ほんとうにあった歯医者の目も当てられない悲惨な事故

禁忌 Webで流行った怖い話【怪談】

da3010a6

怖いといえるかどうかわかりませんが実話をどうぞ。

私は勤務歯科医師をしておりますが、非常勤の同僚が自分の職場であった悲惨な事故のことを話してくれました。

大学を出たての、若い新米ドクターがタービンで下顎の第一大臼歯の舌側を削っていたら、手元が狂ってタービンが滑脱した。

バーは、下顎の内側から皮膚を突き破って外に飛び出したそうです。

しかも、そのドクターはパニックになってフットペダルを押したままだったので、顎を突き破ったタービンは回転し続け、周囲の皮膚を巻き込んでしまい、下顎から首にかけてずたずたに裂けたそうです。

傷が派手だった割には、その被害者は唾液腺をやられただけで不幸中の幸いでした。

顎動脈をやられてたら、死亡事故になっていたかもしれません。

しかし、もちろん訴訟されたため、1000万近く払って和解したとのことです。

その新米ドクターは、事故後に歯医者をやめたらしいです。

私の同僚は、隣のユニットにいてその一部始終を目撃したと言っていました。

人が起こす事故は、ほんとうに怖いし凄惨な話ばかりだなと、同じ歯科医として改めて考えさせられました。

引用元:怖い都市伝説まとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます