確かに見たし喋ったんだけどなぁ
思い出すとなんか悲しくなる出来事

引用元:オカルト遅報

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます