d349a5e6
11/12/21
本当についさっきあった話です。

 

私は営業の仕事をしています。集合住宅地、つまりは団地みたいなところで1件1件回って商品を案内しています。

 

もちろんむさくいに回るわけじゃなくて、担当者ごとにエリアが決まっていて、そのエリア内で回るのです。私が担当しているエリアで、某団地のみは営業しなくても良いと言われています。

 

その理由を先輩に聞いたところ、田舎で駅から遠く、周りも田んぼばかりなので人がほとんど住んでおらず、そういう過疎な団地に時間を割くのがもったいないからだそうです。
実際、外回りをしているとその近くを通ることも多く、本当に驚くほど、その団地だけは人がほとんど住んでいません。


駐車場はほとんど空いていますし、カーテンが付いていない部屋も多いです。ざっと見た感じ入居率3割程度でしょうか。


初めて見た時に驚いたのは、入居した時に紙で出来たカーテンが付いているんですが、それをそのまま使っている方が非常に多いことです。


冬になり日が落ちるのも早くなって来たので、夕方でもすでに外は暗く、そのボロボロになった紙のカーテンから住居者の方が何かしているのを時々遠くから見かけることがありました。


さて本題です。今日、一通り営業が終わり事務所に戻る途中のことです。


今日もルート上の問題から、上記の団地を日中通りかかり、ふと、ある棟の1階の郵便受けに目をやると、入居状況はやはりまばらなのですが、全員名字が〇〇と同じでした。。。


大変失礼ながら、ちょっと薄気味悪く感じ、その地域は昼間でも人っ子一人いない所なので、なんとなく嫌な感じがして足早に通り過ぎました。


帰りにその棟の横を歩いていたら、1階の入居者のカーテンから明かりが漏れており、その上の2階も3階も、1階の隣の部屋も同じように明かりが漏れていました。


これはこれでちょっと幻想的かも?なんて馬鹿なことを思い、目を凝らすと1階入居者の方がカーテンのすき間から私のことをジッと見ていました。


ただ…その姿がなんといいますか、だぶだぶの白いTシャツを着たおじいさんなのですが、悪意に満ちた笑みといいますか、目がすわった状態で笑みを私に向けていたので、とても怖くて。。


同時にふと上や横を見やると、2階も3階も、隣の部屋も、みんな一様におじいさんやおばあさんが同じような表情でジッと私を見ているのです。


さすがにこれは偶然じゃないだろうし、何かとてつもなく恐ろしい感じがして、全速力で走って事務所へ戻りました。


まだ残っていた主任に、あまりの私のあわてぶりに何があったんだ?と聞かれ、先ほどのことを話しました。


すると主任が急に無表情というか、ロボットみたいな表示になり、明日から私のエリアを変えると言い出したのです。


理由は教えてもらえませんでしたが、今日のような怖い思いはもうしたくないと純粋に思っていたので、よろしくお願いしますという話だけして、今帰宅しました。。。


あれは一体何だったのでしょうか。。。

引用元:パラノーマルちゃんねる

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます