eye

710 :本当にあった怖い名無し:2008/07/10(木) 09:46:42 ID:+z00VOTD0
この間「ゴジラVSビオランテ」を見た夜、
自衛隊員になって怪獣と戦う夢を見たなあ。
何故かビルの中にある男子トイレを包囲して、
入り口から中に向けて銃を乱射。
そしたら何故か人間サイズのエレキングが小便しながら出てきて、
俺たちに向かってくるんで「汚ねぇッ!」と俺達が逃げ出す夢。

まぁそれはそれとして。
広島にある大学時代、
アパートで1人暮らしをしていた頃の話・・・
だからもう10年ぐらい前になるのか。

バイトから帰ってきたら、
コタツの上に灰皿とまだ煙の出てる煙草が1本。
「これで美味いものでも食べなさい」
というメモの上には1万円札。
鍵を開けて部屋に入ってたんで、確かに施錠はしてたはず。

スペアキーは親に渡してあったんで、
親父が来たんだと思ったから
「メシ代ありがとう」と携帯に電話したら
「何のことだ」と言われた。
いい歳して照れ隠ししやがってとと苦笑したんだが、
よく考えると親父は長崎に単身赴任してるのだ。

いまどこだって聞いたら、長崎だと言うんで
「どこの長崎だ」と聞き返したら
「アホかお前は」と言われた。ごもっとも。
大体、煙草から煙が出て立って事は、
それほど時間が経過してないってことだ。

その後すぐに大家に連絡入れて事情を説明。
とりあえず近くの交番から警察官を呼んでもらった。

711 :本当にあった怖い名無し:2008/07/10(木) 09:51:07 ID:+z00VOTD0
数時間後に犯人が判明。
隣の部屋に住む人(俺と同じ大学生)の、親父さんだったらしい。
息子を驚かそうとたずねてきたが留守だったようで、
スペアキーを使ってメモとメシ代という
サプライズを置いて帰ったそうなのだ。
俺の部屋と間違えて。

ただおかしいのは、
隣と俺の部屋とでは当然「鍵」が違うはずだ。
しかしその親父さんはスペアキーを使って
確かに鍵を開けて中に入り、
再び鍵をかけて帰ったと言うのだ。
検証のために、そのスペアキーで
俺の部屋を開けるかどうか俺と大家、
となりの人とその親父の立会いでやったんだけど、
当然開くはずも無く。

俺の鍵のかけ忘れ、
親父さんが鍵を閉めたと勘違いした───
という結論に落ち着いたんだが、
俺も親父さんも「??」って感じ。
「家宅侵入」の親父さんは、
とりあえず厳重注意されただけで、
別に逮捕とかは無かった様子。

例の1万円は隣の人に返そうとしたんだけど、
その人から「父が迷惑をかけてしまった御詫びに」
と逆に頭を下げられた。
後日あらためてご両親が謝罪に来たんだけど、
やっぱり親父さんは不思議そうに鍵穴を見てた
(あんまり見てるもんだから奥さんに怒られてた)。
まあ、それがきっかけで隣の人とは友人になれて、
今でも交流がある。

「時空を超えた話」とかを扱ったサイトの話を読んでると、
ひょっとして俺の部屋と隣の部屋の
時空がつながったんじゃないか?
なんて思ったりすることもある

引用元:だいたいオカルトです

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます