b3872fd4-s
734 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/25(水) 23:10:39.79 ID:r+sCEqPLO [1/6回(携帯)]
幼少の頃、母の病気で、祖父母の家に預けられていたことがある。

 

祖父は田舎の神社の神主で、神社の敷地内に住んでいた。

 

俺は遊び相手がいなくて退屈だったが、広い境内を遊び場にして、毎日を過ごしていた。

 

ある日、いつものように階段を上ると、猫の鳴き声がする。

735 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/25(水) 23:13:21.27 ID:r+sCEqPLO [2/6回(携帯)]
動物好きな俺はワクテカしながら声の方に近づいたが、姿が見えない。 というかその声はどうも足元から聞こえるような気がした
俺は大変だとばかりに、鳥居の真下の地面を手で掘った。
736 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/25(水) 23:16:32.13 ID:r+sCEqPLO [3/6回(携帯)]
しばらく掘り進むと、みかん箱くらいある大きい木箱の上部が見えた。赤茶けて汚い箱で、和紙が貼り付けてある。
紙には「いろは…」云々と書いてあったと思う。(今思うといろは歌?)
その紙を破り取ってフタを開けようと手を伸ばした瞬間、「何してる!?」じいちゃんの鋭い声ががした。
見上げると、いつの間にか登ってきていたじいちゃんが俺を見下ろしていた。
737 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/25(水) 23:20:41.63 ID:r+sCEqPLO [4/6回(携帯)]
じいちゃんは俺に下に行くように鋭く命じた。初めて見るじいちゃんの怖い顔だった。
じいちゃんが俺を連れて行こうとした瞬間、子猫のようにか細い鳴き声だったそれが、フギャ~というような絶叫に変わった。
俺は半泣きになりながらじいちゃんに神殿に連れて行かれ、祝詞をあげてもらった。
738 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/25(水) 23:30:46.95 ID:r+sCEqPLO [5/6回(携帯)]
俺は半泣きになりながら、じいちゃんに祝詞をあげてもらった。
じいちゃんはあの箱を掘り起こしたらしかったが、俺には「あの箱は悪い人が埋めたものだから、ああいうものには触ってはいかん。」としか教えてくれなかった。

739 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/25(水) 23:35:01.71 ID:r+sCEqPLO [6/6回(携帯)]
おれはそれ以来、祠には近づかなかったが、それからは何事もなくしばらくして自宅に帰った。
この出来事は毎晩夢に見るほど強烈なものだったが、じいちゃんはその数年後亡くなってしまったので、詳しい話は聞けずじまいだった。
740 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/25(水) 23:49:44.33 ID:M6DV1Xok0 [2/2回(PC)]
鳥居の真下っていうのが曰くありげで怖いな
人柱的なモノなのか犬神的なモノなのか色々想像が尽きない
741 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/01/26(木) 02:19:05.02 ID:o31gpPyH0 [1/3回(PC)]
誰かが「猫鬼」でも作ろうとしてたんじゃないか?
作り方はいくつかあるけど、有名なのは犬神と同じ作り方
(虫(昆虫・蛇・蜘蛛等)の場合は、蟲毒と呼ばれる)
猫鬼は、呪殺の力も強くて、金運も引き寄せるんだと

引用元:オカルト遅報

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます