wa1
無名に近い芸能人がTVにて語っていた怖い話
そいつの実家の近くに、子供の頃から絶対に登ってはいけないと言われていた山があった。
高校時代のある日、そいつは仲間数人と連れ立って、学校をサボって昼間からその山に登ることになる。
うっそうと茂った林の中を細い山道をつたって山頂を目指していると、
山頂の方からお神輿を担いでいるような声が聞こえてきた。
「わっしょい、わっしょい、わっしょい・・・・・」
なんで平日の昼間っから山の中で祭りをやっているのか、不審に思ったそうだが、一行はとりあえず登りつづけることにした。
かけ声が段々大きく聞こえてくることから、どうやら、その神輿の一団は山道を下ってきているということがわかった。
が、彼らはここでおかしな事に気がつく。
まず声が近づくに連れ、足音も聞こえてきたのだが、その数が半端じゃないほど多い。
半端じゃないほど多いはずなのに、人の気配が全くしない。
おまけに「わっしょい」かと思っていた掛け声も、はっきり聞こえないがどうやら違うようだ。
彼らはやばいということに気がついたが、足がすくんで動けなくなってしまった。
そうこうしているうちに、神輿の一団が登山道のカーブを曲がり、いよいよ自分達の視界に入る位置にきた。
彼らは見聞きしてはいけないと思い、目をつぶり両手で耳をふさぎ、その場でしゃがみこんでしまった。
神輿の一団はしゃがみこんだ彼らの頭上を通り抜けて行ったそうだ。
耳をふさいでいたにも関わらず、よく聞き取れなかった掛け声もはっきり理解できた。
掛け声は『わっしょい!わっしょい!』ではなく・・・・・・・
「帰れ!帰れ!帰れ!帰れ!帰れ!帰れ!帰れ!・・・・」

引用元:オカ学

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます