eye

地元で最近噂になっている話です。
ほとんどフェイクなしなので、分かる人には分かるかも。

私の地元には大正時代からある古い橋があります
現在は鉄橋となっていますが、特徴的な色形をしており、街の中心部に位置することから、地元のシンボル、かつ生活に欠かせない橋として愛されています。

とは言っても古い橋ですから、数年に一度補修や塗り替えの作業が必要です。
今年も先日から市に委託された業者が橋の周囲に足場を組み、塗り替えを行っていました。
ですが、ある時からその作業がぱったりと止み、途中のまま足場も撤去され工事は無期延期となってしまいました。

交通量の多い橋ですから、作業は夜間を中心に行われていました。
しかしその作業中、毎夜毎夜必ず”出る”んだそうです。

ある時は老人と孫らしき影が手を繋いで歩いていたとか、ある時は若い女性に声をかけられたとか。

とにかくそれが頻繁に起こるので、業者が怖がって工事が中止になってしまいました。

この話を聞いて地元民が真っ先に思い当たるのが、数年前にこの橋から飛び降り自殺をした女子高生の話です。

受験に失敗して心を病み、ある平日の朝に橋の欄干を越えて飛び降りたのです。
また更に数年前には上流での焼身自殺や同様に飛び降りなど、実は血生臭い話も多い橋なのです。

半分だけきれいに赤く塗られた橋が、今後すべて修繕されることはあるのか・・・。
気になるところです。

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます