images (1)

私の母は高圧的な性格で、その上自己中。

突然何かに切れだすと、相手を屈伏させるような物言いで怒鳴り、

感情をそのまま相手にぶつける、子供にしてみたら迷惑なモラハラ人でした。

特に口喧嘩をすると、ホントに母が憎くなるようなことをワメき、

わざと相手がいやがるようなことを近所に聞こえるくらいの声で騒ぎます。

私はそれがいやでいやでたまりませんでした。

私その日、いつも以上に無性に腹がたち、母が死ねばいいのにと思いました。

そこで私は、咄嗟に自分の履いていたサンダルを母に投げつけて

「おまえなんか死ねばいいのに!!」と怒鳴って家から飛び出しました。

翌日、母が交通事故にあいました。

スクーターに乗っていた母に突然車がぶつかってきて、母は眉間を強打しました。

あと少しずれていたら即死だったそうです。

母は入院先の病院で友人に娘にこんなことを言われたと泣いていましたみ

私は小さな頃から何かが見えたりするオカルト少女だったので、

母の友人は口々に『かをるちゃんはいろんなものが見えたりわかったりしちゃうことが多いんだから、

人を憎んだりしたらだめだよ』と囲まれて諭されました。

私はたまたま偶然だと思っていたし、たとえそうだとしても、散々娘を小さな頃から傷つけておいて、

娘に呪われて怪我をしたなんて、母をいい気味だと思っていました。

しかし反面、もしあふれるばかりの憎しみを押さえきれずに念じただけで誰かが不幸になったりしたら、

それこそ怖いことだと思い、自分の感情などについて反省もしたのですが……。

それからしばらくして、中学の体育の時間に私は平均台から落ちて、腕を脱臼しました。

体育の顧問が慌てて私を車に乗せて、病院で手当てをしてくれました。

その日の体育は急遽、自習になってしまったのでした。

そして次の体育は雨だったので保健体育の授業になり、教室での教科書読みの授業が始まりました。

授業の最中にちょっと目立つ女の子が

「あ~あ、体育やりたかったのに。先週もだれかさんのせいでできなかった~」

と大きな声で独り言のように話し始めました。

体育の顧問が

「怪我をしちゃった子にそういうことをいうのは止めなさい」

と制してくれましたが、

「あ~あ。だいたい平均台から落ちるとか超バカかっつうの。

授業つまんね~。マジであのバカ女のせいだかんねホント脱臼とかって迷惑」

と顧問の言葉を無視して、当てつけがましく大きな声でわざとらしく言うのです。

私はそいつにムカムカしました。

わざと怪我したくてしたわけじゃないのに。

みんなが自習になっちゃったのは申し訳ないけど、そんな風に人を傷つけるなんて………

あいつも同じ目にア エ バ イ イ の に !!!

強く憎しみを込めながら願った記憶はあります。

翌日、その子の腕には包帯が巻かれていました。

その日の放課後の部活で平均台から落ちて、脱臼したそうです。

私を見て、苦々しそうな顔で視線を外しました。

きっと他の子に「平均台で脱臼とかって自分も脱臼してんじゃん」とかからかわれたのでしょう。

あの頃はとにかくいろんな体験をしたので、思春期の特有のことなんでしょうかね

引用元:本当にあった怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます