jioouu

夕食時になって、部屋に年取った旅館の
女将が入ってきて、なんでも食材の魚が
トラブルで届かなかった、とかで
肉料理が多めに出る、と告げていった。同時に、A子の携帯が鳴って、何か用事ができたらしく、
着替えると部屋を出て行った。

俺の携帯は電波が届かないのに・・・まぁいいや。

663: 本当にあった怖い名無し 2008/02/08(金) 16:43:54 ID:l6DPtoTB0

(2/3)

俺はテレビを見ていたが、
A子との事を考えるとニヤついてきて、
テレビなんかうわのそらだ。

やがて一時間ほど経過しただろうか?
A子の帰りが遅いので部屋を出て
ちょっと様子を見てみようと思った。

すると女将が廊下で突っ立っている。

そして俺の顔を見るなり
「お客さま、申し訳ありませんが、
お料理今度はお鍋に変更になってしまいまして・・」

「それは構いませんけど、私の連れ、
見かけませんでした?」

「さぁ、見かけませんでしたけど・・?」

女将はニッコリと応える。「そうですか・・・」

女将はそのまま戻ろうとしたその瞬間。

今まで気が付かなかったが、女将の右手に
包丁のようなものがちらりと見えた。

(え?なんで包丁持ち歩いてんの・・?)

 

664: 本当にあった怖い名無し 2008/02/08(金) 16:45:50 ID:l6DPtoTB0
(3/3)
それだけじゃない。
板張りの廊下に、なにかシミのようなものが付いている・・・。(・・・血・・・?)
俺は瞬間、とてつもない恐怖心に襲われ、どうしても逃げたくなり、
急いで着替えて荷物を持って旅館から飛び出した。

車が無い・・。A子が乗って行ってしまったのだろうか・・?
俺が旅館を飛び出したのに気が付いたのか、
女将の呼ぶ声が聞こえた。「お客様!お客様!」

これはマズイ!俺はダッシュで旅館を離れた。
しばらくがむしゃらに走り、
全く車の気配の無いが、大通りまで出る事ができた・・・。
「○○っ、どうしたの?」 突然、俺の名を呼んだのはA子だった。
見ればそこにコンビニがあった。

「あたしコンビニでずっと立ち読みしてたんだけど、
一体どうしたのよ~」 目を丸くして驚いているA子に
ここから逃げ出そうと告げ、停めてあった車に飛び乗った。
A子はわけわかんない、といった感じだ。

「事情は後で説明するよ・・とにかく、ここを離れるんだ!」

「何があったの?もう・・・お鍋楽しみにしてたのに・・・」

「あ、あれ?おまえなんでそれ知ってんの・・・?」

 

908: 本当にあった怖い名無し 2008/02/13(水) 14:59:56 ID:PIuO+Pc3O
>>662
気になるんだが…
彼女も女将とグルってこと?

 

909: 本当にあった怖い名無し 2008/02/13(水) 15:14:05 ID:yACcwifiO
>>908
そうじゃないの
どうして知ってるのかの理由づけなら
彼女が廊下で女将にあって聞いたぐらいかな怖く解釈すると
魚は風呂場でとれなかったから
お座敷でとれたお肉にしたと

 

910: 本当にあった怖い名無し 2008/02/13(水) 16:57:00 ID:zdqIj/93O
>>909
カチャ…ていってるから引き戸ではないんじゃね?
てかこれって
ttp://jiwakowa.web.fc2.com/part01/part01_001a.html
ttp://jiwakowa.web.fc2.com/part01/part01_001a.html
上みたいなタイプの話だよな
本人は作中で勝手に自己完結するけど実は別の事実があったってやつ
親父は窓を開けてたって言ってるからやっぱ侵入者とかって感じかな

 

917: 本当にあった怖い名無し 2008/02/13(水) 20:20:16 ID:GUnf9GfI0
>>909
解説トンw
侵入者系なのか彼女と女将が怪しいのは分かるけど床のシミはなんだったんだろう・・・

 

918: 本当にあった怖い名無し 2008/02/13(水) 20:33:57 ID:fLp9+UPK0
>>917
過去に主人公よろしく連れ込まれた奴がいんじゃない

 

912: 本当にあった怖い名無し 2008/02/13(水) 18:35:10 ID:uaHR4Mk3O
>>908
彼女が肉になるんじゃない?違うか。

 

915: 本当にあった怖い名無し 2008/02/13(水) 20:09:52 ID:3Q4SvGDqO
>>908
主人公は彼女が女将に狙われてると思って助けに行ったけど、そうじゃなくて実は主人公が狙われてたのでは?
外に出なかったら女将が部屋に乗り込んできて殺されてたんだと思う

引用元:オカルト速報

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます