eye

知り合いに社内いじめを受けている人がいます。

彼はアスペルガー症候群で、自閉症らしく人には真似が難しい能力があるものの、集団にはうまく馴染めず、とても臆病なのと言語コミュニケーション能力の障害と、強い義務感から自己主張がほとんど出来ません。
意地の悪い輩は彼のそういう弱点に付け込んで意地悪したり孤立させたり陰で色々やってます。

でも不思議な事に、そうやって彼を深く傷つける人には徐々に不幸が訪れています。

例えばいじめの中心人物だったババアは何故か不自然に開いた道路の穴に自転車ごと落ちて顔面を強打して一部顔面麻痺し、意識にも少し障害が遺りました。

彼を裏切って家族ぐるみで傷つけた友人は破産して、しかも最近ひき逃げをして人生破滅しました。

今度は友人の家族が崩壊する番ですね。
自閉症のように裏表を持てない障害を持った人は多くが非常に純粋なので怨む時は前身全霊心から怨むので障害者をないがしろにしてはなりませんね。

彼は相手が大きな謝罪と賠償をするか死ぬまで怨み続ける。
例え相手が死んでもその魂を地獄へ引きずり込んで最大の苦痛を与えられるだけ与えてやると言って
います。

そこまで人を怒らせるような事をする事自体大きな罪なのでただ単に仏罰が当たっているだけかもしれないですが真相はいかに・・・。

引用元:鵺速 あなたの傍の怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます