02d4128e-s
ネトゲで知り合った主婦なんだが
どうやら俺の事をお気に入りらしい

 

まあ別に気にせず適当にあしらってたんだが、ある日俺が引っ越す事になった。
業者のトラックが渋滞に巻き込まて搬入が済んだのがけっこう遅くなって、とりあえず布団だけ出して地べたに引いて寝たんだ。

 

夜中に何かの気配を感じて起きたんだけど、誰も居ない。ベランダに出てタバコをふかして、なんか疲れてんのかなーと思いながらそのまま寝たんだ。

 

翌日仕事から帰ってきて引越しの荷物を片づけてると携帯のメッセンジャーがその主婦からメッセンジャーを受け取っていた。

 

「昨日の夜に新しい家に行く夢を見たよ」

 

俺もあしらい方になれてたから「ハイハイ」ってな感じだったけど
なぜかカーテンのない二階の部屋に居て、高い植え込みの上の部屋を覗くと俺がベランダでタバコを吸っていたそうだ。

 

何の情報も与えていなかったが
俺の部屋は二階であって、その日だけカーテンすらかけずに寝て、俺部屋の下だけ高い植え込みがあるんだよ。そしてタバコを吸っていたのもベランダだ。

 

怖くなったので信じてるわけじゃないけど、次の日はお祓いに行ったが
「女が憑いてるね ただこれは死んでるわけじゃないね」

 

たいして怖くないかもしれないけど、その主婦は俺以外のお気に入りの男の部屋に生霊を飛ばしまくってる。その度に俺はあの日背筋が凍った話を思い出す。

引用元:心霊-都市伝説ナビ-

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます