d4b6b48a-s
2010年12月。仕事の関係で、都内から埼玉県へ引っ越した頃のお話です。
ちょっと時期を遡って、息子の紹介をしておきます。
引っ越し当時三歳だった息子にはちょっと変わった所がありまして、二歳頃の、ある程度言葉が話せるようになったころから、神様が見えるとか、お空でみんなで遊んでいたら、引っ張られてママの中に入ったとか、不思議な事を言っていた。
そんなだったからか、誰もいないところや、買い物途中に突然手を合わせたりしていた。
その他にも、一人で遊ばせていると、壁や、天井に向かって、あたかも誰かと話すようにしていたりもした。
どうしたのか聞くと、神様がいたと言う。
なかでも、お空で遊んでいたことは、パパ達に言ったら怒られちゃうらしく、「言わないで」と言われたり。

 

さて、話を戻しますが、引っ越しということで5、6件の賃貸物件を見て回った。もちろん息子を連れて。
最後に見に行った物件で息子が初めて「ここ好き!」と言ってきた。
どうして?と聞くと、神様が笑っているからだと言う。
物件もきれいだったし、公園が目の前ということもあり、その物件に決まった。
2011年。
年があけて、なんのことは無い、平穏な日々が続いた。
時おり神様の様子を聞くと、「笑ってる」とか「にこにこしてる」と言って、息子も楽しそうだった。
もちろん、時おり一人で誰かと話をしたりしていた。
3月に入り、最初の日曜に、なんか、いつもの息子とは様子が違うことに気がづいた。
気持ち、元気が無い様子。
なにより、そういえば土曜からいつもの独り言や手合わせが全く無くなっていた。
ちょっと気になったので、神様元気?と聞いてみた。 すると、
「神様お出掛けした」
と言う。どっちに行ったの?と聞くと、
「あっち」
と、北北東を指差した。いつ戻ってくるの? と聞くと
「もう来ない」
と。
どうしたんだろうね?なんて軽く聞いたら、
「大変で、神様いっぱいそこに行った」
と息子。
その時は、全然わからなかったんだけど、その5日後、あの大災害が東北関東を襲ったわけでして。
今、息子に当時の記憶は殆ど残っていない為、事の真偽はもはやよくわからないけど、不思議だったので、明日を控えての今日、投下しました。

引用元:オカルト遅報

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます