7166928a
06/02/05
小学生の時の恐かった体験。

 

当時私は小学四年生でマンションに住んでいました。その年の夏休みの話です。

 

マンションが改築されている最中だったので、遠回りだけどマンションに面した広場を抜けて帰ろうとすると、母がマンション住人達に声を掛けられて井戸端会議になってしまいました。

 

話が終わるのを待っていると、広場で友達のKちゃんに遊ぼうと声を掛けられたので、広場でマンションの子供たち数人と追い掛けっこをしました。
途中拳大の灰色のコンクリのかけらを広場で何個か見付けました。30cm四方の赤や緑や黄色のコンクリがはめ込まれた広場なので、灰色のコンクリがあるのはおかしいのです。


誰かが持ち込んだのかなと思ったら、後ろから「わあっ!」とKちゃんの大きな声がした。


どうしたのって聞いたら「空からコンクリが落ちてきた」と言います。Kちゃんの手の中には5cmぐらいの石がありました。


遊び疲れた私は雑談中の母より先に家に帰ろうと、Kちゃんにさよならを言い広場を後にしようと離れた時、遠くで母が「危ない!」と叫びました。


何のことかと振り返った瞬間、私の10cm手前に長方形のコンクリブロックがガシャン!と音を立てて落ちた。


空からコンクリが落ちてきた!とっさにマンションを見上げました。Kちゃんが「誰かいる!」と指を差した方向を見ると、マンション最上階に人影が。


追い掛けっこした皆で階段を駆け上がり、最上階まで登るとそこには改装工事で使われたと思われるコンクリの欠片と、小さな男の子が2人。


「何してるの?」


Kちゃんが聞きました。その2人の男の子の一人はKちゃんの弟だったのです。


「石を投げてた」


と悪びれもせず話す弟に対し、Kちゃんは


「危ないから一緒に帰ろ?」


と言うので、皆で階段を降りました。


降りると母が大丈夫だったか?と私の頭をなでます。マンションの9階からコンクリが落ちて私の頭に当たっていたら、私はきっと死んでいたと思います。


それを考えるとゾッとするのですが、今思うと弟はKちゃんを狙って投げていた気がします。

引用元:パラノーマルちゃんねる

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます