eye

769 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/08(水) 22:21:55 ID:pQC4fVE80 [1/1回(PC)]

子供の頃から、しょっちゅう同じ夢を見てうなされていた。
ドライブ中に道に迷う夢。
いつの間にか、車一台がぎりぎり通れる位の狭い道を走っている、しかも断崖絶壁
一歩間違えたら崖下の海に転落する。

ある日、彼氏と二人でドライブに出かけたときに道に迷ってしまった。
気が付くと、何度も夢に見たあの風景が広がっている。

夢と違ったのは、ガードレールがあることくらい。

対向車が来たら、絶対すれ違えない。しかも、携帯は圏外。
正直、生きた心地もしなかった。
無事にその道を通り抜けたとき、心からホッとしたのを覚えている。

それ以来、その夢を見ることはなくなった。
ちなみに、そこは房総半島の「おせんころがし」と言われている場所。
なぜ、その夢を見続けたんだろう?

引用元:オカルト遅報

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます