shutterstock_135191627
これは父親から聞いた、自分が子供の頃に体験した話。
自分が3歳の時、40度以上の高熱を出したらしい。
その時、深夜11時50分頃。
熱にうなされて布団に寝てた俺が突然飛び起き、エアコンの方向を指さして、
「そこになんまいしゃんがいる」と言いだしたらしい。
ちなみに『なんまいしゃん』とは、子供の頃に自分が言ってた幼児言葉で、
ナンマイダ→ナンマイさん→なんまいしゃん。で、仏様を表してたみたい。
両親は「どこに居るんだ?」とその方向を見るが、何も見えない。
しかし自分はずっと、「なんまいしゃん、なんまいしゃん、なんまいしゃん」と、手を合わせて拝んでたらしい。
それが収まって10分ぐらいした頃、突然電話が鳴る。
こんな時間に何だと取ってみると、父親の姉から『息子が釣りに行って帰ってこない』と言う。
この時ばかりは両親はゾッとしたそうな。
すぐさま親父や親戚一同が海に行き、海上保安庁やら消防団と共に探したが、 いとこは見つからなかった。
結局3ヶ月後、自分のいる長崎から遙か離れた四国の方に遺体が揚がり、ポケットに入ってた免許証から身元が割れたらしい。
どうも海流の流れに乗ってそこまでいったそうだ。
余談だが、どうももうすぐ死ぬ人には、魚は釣れないらしいね。
いとこと共に釣りをしていた人は沢山釣れたが、いとこはちっとも釣れなかったらしい。
結局その人は先に帰り、魚の釣れないいとこがそのまま残って、そんな悲劇になったのだが・・・

引用元:怖い話ラボ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます