700ecac3
1

新潟・斑尾高原でクマに襲われ女性重傷=数キロ内にホテル

3日午前10時45分ごろ、新潟県妙高市樽本の山中で、「山菜採りで妻がクマに襲われた」と男性から119番があった。
(略)

新潟県警妙高署と消防によると、女性はクマよけの鈴を持っていた。
(略)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017060300448&g=soc

7

鈴カステラ投げた方が助かりそう…

11

アル中のおじさん曰く熊は匂い敏感だから俺に近寄ってこないって言ってた

12

鈴の音を聞いて逆にクマーが覚悟を決めたのかもしれん

78
>>12
不眠とかでピークだったら人間でも殴りにきそうだ
家のそばとか
13

爆竹とかクラッカー持って歩いてるわ

14

氏んだふりが最強

87
>>14
氏んだふりも有効だとクマ退治名人が言ってたが、本当だろうか
268
>>14
熊と遭遇してこっちからゆっくり近づいていったり立ち尽くしたり椅子やシートに座ったままやり過ごす動画は幾つか見たことあるけど
氏んだふりしてやり過ごした動画は一度も見たことがない
314
>>14
死肉食べるのに氏んだふりすんの?
272
>>14
鈴も氏んだふりも30年前くらいの情報だぞ
398
>>272
一周まわってある意味有効ってのが最近の話
もっとも氏んだフリというよりうつ伏せになって両手で首を隠すように抑えると
顔、頭、首を守ることになって予後が良いって話だった
17
鈴じゃなくて白い貝殻の小さなイヤリング持ってないとダメだろ
そっち持ってたら熊も一緒に歌ってくれるのにな
315
>>17
お嬢さんしか効果無い
18

スプレーとかどうなん?

24
>>18
スプレーは有効らしい
243
>>18
意味無いね
出会って3秒で噴射出来る体制でないと氏ぬぜ
280
>>18
実験したけど風向きがパーフェクトの状態で99%効いてる感じがない
個人的に命を賭ける物ではないと思う
69
>>18
風上を取られたら詰むな
167
>>69
強風でもない限り大丈夫
ほとんど液体だから
47
スプレーなんてただの気休めだって
あんな巨体が車よりも速く突進してくるところを想像してみろ
噴射出来ると思うか?
163
>>47
出来ないな。
ただ、熊に襲われて助かった人(海外も含む)の多くが
「最後の手段が熊撃退スプレー。拳銃は一発じゃ氏なないし、当たらない」
って言ってる。
ちなみに自分も氏ぬほど苦しいらしい。
あ、アレだぞ。対人用みたいに相手に向けて吹きかける自衛用催涙スプレーじゃないぞ。
あんなん人間にだって慣れたら効かない。
俺が言ってるのは海外の『熊撃退専用スプレー』で、
使い方は「手榴弾で自爆するみたいに安全ピン抜くと一気に辺り一帯催涙ガスまみれ、使った本人が呼吸困難で氏にそうになる」ってヤツ。
いや日本で販売されているかどうか、輸入できるかどうかは知らん。
170
>>163
自分も苦しいのかよw
熊の方が先に復活したらアウトだなw
20

信じられれるのは自分の肉体のみ

58
>>20
肉球のみに見えた
27

鈴持っててもダメ

常に鳴らしてないと
その違い

32

(・(ェ)・)「餌の音が聞こえる!」

142
>>32
実際これ。
最近は猟師が減って熊が人を怖がらなくなった。
34
そりゃ自分のテリトリーに踏み入れられて食糧横取りされたら鈴どころじゃない
鈴効果はあくまでハイキングで登山道歩く時だよ
39
人が一度でも餌あげると人間を怖がらなくなるらしいからな
無法猿とかも無責任な観光客が悪い
42
富山のどっか普通の田舎町だったけど小学生が全員ランドセルに鈴下げてて驚いた
大きなホームセンターとかあるくらいの規模の街
241
>>42
富山はけっこう熊が降りてくるって、富山出身の彼女が言ってた。
49
蚊取り線香も有効
火の匂いで逃げてくれる
207
>>49
熊は火を恐れない
全く
59

猛獣の唸り声を録音した音をラジカセで流せば大丈夫なはず

71
>>59
金田朋子のラジオでいいですか?
432
>>71
トキの歌とか聞かせてどんな反応するか知りたいww
66
最近テレビか何かの動画で見たのは、人間が声を張り上げていたな
ラジオじゃだめなんかな
79

ある日森の中熊さんに出会った

タラッタラッタッターのーたー
↑これ何よ

84
>>79
スタコラサッサっさのさ
逃げてるちなみに原曲では木に追い詰められ一番下の近い枝まで何メートルとかわりと無理ゲーまで追い込まれる
88
>>84
そうなのか
ありがとう
89
>>79
それより問題なのは「お嬢さんお逃げなさいw」だろ
サイコパスだぞ
93
>>89
92
くまも進化しててな
工事現場にもくるんだ
347
>>92
へー自分で稼ぐことを覚えたんだ
98

ハチミツっぽい何かを壺に入れて置いておけば引っかかる

103
子供が持ってる防犯ブザー
あれを出会ったら鳴らすとびびるぞ
123
>>103
マジで熊鈴よりいいと思う最近は「熊鈴やラジオってむしろ逆効果じゃね?特に一度人を襲った熊がいる場合」
って北海道の専門家も言ってる「熊に人がいることを知らせる」んじゃなく、出会ったら音で驚かす方が
効果ありそうだよな

104
きちんと装備してたのかな?
持っているだけじゃ効果無いよね
108
>>104
ドラクエじゃないからw
110

遭ったらどうすりゃいいんだ

121
>>110
クマの方を見たまま静かに後退りが基本だよ
もし襲ってきたときは覚悟を決めて反撃しないところされる可能性が高い
124
>>110
挨拶しろよ
常識だろ
391
>>124
冗談っぽいけど有効かも知れん気がしてきたけどやっぱりないわ~
115
熊も相手を見る
めったに若い人は襲わない
ジジババや子供をひとりにしないこと
…ただし子連れの母熊は除く
125
知り合いのマタギから聞いたんだが、
鈴を持っている人を食ったことが有る熊は鈴の音を追うんだそうだ。学習能力が高いので鈴の効果なんて無いってさ。
136
猟師に文字通りジェノサイドされてた頃は人間ってのは恐怖そのものだったからな。
今は猟師に狩られた事がないオラついた若い熊が沢山いるから調子こいて人間を襲う。人間は丸腰単体じゃ大したことないのがバレたら、音鳴らしてたら逆に寄ってくるわな。
141
熊は襲うのには慣れてるけど襲われることにはまったく慣れてない
なので出会ったら逃げるのではなく逆に「オラァァァァ!」て叫びながら向かっていくといい
これで間違いなくワンパンでころされる
214
>>141
ころされるのかよw
155
>>141
1分50秒の当たり
「オラアアアアアア!」気合が足りなければ即死だった。

254
>>155
初見

いきなり噛みつかれたて書いてる
月ノ輪大人しいんじゃないんかよ
327
>>155
こらはブラフチャージ
威嚇行為だよ
この時背中見せたらこの人は氏んでた
175

クマって走るし木登るし追われたらもう終わりだぞ

176
最近熊やら猪が急激に人里降りてくるようになったしいけど原因はなんだ?
山林の宅地開発なんて今はもうそんなやってないだろうから住む場所がないって事もないだろうし
猟師がいなくなって野性動物が人間を怖がらなくなったのかな
186
>>176
馬鹿が出掛けてゴミ捨てしたのを漁って味をしめる
当然ヒトの匂いも覚えて美味しいものとヒトの因果関係を覚えた
324
>>176
もともと人里と山の間には里山と呼ばれる山菜採りや薪拾いをする為の緩衝地帯があった
里山には犬が放し飼いにされたりして山から獣が入ってくるのを追い払っていた
人が山にあまり入らなくなったことで里山が消失して人里と山が直接領域を接するようになった
189

この間、近所のおっちゃんが、熊から軽トラ壊された。

210

ある程度熊と見つめ合ってふと目線を逸らすとその間に逃げ出すと聞いたが・・・

218
>>210
恋が芽生えたら困る(>.<)
239

鈴なんて全く意味ないから

臭いのする食い物を持ち歩かない
熊の視界に入らない。

もし入ったら↓
入っても素早いうごきをしない。
熊と絶対に視線を合わせない。
熊の方に体を向けない。
ゆっくりもの音たてずに遠ざかる。

熊が追いかけてきたら
荷物を熊の方に捨てる。
食い物があれば臭いだすように熊の方に捨てる。

323
熊もだんだん学習するから気をつけろ
人間が危なくないと思ってたら逆効果
334
若い熊は鈴の音に興味を持って来るからな。
それでも鈴は持ち歩くけど。
350
1からずっと読んでたけど一体何が有効なんだよ
熊用の催涙スプレーを用意して熊がびっくりするくらいでかい音出すもん持ってれば勝てるか?
353
>>350
猟銃
354
>>350
ラフレシア持参とかどうかな?
355
>>350
人の味覚えた熊に出会ったら諦めろ
ってヒグマの飼育員の人が言ってた
385
>>350
傘をいきなりばって開くのを繰り返すのがいいらしいけど
実際は完全に運だなこいつら火も怖がらないし
363
食べ物入ってるリュックを投げて逃げろ
レジャーシートなんかを広げて自分を大きく見せて威嚇するのも効果的
413
昔っから、熊が人を恐れなくなったら狼と同じように絶滅させなければいけない、って
山に入る仕事してる人たちは言い続けてるけどな
北アルプスや南アルプスの高所テント場は熊の食料庫になるよ
440
奥多摩で大型バイクぐらいの熊と遭遇したけどマジでビビった。
よく熊と目を合わせながら後退するとか聞くけどいきなり目の前に現れたらそんな余裕なかったな。

 

引用元:おうまがタイムズ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます